新型プリウスは年末が超濃厚!! 現行型11月末生産終了……新型は全高が低くシュッとするってマジ!?

いよいよプリウス登場へ!! 年末年始は新型プリウスの独壇場!! 新型はシュッとしたルックスに進化する

 1997年12月に登場した初代プリウス。大ヒットした3代目は2009年の12月に登場(翌年1月発売)、現行型の4代目も2015年12月に発表されるなど、プリウスの変革期は12月にやってくる。

 既に現行型はオーダーストップし、新型の5代目プリウスが登場するまでのカウントダウンが始まった。トヨタハイブリッドの元祖であるプリウスの、新型に関する最新情報をお伝えしていく。

文/ジョー城ケ崎、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】2022年の年末の楽しみは紅白? お笑い? 格闘技? いやいや5代目プリウスでしょ!!(9枚)画像ギャラリー

■11月30日生産終了は厳守? スケジュールの最終的な詰めがスタート

2021年6月に登場したトヨタ プリウス特別仕様車 S“ツーリングセレクション・Black Edition”。フルモデルチェンジ前の「最後の大花火」とはいかなかったようだ

 2021年6月に一部改良と特別仕様車を登場させたが、最終改良も実らず、勢いづかなかった印象を受けるのが現行型(4代目)プリウスだ。

 当時の納期が半年前後と言われており、2022年末に控えた新型発表へ準備するため、6月初め頃までに、多くの販売店では新規注文受付を終えていた。最終注文分の現行型プリウスは、2022年11月30日まで生産される予定になっている。

 しかし、コロナの影響等で、プリウスを製造する堤工場第1ラインでは、8月に数日間の稼働停止を余儀なくされた。9月の稼働停止予定は今のところないが、不測の事態は今後も発生する可能性がある。

 新型の発表は2022年12月末ごろ、発売は2023年1月で現在最終調整中。クラウン、シエンタと順調にフルモデルチェンジを終え、2022年に残す新型モデルはプリウスだけとなった。

 社会情勢はまだまだ厳しいものの、遅れ・遅延という言葉にユーザーが敏感になっているのも事実。まずは現行型が予定通りに最終生産を終えられるのかが、スムーズな新型の発表・発売に向けた大きなカギとなりそうだ。

 ノア/ヴォク、クラウン、シエンタとつながったバトンは、スムーズにプリウスへとつながるのか、生産動向を注視していきたい。

■こだわりは健在! 信頼のパワートレインでプリウスらしさをより強調

3代目トヨタ プリウス。先代のTHS-IIをブラッシュアップ、さらにハイブリッドバッテリーをリチウムイオンからニッケル水素に変更するなど「進化」よりも「深化」で人気となった

 初の量産型ハイブリッドとなった初代、初のTNGA採用車の4代目と、プリウスには目新しい技術や装備が目立つ。しかし、「初の〇〇」が導入されたプリウスは、あまり売れ行きが良くない。

 対して、爆売れした3代目では、先代のTHS-IIをブラッシュアップ。

 エンジン排気量を1.5Lから1.8Lへ増やしたものの、ハイブリッドバッテリーにはリチウムイオンではなくニッケル水素を採用している。「進化」よりも「深化」を感じられ、最先端を走るイメージに安定感が加わった、これが大ヒットにつながったと思う。

 新型となる5代目も、3代目に近い「深化」を意識したプリウスに仕上がるようだ。

 ボディ全高を下げて、より強いクーペスタイルを形成。ボディ形状がより流麗な形になり、Cd値は、現行型よりもさらに下がることが予想できる。この変化は、燃費性能の改善に加えて、運動性能の向上にも寄与するだろう。

 パワートレインにはノア・ヴォクシーに搭載されているハイブリッドシステムを搭載するようだ。第5世代と言われるこのハイブリッドシステムは、高効率化やモーターのパワーアップを実現しながら、リチウムイオン電池の小型化に成功するなど、完成度が高く、評判も良い。

 1.5Lや2.0Lエンジンの新技術「ダイナミックフォースエンジン」は使わずに、プリウスの代名詞とも言える1.8LエンジンとTHS-IIに磨きをかけて勝負する。ハイブリッドが乱立する中、老舗のプリウスならではの味が、存分に感じられる仕様となるはずだ。

次ページは : ■ヒットの前に立ちはだかるのは「納期」

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ