勝てるのか!?? 脅威のトヨタ国内シェア50%! 今後の小型/普通車競争の行方と見え隠れする弊害とは?

トヨタ一強の見逃せない弊害!小型/普通車競争の行方

 日本国内の新車販売では、トヨタの独走状態が続いている。ホンダや日産が軽自動車に力を入れ、小型/普通車の販売力が減少傾向。その結果、小型/普通車に限るとトヨタの国内シェアは約50%に達した。

 このままトヨタ1強の時代が続くことは、日本の新車販売市場にどのような弊害をもたらすのだろうか? また販売力で圧倒するトヨタに対して、今後ほかのメーカーが期待を持てるカテゴリーについても考察していく。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN、平野学

【画像ギャラリー】小型/普通車の国内シェアは約50%!! 人気車種多数のトヨタラインナップを写真で見る(33枚)画像ギャラリー

新型エクストレイル販売好調!! 日産の小型/普通車のヒットに歓喜!!

2022年7月20日、ようやく日本デビューとなった新型エクストレイル。VCターボe-POWERなど、新技術も多く搭載され大進化を果たした

 日産の新型エクストレイルが、発売から2週間で1万2000台を受注した。この受注速度は、エクストレイルとしては過去最速だという。ただしエクストレイルに興味のあるユーザーなら、同じボディを使う海外版のローグが、2020年に北米で発表されたことも知っているだろう。日本版エクストレイルの発売を待っていたから、受注が一気に増えた。

 また先代型の3代目エクストレイルは、日本国内では2013年に発表されて2022年まで販売された。先代型は販売期間が長く、乗り替え需要も溜まっており、フルモデルチェンジを行って受注台数が伸びた事情もある。

 そしてエクストレイルの好調な受注は、日産の国内販売に対して、特に大きなメリットをもたらす。2022年1~8月の販売状況を見ると、国内で売られた日産車のうち、ルークスやデイズといった軽自動車が39%を占めたからだ。

 今の日産の小型/普通車では、販売が好調なのは、ノート(オーラを含む)とセレナ程度になる。今の日産は小型/普通車のヒットに恵まれていないから、エクストレイルの好調な受注は嬉しいニュースだ。

 エクストレイルの好調が喜ばれる背景には、このほかにも複数の理由がある。まずルークスなどの軽自動車は、薄利多売の商品になることだ。製造コストの割に価格が安く、メーカーや販売会社の粗利も少ない。

 軽自動車を古くから扱ってきたダイハツやスズキは、販売面を含めて低価格で成り立つ体制を構築しているが、日産などはそうなっていない。販売会社を維持するためにも、価格の高い小型/普通車を堅実に売る必要がある。

ブランドのイメージが変わった?? ホンダの軽重視路線は?

 小型/普通車の販売が大切な2つ目の理由は、軽自動車のユーザーが、メーカーではなく車種で選ぶ傾向が強いことだ。販売店からは次の話が聞かれた。

「軽自動車のお客様は、メーカーよりも商品の魅力で選ぶため、他社の車種に乗り替えることも多い。そうなるとお付き合いも短期間で終わる。その点で小型車や普通車のお客様は、メーカーの好みも重視されるから、お付き合いが長続きしやすい。」

 3つ目の理由に、ブランドイメージへの影響もある。街中で日産のエンブレムを装着した軽自動車を頻繁に見かけると、日産のブランドイメージもダウンサイジングしていく。上級車種をますます売りにくくなってしまう。

N-BOXが登場してから軽自動車の販売比率が飛躍的に高くなっているホンダ

 この典型がホンダだ。軽自動車のN-BOXは、国内で売られるホンダ車の30%以上を占める。軽自動車全体なら50%を超えて、小型車のフィット、フリード、ヴェゼルを加えると、国内で販売するホンダ車の70~80%に達するのだ。

 この状況が続いた結果、ホンダのブランドイメージも大きく変わった。「ホンダのミニバンなら、ステップワゴンではなくフリードでしょう」という見方をされる。この影響もあり、オデッセイ、CR-V、レジェンドといった高価格車は、かつては人気が高かったが最近は販売を低迷させた。生産も終えている。

 いっぽう、軽自動車は日本独自のカテゴリーだから、商品開発も日本のユーザーを見据えて行う。海外向けに開発された車種と違って、日本のユーザーの共感を得やすい。そのために好調に販売されている。

 言い換えれば、軽自動車を扱うと販売台数を増やしやすい。そこでホンダや日産は、小型/普通車が海外向けになって売れ行きを下げ始めると、国内では軽自動車に力を入れるようになった。「国内市場は軽自動車と一部のコンパクトカーやミニバンに任せる」という経営判断が透けて見える。

 確かに軽自動車が好調に売られると、車検、点検、修理、保険などの受注も生じて短期的には潤うが、時間の経過に伴って、前述のように儲けが減ったり、ブランドイメージの変化が悪影響を及ぼす。

次ページは : トヨタ国内シェアは驚異の50%!! この牙城を崩すジャンルはどれだ!??

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ