韓国車の真の実力は韓国で乗ると分か…る…?? アイオニック5試乗と戦略分析

アイオニック5韓国試乗

 2022年2月、日本市場に再上陸した韓国の大手自動車メーカーであるヒョンデ。EV(電気自動車)のアイオニック5、FCEV(燃料電池車)のネッソというゼロエミッションビークルの2車種を日本に導入した。

 今回は、日本でも販売が開始されたアイオニック5を韓国で試乗。日本仕様との違いはあるのか? 現地取材でわかったヒョンデの実力や韓国のEV事情とともにお届けする。

文、写真/石川真禧照、ヒョンデ

【画像ギャラリー】EV攻勢をかけるヒョンデ アイオニック5韓国試乗の様子をギャラリーでチェック!!(14枚)画像ギャラリー

■EVとFCEVに絞って日本市場に再参入したヒョンデの強みとは

アイオニック5とともに日本に導入されたFCEVのネッソ

 ヒョンデが日本市場に再参入を表明したのは2022年2月。同時に日本導入のクルマも公開した。「アイオニック5」と「ネッソ」の2車種だった。

 アイオニック5は100%電気のEV。ネッソは水素と酸素で電気を生成し、モーターで走行するFCEV。どちらも走行中に汚染物質を排出しないゼロエミッションビークルだった。ヒョンデの日本再参入まで、我々はいまのヒョンデを知らなかった。

 2009年12月の日本の乗用車市場撤退後は、どのようなクルマを開発し、販売しているのかという情報は入手できなかった。ただ、日本撤退後のヒョンデは世界各国でビジネスを拡大し、自動車メーカーとしても2016年から17年にかけて、米国の初期品質調査でヒョンデのブランドのひとつであるキアとジェネシスがそれぞれ1、2位を獲得するほどになった。

 今回のヒョンデ取材でわかったのは、ヒョンデグループは50社以上から構成されていること。その中には自動車生産の根幹である鉄板の原料となる鉄鉱石の採掘会社まである。もちろんEVに不可欠な電池生産も自社系列で行なっているのだ。

 ここまで一環してクルマを生産できるグループとは知らなかった。とくにEVやFCEVに関しては、アドバンテージを持っている。

 そのヒョンデが日本に再上陸しようとしたときに、EVやFCEVに目をつけたのは当然だった。ヒョンデのEVだが、2021年にはアイオニック5をはじめ、キアEV6、ジェネシスGV60を同時に発表している。

 この3車は基本的なメカニズムは共通だがそれぞれ独自のボディを与えられている。

 さらに、今回のモーターショーでも新型を発売し、バリエーションを増やしている。

■ヒョンデグループが7割近くを占める!! 韓国のEV事情

 韓国の電気自動車の普及率だが、ヒョンデの資料によると、2022年現在の韓国内の車両登録台数は約2507万台。その中で電気自動車の割合は、25万8000台になっている。その普及率は約1.0%ということになる。

 ちなみに日本の場合、2020年の統計だが、電気自動車の販売台数は1万5000台。乗用車全体の販売台数が約250万台だったので、約0.6%ということになる。しかし、このときのEVは、国産車では日産リーフが頑張っているものの、他社の追従はまだなかった。輸入車もアメリカのテスラは販売されていたが、プジョー/シトロエン/DSやメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェも本格的な参入はなかった。

 2022年はおそらく1%以上をEVが占めているはずだ。

 話しを韓国に戻すと、2022年の6月までのEVの登録状況をブランド別に見ると、ヒョンデ44.2%、キア24.3%、テスラ13.8%になっている。ここでもヒョンデグループが70%近くを占めている。ヒョンデのEVの中心はアイオニック5。ソウルやプサンの街中ではアイオニック5のタクシーも走っている。

 EVに対する購入補助金はソウル市の場合、乗用車は国費補助金700万ウォン+市費補助金200万ウォンなので合計900万ウォン(1ウォン=約0.1円)だ。ちなみに水素自動車は、国と市から合計3250万ウォンの補助がある。

次ページは : ■日本仕様との違いは? アイオニック5を韓国で試乗

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ