カーアクションでおなじみのジェイソン・ステイサム主演でリメイク!! 名車が爆走する「デス・レース」を楽しもう

カーアクションでおなじみのジェイソン・ステイサム主演でリメイク!! 名車が爆走する「デス・レース」を楽しもう

 ジェイソン・ステイサムといえば、数々のカーアクション好きにはたまらない大人気俳優だ。『トランスポーター』ではBMWで運び屋を演じ、『ワイルド・スピード』シリーズでも活躍している。

 そんな彼が元レーサーの囚人として刑務所主催のレースに参戦すアクション映画が『デス・レース』だ!

文/渡辺麻紀
写真/NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2008 Universal Studios and H2S2 Filmproduktionsgesellschaft mbH & Co. KG. All Rights Reserved.

【画像ギャラリー】マッドマックスとチキチキマシンが未来の刑務所で出会っちゃった!! ジェイソン・ステイサム主演「デス・レース」(5枚)画像ギャラリー

■当企画常連俳優!? 安心安定のステイサム・クオリティ

1975年のカルトムービー「デス・レース2000年」のリメイク、「デス・レース」。主人公を演じるのはご存知ジェイソン・ステイサム! (C) 2008 Universal Studios and H2S2 Filmproduktionsgesellschaft mbH & Co. KG. All Rights Reserved.
1975年のカルトムービー「デス・レース2000年」のリメイク、「デス・レース」。主人公を演じるのはご存知ジェイソン・ステイサム! (C) 2008 Universal Studios and H2S2 Filmproduktionsgesellschaft mbH & Co. KG. All Rights Reserved.

 このコラムでもっとも取り上げられているスターのひとり、ジェイソン・ステイサム。アクションスターの多くがでっかい身体にモノ言わせている傾向が強いなか、ステイサムはどちらかというと小柄。引き締まったボディとバツグンの運動神経を武器に、あらゆるアクションをこなしている。

 そんな彼が出演したカーアクション映画が、ポール・W・S・アンダーソン監督の『デス・レース』(08)。無名時代のシルベスター・スタローンが出演してたことでも知られる75年の低予算B級アクション『デス・レース2000』のリメイクだ。

 オリジナルの“デス・レース”はニューヨークからロサンゼルスまでの大陸横断レースで、走行中に普通の市民を轢き殺してポイントを加算するというヤバすぎる設定が特徴だった。

 リメイク版の本作は、オリジナルを愛するアンダーソンが13年の歳月を費やして実現したプロジェクトで、当初のタイトルは『デス・レース3000』。遠い未来を舞台にしたカーアクションの予定だったが、資金面を考慮して近未来に変更され、タイトルも『デス・レース』になった。

 完成した作品の舞台は、経済が破綻した2012年のアメリカ。

 犯罪があふれ、刑務所の運営が営利目的の民間企業に移行したことで、“デス・レース”が開催されることになる。経営者がその様子を世界中にネット配信して莫大な利益を得るという構図だ。ノールールの熾烈なバトルを繰り広げるのは囚人だけでコースも限られた場所になる。

 そんななか、主人公の元スゴ腕レーサー、エイムズを演じるのがステイサム。ワケあって投獄され、人気者だったが事故死してしまった仮面のレーサー、フランケンシュタインの身代わりとなってレースに参加するハメに陥る。

 レースが行われるのは巨大な刑務所の敷地内(だと思う)。そのレースコースを3周し、生き残ったヤツが優勝になる。経営者はとことん邪悪で、視聴者が喜ぶようにさまざまなワナを仕掛けてきて、こちらのほうがより手ごわい敵というのもミソだ。

次ページは : ■マシンガンにスモーク! 元の形が分からなくなるほどの極悪改造!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ