アルファード、ジムニー、デミオ…コスパ最強の4WD車クラス別 9選


何よりも“走り”が最優先のスポーツ4WDと違って、コンパクトカー、SUV、ミニバンといった実用車の4WD選びで重視される要素のひとつが“コストパフォーマンス”だ。

いくら4WD性能がいいからといっても価格が高すぎるのでは割が合わない。4WD性能と価格が適度にバランスされている4WD車のほうが、買い得感があって魅力的という人は多いはず。

そんなコストパフォーマンスに優れた4WD車はどれか? 3つのカテゴリー別に各3車ずつ、自動車ジャーナリスト渡辺陽一郎氏にピックアップしてもらった。

※本稿は2018年10月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


■コスパで選ぶ4WDのキモ

まず2WDと4WDの価格差を確認する。15万円以下なら割安で、20万円前後でも電子制御式であれば納得できる。最も多い価格差は20万~25万円。4WD装備だけで30万円近くだと少し割高だ。

注意したいのは、4WDと併せて別の装備を加える場合があることだ。4WDは積雪地域で多く使われるから、フロントウィンドウに熱線を入れたり、ミニバンでは2列~3列目席のエアコンを上級化する。

滑りやすい下り坂を安定して走れる「ヒルディセントコントロール」を加えることもある。4WDの損得勘定をする時は、これらの付加価値も含めることが大切だ。

実際に乗る際になにが必要でなにが重要になるのか、よく考えながら選びたい

■コンパクトカー編

コンパクトカーの4WDを評価する時の条件は、2WDと比べた時の価格上昇と、燃費の悪化率、そして悪路の走破性能がポイントになる。

価格ではヴィッツに注目。割安な1.3Fで見ると、4WDの価格は2WDと比べて10万8000円の上乗せに抑えた。軽自動車を含めた4WDのなかでも特に安い。

2WDとの価格差が10万8000円と少なく、4WDの設定価格が安いのが魅力のヴィッツ

ただしJC08モード燃費は、2WDが25km/L、4WDは18km/Lだから4WDは28%悪化する。4WDの機能は機械式のビスカスカップリングだから、前輪が空転した後でないと後輪に駆動力が伝わらない。それでも低価格は注目といえる。

逆に4WDの高機能で選ぶならデミオだ。電子制御式の多板クラッチが、走行状態に応じて後輪へ駆動力を伝える。この制御には、電動パワーステアリングの操舵力からワイパーの作動までさまざまな情報を使う。ドライバーの意図や路面状態をあらかじめ的確に検知して4WDを制御するから、雪上の坂道発進でも前輪が空転しにくい。

電子制御式を採用するデミオの4WDは20万円を超えるが、性能を考えると充分納得の価格

クリーンディーゼルターボのJC08モード燃費は、2WDが26.4km/L、4WDは22.8km/Lだから、悪化率は14%と少ない。価格は2WDに比べて20万5200円高いが、相応の価値を備える。

イグニスは最低地上高に180mmの余裕があり、機能がSUVに近いから、4WDとの相性もいい。4WD仕様にはヒルディセントコントロールも装着され、滑りやすい下り坂では、4輪のブレーキが自動的に独立制御されて安定性を保つ。4WDの価格は、2WDに比べて13万7160円の上乗せだ。前述の付加機能を考えれば割安といえる。

最低地上高に余裕をもたせたクロスオーバースタイルのイグニスは4WDが似合う一台

次ページは : ■SUV編

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ