インプレッサ カローラ… お財布と性能を天秤にかけるならどれ?? コスパのいい国産セダン5選

インプレッサ カローラ… お財布と性能を天秤にかけるならどれ?? コスパのいい国産セダン5選

 トヨタ、スバル、ホンダ、マツダ、日産…。その数をどんどん減らしているとはいえ、まだまだ選択肢豊富な国産セダン。各モデルのグレードも考えれば、その数は当然さらに増える。

 ここでは「コスパのよさ」に的を絞り、なるべくお財布に優しく(つまりお家の「財務省」の説得もしやすい!?)、それでいて満足度の高いカーライフを演出してくれるであろう国産セダン5台を、自動車評論家、そして「コスパの鬼」渡辺陽一郎氏が選出!

※本稿は2022年8月のものです。諸元の[ ]内はモーター最高出力、燃費はWLTCモードの数値です
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年9月10日号

【画像ギャラリー】「目利き」が選んだ「コスパのいい日本のセダン」5台をギャラリーでじーっくり見る(16枚)画像ギャラリー

■1位 インプレッサG4、2位はカローラセダン その理由は?

スバル インプレッサG4(200万2000〜273万9000円)…全長4640×全幅1775×全高1455mm、1.6L/115ps、燃費14.1km/L(1.6i-Lアイサイト)。安全装備も充実

 セダンは車種が大幅に減り、買い得車も限られる。

 そのなかの1位はインプレッサG4(スバル)だ。

 全長が4640mmのボディは、視界もいいから運転しやすい。後席が広く、内装も上質だ。

 1.6i-Lアイサイトは、安全性と快適性を向上させるアイサイトコアテクノロジー、LEDヘッドランプ、17インチアルミホイール、運転席と助手席の電動調節機能などを標準装着して、2WDの価格を200万2000円に抑えた。

 2位はカローラセダン(トヨタ)

 3ナンバー車だが、ボディはインプレッサG4よりも小さい。後席は少し狭いが、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

 1.8LノーマルエンジンのSは、動力性能に余裕があり、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、LEDヘッドランプ、ディスプレイオーディオ、16インチアルミホイールなどを標準装着して価格は213万9500円だ。

ホンダ アコード(465万円)…全長4900×全幅1860×全高1450mm、2.0L・HV/145ps[184ps]、燃費22.8km/L(EX)

 3位はアコードEX(ホンダ)

 価格は465万円と高いが、全長が4900mmのLサイズボディによって後席も広い。

 ハイブリッドのe:HEVは加速が滑らかで、WLTCモード燃費は22.8km/Lと良好だ。カーナビや本革シートなどの装備も充実している。

 4位はマツダ6(マツダ)

 全長が4865mmのLサイズセダンで、XDプロアクティブは、実用回転域の駆動力が高い直4の2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載する。

 燃料代はノーマルガソリンエンジンのマツダ2と同等だ。フルモデルチェンジが近づいたが、価格は350万9000円で機能のわりに安い。

 5位はWRX S4 STIスポーツR EX(スバル)

 価格は477万4000円と高いが、セダンでは最高峰の走行性能を発揮する。

●コスパのいい日本のセダンTOP5
・1位…スバル インプレッサG4
・2位…トヨタ カローラ
・3位…ホンダ アコード
・4位…マツダ マツダ6セダン
・5位…スバル WRX S4

【画像ギャラリー】「目利き」が選んだ「コスパのいい日本のセダン」5台をギャラリーでじーっくり見る(16枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ