ディフェンダーにも3列仕様登場で気になる「国産3列シートSUV使い勝手ランキングトップ5」

ディフェンダーにも3列仕様登場で気になる「国産3列シートSUV使い勝手ランキングトップ5」

 ディフェンダーの3列シート仕様、ディフェンダー130が今年新たに加わった。ディフェンダーには、「90」と「110」があるが、ディフェンダー130は3列シートで最大8人が乗車できる。

 ということで3列シートSUVの国産モデルで、使い勝手のいい国産3列シートSUVは果たしてどれなのか、ランキング形式で渡辺陽一郎氏がジャッジした。

文/渡辺陽一郎、写真/Land Rover、MAZDA、HONDA、TOYOTA、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】2家族が1台に乗れちゃう!? 気になる国産3列シートSUVの車内はこちらからチェック!!(12枚)画像ギャラリー

■グローバルでSUVが人気カテゴリーとなったワケは?

ランドローバー ディフェンダー130。3列シートで最大8人が乗車可能

 今はSUVの人気が高い。国内で新車として売られる小型/普通乗用車に占めるSUVの比率は、2010年頃は10%少々だったが、今は30%を上回る。SUVは軽自動車などと違って、北米をはじめとする海外でも人気が高く、開発すれば大量に販売できる。そのために商品開発も活発だ。

 またSUVは、メルセデスベンツやBMWなど、海外のプレミアムブランドも積極的に手掛けている。これらの輸入車がSUVカテゴリーのイメージを高めたことも、日本における好調な売れ行きに結び付いた。

 SUVが人気を得た一番の理由は、外観のカッコよさと実用性を両立させたことだ。SUVはもともと悪路の走破を目的に開発されたから、大径タイヤの装着などにより、外観がカッコいい。

 ボディの上側はワゴンやハッチバック風のデザインだから、居住空間や荷室も広くて使いやすい。これらの特徴が注目され、SUVは売れ筋のカテゴリーになった。

 そしてミドルサイズ以上の車種には、3列目のシートを装着したSUVも見られる。直近では、悪路向けSUVの代表とされるランドローバーディフェンダーに、3列のシートを装着する130シリーズが加わった。

 130シリーズの全長は5358mmで、110シリーズの4945mmに比べると、ボディが400mm少々長い。この余裕を生かして、3列目のシートを装着した。

 少々、前置きが長くなったが、SUVに装着される3列目シートの快適性や使い勝手をランキングしてみたい。

■SUVの3列目シートランキング/1位:マツダ CX-8

マツダ CX-8。3列目は多少膝が持ち上がる格好にはなるが快適に乗車できる

 SUVとミニバンでは、3列目シート部分の作りが違う。ミニバンは床面形状を工夫して、3列目まで平らに仕上げるが、SUVは異なる。3列目の床は、燃料タンクの設置により、1/2列目に比べると高くなっている。

 そのためにSUVの3列目シートは、ミニバンに比べると、床と座面の間隔が不足しやすい。1/2列目に比べると、膝の持ち上がった窮屈な座り方になる。

 3列目の乗り降りは、2列目を格納して行うが、後席側のドアはミニバンのスライドドアに比べて開口部が狭い。SUVの3列目は、ミニバンに比べて乗降性も悪化するから注意したい。

 以上の事柄を踏まえて、SUVの3列目シートをランキングすると、1位はCX-8だ。CX-8の外観は、CX-5を伸ばしたように見えるが、実際には北米などで売られるCX-9の全幅を1840mmに抑えた仕様だ。

 そのために、CX-8が装着する2/3列目シートの足元空間は、CX-9と同等だ。日本では「多人数乗車の快適なSUV」として販売されている。

 CX-8に身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分に調節すると、3列目に座る乗員の膝先には握りコブシふたつ分の余裕ができる。3列目に座った乗員の足が、2列目の下側に収まりやすいことも注目点だ。

 SUVの3列目だから、ミニバンに比べると膝の持ち上がる座り方になるが、極端に窮屈な印象は受けない。1時間以上の乗車も可能だ。

次ページは : ■SUVの3列目シートランキング/2位:ホンダ CR-V

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ