大いに気になる! この先、クルマの買い方は残価設定ローンかサブスクの2択になっていくのか!?

大いに気になる! この先、クルマの買い方は残価設定ローンかサブスクの2択になっていくのか!?

 動画や音楽の配信サービスですっかりお馴染みとなったサブスクリプション。古くは新聞や牛乳の定期購読/定期購入もサブスクの一種だ。

 自動車流通の世界にも2020年頃からサブスクの波がやってきた。クルマのサブスクの仕組みや、クルマのサブスクのこれから、そしてクルマ入手方法の主流となりつつある残価設定ローンとの棲み分けを渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】サブスクじゃなきゃ乗れない!? アクア&ヤリス&GRヤリスのKINTO限定車も登場!!(6枚)画像ギャラリー

■KINTOは戦略的にオトクだが困難も多い

トヨタのサブスク「KINTO」で選べる車種の一例。コンパクトカーからセダン、ミニバンなど、多様なラインナップを用意

 最近はさまざまな業種で、サブスク(サブスクリプションサービス/定額制のサービス)という言葉を頻繁に聞く。大きな影響を与えたのは携帯電話だ。月々の使用料金が定額制で、ユーザーが出費を把握しやすい。

 このサービスが普及した結果、若年層を中心に、商品に対する見方も変わった。以前は商品の価格と自分の支払い能力に基づき、「購入できるか否か」を判断したが、今は「毎月いくらなら支払えるか」を考える。価値観が「所有から使用へ」と変わってきた。

 その結果、クルマの分野でも、トヨタのKINTOを中心にサブスクが増え始めた。キャンピングカーのサブスクも登場している。平日プランなら、月額2万5000円で、1泊2日を1カ月に最大4回まで使える。4回使えば1泊当たり6250円と安い。

■サブスクは「返却すること」が大前提

 乗用車で普及を開始したサブスクの多くは、カーリースの一種だ。税金、自賠責保険料、車検や点検費用は使用料金に含まれ、任意保険まで付帯するサブスクもある。

 使用料金以外の出費はほとんど発生しないから、ユーザーはクルマ関連のコストを管理しやすい。個人事業主には、経費の処理が容易になるメリットもある。

 サブスクに似たサービスに、残価設定ローンもある。新車を契約する時に数年後の残価(残存価値)を設定して、残価を除いた金額を分割返済するローンだ。例えば3年後の残価が40%なら、残りの60%を返済する。3年を経て契約期間が満了しても、車両は自分の所有にならないが、月々の返済額を抑えられる。

 そして契約期間の満了時点で、車両の返却、再びローンを組んで返済を続ける、残価を支払って車両を買い取るという、3つの方法を選べる残価設定ローンが多い。

 このうち、車両を返却する場合はサブスクに近付く。毎月ローンを返済しながらクルマを使い、一定期間が経過したら返却するからだ。分割返済するローンとリースでは、本質は異なるが、ユーザーの使用形態は似ている。

 その一方、相違点もある。サブスクには、前述のとおり税金、自賠責保険料、点検費用などが含まれるが、残価設定ローンは基本的に別途支払う。このあたりは、借りるのではなく所有するのと同様だ。

 また、契約期間が満了した時、残価設定ローンであれば、大半が車両を買い取って自分の所有にできる。しかしリースのサブスクでは、買い取りができず、返却する契約になっているものが多い。あくまでも車両を借りるサービスになるからだ。

■各社サブスクによって料金内訳に違いも

ホンダのサブスクリプションプラン「楽まる(楽らくまるごとプラン)」。さらにホンダには中古車のサブスク「Honda Monthly Owner」もある

 そしてサブスクの損得勘定は、使用料金に任意保険料が含まれるか否かで大きく変わってくる。トヨタのKINTOは、車両保険を含めて、任意保険を標準付帯する。その内容は、年齢条件や家族限定などを付けないものだ。

 従って契約者の未成年の子供が、契約者の承諾を得て未成年の友人とドライブに出かけ、その友人に運転を交代した時、交通事故の加害者になっても任意保険を使える。このような運転者を限定しない任意保険は、保険料が高額になるから、若年層が運転する場合はKINTOが割安になる。

 任意保険を数回にわたって使った結果、等級が下がり、任意保険料が高騰したユーザーにもメリットがある。KINTOの加入する任意保険を使うから、ユーザーの等級が低くても、使用料金に影響しない。等級の下がったユーザーは、KINTOを使うことで、任意保険料を安く抑えられる。

 例えばアクアX(209万円)をKINTOで3年間使う場合、1カ月の使用料金は4万7850円で、3年間の支払い総額は172万2600円だ。

 同様にアクアXで3年間の残価設定ローンを組むと、3年間のローン返済額の合計は153万7706円になる。KINTOと違って、購入時に納める税金や諸費用の約11万円が加わり、任意保険料は、運転者を限定しないタイプだと3年間で約85万円に達する。

 これらを合計すると約250万円だから、KINTOの172万2600円は78万円も安い。

 ホンダも楽まる(楽らくまるごとプラン)の名称で、サブスクを用意する。KINTOとの違いは、任意保険料が別になることだ。

 フィットe:HEVホーム(211万7500円)を3年間の楽まるで使うと、1カ月の使用料金は4万2468円で、合計額は152万8848円になる。そこに運転者を限定しない任意保険料の約87万円を加えると約240万円だ。アクアXをKINTOで使う時の172万2600円よりも約68万円高い。

 同じくフィットe:HEVホームを3年間の残価設定ローンで契約すると、3年間のローン返済額の合計は140万958円になる。金利が低いため、アクアXの残価設定ローンよりも安い。

 そこにフィットe:HEVホームの購入時に納める税金や諸費用の約11万円、任意保険料の87万円を加えると約238万円だ。楽まるで使った時の約240万円と同程度になる。

次ページは : ■総額のキーポイントは任意保険料を含むかどうか

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ