お願いだから運転前に見るクセを!! タイヤチェックの重要性(どこをどう見るのか?)

サイドウォールにクラックがあったら「期限切れ」

 またタイヤは、溝の深さと同じくらい「鮮度」も重要。タイヤの材質であるゴムは経年劣化が顕著であり、劣化したタイヤは柔軟性を失うことで、グリップ力が低下。スリップしやすくなり、燃費も悪化し、ハンドリングや乗り心地など、さまざまな性能に悪影響を及ぼす。タイヤの製造年月を見て、5年目を超えているならば、交換を検討してもよいころだ。

 タイヤの劣化状態を目視で判断できるポイントが、サイドウォールのクラックだ。クルマに取り付けられた状態のタイヤは、常にたわみと開放を繰り返されることで、サイドウォールの表面に徐々にひび割れが生じていく。最初は細かいしわのような模様だが、徐々に小さなクラックへと発展、このクラックが時間の経過とともに成長すると、最後には、大きなひび割れへと進行する。

 JATMAでは、このクラックの発生レベルを5段階に分類している。レベル1、2は継続使用可能、レベル3、4は継続使用可能(要経過観察)、レベル5は要注意(交換が必要)だ。サイドウォールのクラックの発生レベルと対処方法を分かりやすくまとめた表があるので、そちらを参照してほしい。

◆      ◆     ◆

 この時期は、夏の猛暑によって熱せられたアスファルトと接してきたことで、タイヤは思いのほか劣化している可能性があるため、なおさら確認をするようにしてほしい。

 クルマの「走る・曲がる・止まる」のすべてにおいて、重要な役割を担っているタイヤ。タイヤに関する正しい知識をもち、出発前にタイヤの状態をしっかり確認することは、安全なドライブへの第一歩。ぜひ参考にしてほしい。

【画像ギャラリー】お願いだから確認して!!  タイヤをチェックすることの重要性と、簡単なチェック方法(6枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!