20年ぶりの円安水準の今、20年前の2002年と現在の新車は価格がどのくらい変わった!?

20年ぶりの円安水準の今、20年前の2002年と現在の新車は価格がどのくらい変わった!?

 外国為替市場で円安が加速しているが、8月2日にニューヨーク市場では1ドル=130円台前半となり、およそ2カ月ぶりに1ドル130円代の前半となった。

 だが、2002年2月以来、約20年4カ月ぶりの円安水準となっているのは変わらず、20年前の2002年当時にラインナップされていた国産車と今の価格はどう違うのか。

 そこで、コンパクトカー、SUV、ミニバン、スポーツモデルの各カテゴリーについて当時と現在の価格差、装備の充実度などについて渡辺陽一郎氏が細かくチェックしてみた。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、TOYOTA、AdobeStock(トップ画像=Destina@AdobeStock)

【画像ギャラリー】高額化しててもおトク!? 今もラインナップされているあのクルマ!! 20年前の価格はハウマッチ!?(8枚)画像ギャラリー

■大幅値上げなのにお買い得!? 20年前と今では新車価格がここまで違う

20年前の2002年と2022年の現在で、クルマの価格、装備、性能などを比べてみる(adragan@AdobeStock)
20年前の2002年と2022年の現在で、クルマの価格、装備、性能などを比べてみる(adragan@AdobeStock)

 最近のニュースは、20年ぶりといわれる円安傾向だ。一時は136円台に入ることもあった。

 そこで20年前の2002年と現在で、クルマの価格、装備、性能などを比べてみたい。20年を経過すると、日本車のラインナップもかなり違っているが、ここでは同じ車種同士で比べる。

 商品の価格は、所得や物価と連動するが、20年前と今では大差がない。平均所得は、1990年代の後半をピークに下がっており、2002年と比べても2022年は若干低い。つまり、大差はないから2002年当時の価格は、今の感覚で捉えて差し支えない。

■コンパクトカーの新車価格の推移

2020年登場の現行型ホンダ フィット
2020年登場の現行型ホンダ フィット

 2002年には、コンパクトカーでは初代フィットが高い人気を得ていた。

 2001年に発売され、2002年には1カ月平均で2万台少々を登録している。2022年のN-BOXが1カ月平均で1万5745台だから、今のコロナ禍の違いを差し引いても、初代フィットは爆発的な売れゆきだった。2002年には国内販売の総合1位になっている。

 初代フィットは1.3Lのノーマルエンジンのみを搭載して、グレードも3種類と少なかった。最上級に位置するWの価格は126万円で、当時の消費税は5%だったから、今と同じ税込みの総額表示なら132万3000円だ。

 一方、現行フィットに1.3Lノーマルエンジンを搭載するホームの価格は176万7700円だ。2002年に売られていたフィットWに比べると、現行ホームの価格は44万4700円高い。比率に換算すると134%だ。

 ほかの車種を含めて、20年前と現行型の同等グレード同士で価格を比べると、現行型は1.2~1.4倍になる。フィットもそこに収まる。

次ページは : ■消費税額と価格表示に注意!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!