いまの人たちはクルマに何年乗る? 自工会の「乗用車市場動向調査」徹底分析

いまの人たちはクルマに何年乗る? ハイブリッドへの乗り換え率は?? 自工会の「乗用車市場動向調査」徹底分析

 日本自動車工業会(自工会・JAMA)が1963年度から継続的に実施している「乗用車市場動向調査」。その2021年度の結果が4月20日に発表された。

 平均保有年数や次に購入予定のパワートレーン、負担に感じる維持費…などなど、クルマユーザーの「今」がわかるこの調査、今回の結果の主だったところを渡辺陽一郎氏が分析!!

※本稿は2022年5月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年6月10日号

【画像ギャラリー】まだまだ浸透途上のサブスク&EV!! ほか ギャラリーでクルマユーザーの「今」を時短チェック!!!(6枚)画像ギャラリー

■延びていく保有期間と使用年数

 乗用車ユーザーの動向調査で最も注目されるのは、前保有車の保有期間(表1)だ。

 新車が2021年の1.7倍売られていた1990年は、クルマを買ったら5年以下で乗り換えるユーザーが多かった。

表1)前保有車の保有期間

 それが2021年は5年以下が30%に減り、5〜10年の保有は46%に達する。10年を超えるユーザーも24%(新車で買った場合は31%)と多い。平均すれば7.1年だ。

 ちなみに乗用車の平均使用年数(生産から廃車までの期間)は、1990年は9年少々だったが、2021年は14年近くまで延びた。1台のクルマを長く使うユーザーが増えている。

 クルマの価格は、安全装備や運転支援機能の充実で、15年前の1.2〜1.4倍に高まった。それなのに平均所得は1990年代の後半よりも少ない。クルマを購入しにくい条件が重なり、保有期間と使用年数が延びているのだ。

前保有車どころか現保有車が23歳を迎える本企画担当。こういったデータを集める際には、少し申し訳ない気持ちになる

■ボディサイズを変えずにハイブリッドへ乗り換え

 今後、買い替え予定の車種のボディサイズを尋ねると(表2)「今のクルマと同じ」が67%に達した。

 その一方で「今のクルマよりも小さい」も20%で、以前よりも増えている。サイズアップを望むユーザーは13%に留まる。

表2)買い替え予定車の車体サイズ

 小さなクルマに乗り換える傾向は、安全装備の充実で価格が高まった約10年前から顕著になり、今では新車販売される小型/普通乗用車の40%をコンパクトカーが占める。

 最近はダウンサイジングが収まる傾向にあるが、それでも20%は小さな車種への乗り換えを希望している。

 買い替え予定の車種が搭載するパワーユニット(表3)は、ガソリンエンジンが48%と、比率的には依然として一番高い。

 それでも2015年の63%を大きく下まわり、ハイブリッドは2015年の31%から37%に増えた。

表3)買い替え予定車のエンジン(動力)タイプ

 また電気自動車は2019年は3%だったが、2021年は9%に急増してディーゼルの3%を上まわる。

 電気自動車は増えたのに、プラグインハイブリッドは2%で以前と同等だ。電気自動車は少数派ながら話題性が高く、新型車も増え始めて人気も上昇しているのだ。

■クルマの税金に負担を感じるユーザーも多い

図表4)現保有車の購入方法……「リース」「サブスク」。最近頻繁に耳にする言葉だが、今回の調査で実際の利用者は、全体からするとさほど多くないことがわかった

 クルマの購入方法(図表4)は、現金一括が56%を占める。特に60歳以上は、現金購入が70%を超えた。

 次に多いのは従来型ローンで21%、残価設定ローン(残価据え置き型の一括払いを含む)も20%だ。サブスクリプションを含むカーリースは4%と低い。

 サブスクリプションは、今はトヨタの「KINTO」が力を入れるが、他社はサービスを開始した直後だ。

 今後の動きが注目されるが、新型コロナウイルスの影響などでクルマの納期が長引いている。

 定額制のサブスクリプションは、クルマを使いたいと思った時に気軽に始められることが特徴だから、納期が長いと利用者も増えにくい。

 またローンは将来の支払い能力に依存する借金だから、経済の先行きに不安を感じると利用されにくい。その意味では今後も現金購入が根強く支持されることになるだろう。

次ページは : ■自動車評論家 渡辺陽一郎の視点

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ