【英・仏・米、輸入車メーカーと座談会】 ここが変だよ! 日本のカーライフ

 ニッポン。海外の人から見ると、やっぱりというか、不思議に思うこと、これヘンじゃない? と感じることが多いようだ。

 そこで「ニッポンのカーライフ」に焦点を当て、輸入車メーカーに勤務する外国人のみなさんに(全員10年以上日本で生活)、フシギだ! と思うことを語ってもらった。母国特有のカーライフも本邦初公開、最近よく話題に上る自動車にまつわる税金についても触れています。

 それでは、レッツ・ビギン!

※本稿は2014年12月のものに適宜修正を加えています。なお、参加いただいた皆さんの所属・肩書きは当時のものです
文:ベストカー編集部/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2015年1月10日号


■かなり驚きました! クネクネ・立体式の首都高

ベストカー編集部(以下、BC)本日はお集まりいただき、ありがとうございます。みなさん、日本語が流暢ですので司会するこちらも安心です(笑)。さて、最初日本にきた時、カーライフ関連で驚いたことは何でしたか?

■ローズマリー・ミッチェルさん(31歳・ロールスロイス・モーターカーズ アジア太平洋北部地域広報マネージャー):イギリス生まれ。日本語勉強のため長野県在住の経験あり。日本在住10年目。2014年4月からロールスロイス担当に

ローズマリー 首都高速道路ですね。あまりにもクネクネした道で、テレビゲームみたいな感じ。最初のうちは合流するのに大変でしたね(笑)。

ジョージ・ハンセンさん(46歳・GMジャパン コミュニケーションズ・ ディレクター):父親がドイツ人、母親が日本人。大学までドイツで生活し、アメリカ滞在の経験もある。日本在住23年目

ジョージ 私もあのクネクネには驚きました。昔あったゲームソフト『リッジレーサー』の世界が、首都高そのものだよね。

空間(上)に作りクネクネしていることが驚きの首都高

ローズマリー 詳しいですね〜。私の母国、イギリスには日本のように空間を生かした高速道路はほとんどないです。日本やアジア独特といっていいですよ。

ジョージ 私の国、ドイツにも空間を生かして上に作ってある高速道路はないです。

ブレン・フレデリックさん(47歳・ルノー・ジャポンチーフマーケティング・マネージャー):フランス生まれ。父親の仕事関係で15歳の時に日本へ。現在まで32年日本で生活し、フランスに時々帰国するという

ブレン フランスも同じく……。それで、多くの外国人が不思議に思うのは「なぜ地震が多い国なのに、空間に立体式の高速道路を作るの?」ということ。

ローズマリー そうそう、私もそれは感じていた。

BC 外国人の方はそう思うんですね。国土が狭いので空間を生かして上に作るしかないという事情があるし、建築技術に日本は一定の自信を持っているから、ということもあると思いますよ。

ジョージ 日本の建築技術は確かにすばらしいけど、心配なのは老朽化。NEXCOや都市高速側は「老朽化対策はしっかりやる」といっていたので、どんどん実践してほしいです。

BC 2014年4月に首都高が実質値上げの930円になった理由のひとつも、老朽化対策へ充てる費用という話ですから。
ジョージ でも、この930円は高すぎですよ。牛丼を何杯食べられる?

全員 YAHAHAHA(爆笑!!)

牛丼を3杯も食べられる首都高代930円

ジョージ 牛丼一杯280円(当時の「すき家」価格)だから3杯食べておつりがくる。

ブレン この高い価格はちょっとヘンですよ。この金額があれば、フランスの高速道路ならパリからディエップ(ノルマンディ地方)まで行けちゃう。片道ほぼ200km。

BC 日本の高速道路料金って高いんですね?

ブレン 世界一です!!

ジョージ だから、首都高の料金だけ見ると日本は本当に豊かな国だなと思う。

ブレン そうそう。先日、来日したフランス人と一緒に鈴鹿へ行ったんだけどETCをくぐるたびに「7000円」などと料金表示されるじゃない。その金額を見た瞬間、ユーロで計算して、「一桁間違っているんじゃないの?」と言われた(笑)。続けて、「日本のサラリーマンの平均給料はいくら?」と。

ローズマリー 海外からの外国人はETCの料金を見たら、よくそれを聞きますよね(笑)。

ブレン 日本のサラリーマンは凄くいい給料をもらっていると思われていますよ。

BC いやぁ〜、僕はそんなにもらってないですよ。ハハハ。

ローズマリー でも、日本は高速料金が高いぶん、道が整備されていてきれいですよね。

ジョージ 料金は高いけど質も高いという感じだね。でも、必要ないのにまた掘ってたりすることもある(笑)。

BC よくぞ言ってくれました! 来年度予算確保のために道路をほじくっていることもあるんです。ヘンですよね、これ。

ローズマリー ヘンですね(笑)。

■ターンテーブルで回り、なにこれ! と(笑)

ローズマリー 日本にきた頃驚いたのがもうひとつあって、「立体駐車場」ですね。そこからクルマを出した後、そのクルマを回転させるターンテーブルのようなものも見たことがなかったです。なにこれ! と、けっこう驚きましたよ。

空間効率を生かした立体駐車場も日本ならでは。イッツ・ミラクル!

ジョージ 海外にはほぼないですよね。昔、ニューヨークのデパートの近くで見たことはありますけど。

BC さきほどの首都高もそうですけど、狭いスペースをいかに効率よく生かすか、というのは日本の得意分野で、日本ならではの工夫かもしれません。

ジョージ スペースとコストとの兼ね合いで、いかに維持費をかけないかという部分で誕生した駐車場のスタイルでしょう。

ブレン 僕が日本にきた15歳の頃は1980年代前半で、レビン、ソアラといったクルマを日本の大学生の多くが乗っていた。これには驚いたね。思わず、僕も「日本の大学生になる」と言ってしまった(笑)。若者がクルマに興味を持たない今では信じられない光景だけど。

■ファミリーカーがかわいそうに思えて

ジョージ 日本の高速道路を走っている時不思議に思うのは、スポーツカーのような物凄く速度を出しているクルマは警察に捕まらないけど、捕まるのはファミリーカーなど一般的なクルマが多いということ。ミニバンやセダンなど。スポーツカーや高級車がパッシングしながら物凄い速度で走っているのをよく見かけるけど、そういうクルマは捕まらないね。ファミリーカーがかわいそうに思えて……。

ブレン 不思議ですよね。僕は、首都高の横羽線(東京〜横浜を結ぶ)をよく走るんだけど、ここの制限速度は60km/h。僕が“クルコン”で60km/hキープで走っていると一番遅いクルマですよ(笑)。まわりはどんどん僕を追い抜いて……、100km/h超もいると思う。覆面パトカーは何やっているんだ! と思いましたよ。

スポーツカーは見逃されている!?(※写真はイメージです)

ローズマリー そういう部分はちょっとヘンだし不思議ですよね。

 私? 私は速度オーバーで捕まったことはないですよ。

全員 YAHAHAHA(爆笑)

BC それはそうですよね! 外国は速度オーバーの取り締まりは厳しいんですか?

ブレン フランスは130km/h制限速度の高速の場合、134km/hでも自動取り締まり機(日本でいうオービス)が光ります。で、インターネットで通知がきてクレジットカードで罰金を支払うシステムです。

BC 4km/hオーバーで取り締まりに遭う。厳しい……。

ジョージ 外国は厳しいし、システムがハイテクですよ。

BC そうなんですか。覆面パトカーのようなものは走ってます?

ローズマリー イギリスは取り締まり機のほうが多いですね。

ジョージ ドイツもそうで、覆面パトカーやパトカーが高速道路に出動する時は、暴走しているクルマを止めに入る時が多いですね。たまに、走行しながらヘンな追い越し方をしているクルマや車間距離をつめすぎているクルマを取り締まることも。

ブレン フランスではサルコジ大統領になってから、信号無視の取り締まり機が増えました。特にパリ。

ジョージ そうですか。ドイツでは信号無視は一発免停ですよ。

BC 日本では考えられない。そういう意味では日本は、悪質な速度超過車や信号無視をしたクルマにゆるいのかも……。

ジョージ その取り締まりのゆるさはあるかもしれない。それとともに日本の赤信号の特色もあり、黄色になってもあと2台いける、というのをまわりの外国人からよく聞く。それだけ黄色から赤色に変わるまである程度時間がありますよね。

ローズマリー その話に関連するけど、日本の都市部は信号機が多いですよね。だから都会では渋滞が激しくなる。イギリスはラウンドアバウトが多く、フランスにもありますよね。

日本の渋滞は信号の多さが要因のひとつ!?

ブラン あります、おかげさまで。どこにでもラウンドアバウトはありますよ。

ローズマリー 交差点は信号のないラウンドアバウトのほうがクルマは流れます。日本は極端にいうと100〜200m走ったら、また信号で止まる……、その繰り返しですよね。その信号の多さのせいか、首都高を含めた高速道路と一般道のクルマの流れの差が大きいですよね。

日本でもラウンドアバウト式の交差点は増えているが、まだまだ一般的とは言えない

ジョージ 首都高が渋滞する時、一般道はもっと混んでいることが多い。ヨーロッパやアメリカでは、高速が混んでいたら「一般道のほうが空いているかも」ということもあるけど、日本ではほとんどない。信号が多いということもありますよ。

■慣れていない人は驚くと思いますよ!

BC 道路の話が続きましたが、日本では今や慣例となっている“サンキューハザード”。これについてはどう思いますか?

ローズマリー 私は好きですね。いいと思いますよ。交通ルールにはのっとっていないけど……。

ジョージ あれは慣れてしまえば大丈夫だけど、慣れていない人は、最初「ええ〜っ!!」と驚くと思います。

ローズマリー ハザードというのはクルマを止めてから点けるものですからね……。

「"サンキューハザード"は悪くはないけど、手を上げればいいことだね」

ジョージ 日本でサンキューハザードをやるのはまだアリかなと思いますけど、日本人や日本在住の外国人で、これに慣れた人が海外でサンキューハザードをやると、驚かれるし危険だと思いますよ。

BC えっ、そういう人がいるんですか?

ブレン これがけっこういるんですよ。慣れは怖いです(笑)。日本ではその“サンキュー行為”を利用するように、車線に割り込む前からサンキューハザードを出している人がいますよね。気が早すぎ(笑)。あと、ハザードを点滅しながら右車線に入ろうか、左に入ろうか迷っている人、これはおかしいですよ。

ローズマリー でも、サンキューハザードは優しい雰囲気を出す習慣だと思いますよ。私もついやります。

ジョージ ありがとう、ってね。

ブレン 僕もクセでやってしまうけど、フランスでは当然ながら絶対やらない。

ジョージ コンバーチブルに乗っている時は「サンキュー」の意志表示に手を上げます。

BC オオ〜、優雅ですね。

ジョージ 「サンキュー」を伝えたかったら、手を上げたり、お互いに目を合わせてみるのが外国の通例。本来はこれでいいんですけどね。

■クルマは道路脇に止めるもんでしょ?

BC フランスでは路上駐車する時、とてもアグレッシブと聞いているのですが……。

ブレン そうですか……(汗)。パリ市内で多いのだけど、縦列で路駐する時、すき間があればバックしながら後ろに止まっているクルマのバンパーに少し当てつつ割り込んで入る、という感じ。これはパリではよく見かける光景。もちろん日本では僕はやらないですよ。

ギッシリつまった路駐は今ではパリ名物か!? これでおとがめなしなんです

全員 YAHAHAHA(爆笑)。

ブレン 当然、当てないで縦列駐車をする人が一番うまいんですけど、当てる人でもバーンと強く当てる人と、軽〜く当てる人といる。たぶん年齢と性別でぜんぜん違う(笑)。逆にオーストリアのウィーンに行った時は、余裕があり驚きました。

ローズマリー 前後にけっこうな余裕があるんですね。

ブレン けっこうどころか、前後にクルマ半台ぶんほどのスペースで路駐している。いやぁ〜、いい国だなと思いましたね。

BC 路上駐車は日本では違反になるけど、フランスなどでは問題ないのですか?

ブレン パリの場合は区に住んでいることを条件に、半径1〜1.5kmほどの範囲なら月に日本円で5000〜6000円払えば、駐車スペースがあれば路駐でもどこに止めてもいいんです。

ローズマリー イギリスもそうですね。

BC それは駐車場とは別に?

ローズマリー 駐車場? ……日本のような駐車場専用スペースなんてほとんどないですよ。

ジョージ ドイツでも1時間400円とか、そんなのないですよ。だから日本で頻繁に見かけるコインパーキング、外国人から見ると珍しい存在ですよ。

■自転車の逆走と歩道走行。ビックリです

BC 以前ほどではないですけど、日本では車道を逆走する自転車を見かけますけど……。

ジョージ 怖いですよね。ドイツの場合は原則として自転車はほぼクルマと同じ扱いです。だから、逆走なんてありえない。

ブレン フランスもそうです。

「自転車の歩道走行は違反ではないんですね」

ジョージ たとえば自転車で飲酒運転した場合。クルマの免許を持っていたらクルマと同じ扱いの罰金を課せられますよ。

ブレン フランスもそうで、信号無視も罰金。だから、日本で赤信号でもピューッと行く自転車を見て最初は唖然としました。

ローズマリー 日本では自転車に乗る時、ヘルメットを被らない人が多いですね。子どもだけは被らせているのに……。イギリスでは大人もヘルメットを被る習慣があります。

 あと、自転車が歩道を走ることができるのも不思議ですよね。イギリスでは違反だから。

ジョージ ドイツでは11歳までは自転車に乗って歩道を走るのは認められているけど12歳以上は不可ですね。

BC それらの話の前提として日本は自転車専用道路が整備されていないから、歩道を走ったり逆走したりするのかな……と。

ジョージ でも日本だけでなくて、ドイツでも30年以上前までは自転車専用道路はなかった。12〜13年ほど前からドイツの都市部で自転車専用道路が整備され始めたと思いますよ。

ローズマリー イギリスも昔はなかったです。十数年前から急速に整備されていますね。

ブレン 例えばパリで現在もやっているのは、たとえ狭い車道でも少しでも道路幅を削って、自転車専用道路を作るという動き。そうやって歩道を走らせないようにしている。歩道を走ったら罰金ですから。

BC 各国の状況を聞くと、自転車専用道路について日本は圧倒的に遅れていますね。

ブレン たぶん、力を入れようという姿勢をあまり感じない。2〜3年前に本気出して整備、という動きはありましたけどね。日本人は“自己責任”という感覚があまりなくて、すべて法律にしないと従わないという気質や感覚がある気がします。

ジョージ それは自転車専用道路だけでなくて、道の整備そのものの話にもいえるかもしれない。僕が感じるのは「道路に長期戦略がない」ということ。最初から日本は狭い国だからムリ、というところで戦後からきている。結局、道路をどうしたいのか、という長期計画が見えないですよ。だから、2車線がずっと続き、いきなり1車線になる一般道があったりする。これはちょっとヘンだと思います。

■A地点からB地点へ標識で行けないのはヘン

ジョージ 日本の道路といえば道路標識、これも不思議というかある意味日本独特(笑)。例えば高速道路の道路標識、行き先を書いてほしいけど「東名」しか書いていない場合も。「名古屋」と書いてほしいです。

ブレン 一般道でも、この東京都文京区から横浜市へ行こうとなっても道路標識だけではわかんない。行けないですよ。

BC 確かに、この文京区にある道路標識で「横浜」と書いてあるものはないかも。それが必要だと……。

“日本名物(!?)”複雑道路標識。瞬時に判読するのは困難かも?

ローズマリー カーナビだけが頼りという感じ(笑)。ナビ、あるいは地図がないとそんなに遠くない東京都心から横浜市までも行けないですよね。

ブレン 看板の統一感も少ない。

BC そういえば詳しく書いてある道路標識があるいっぽうで、あっさり書いてあるものもある。また、詳しく書きすぎている標識も見かけませんか?

ブレン あります。クルマを運転していて瞬間的に読めないよ、という複雑な標識もありますね(笑)。困りますよ。

■クルマ購入には税金がテンコ盛り。うそでしょ〜

BC 座談会も終盤に入ってきましたが、「日本独自でちょっとおかしいぞ」というのはほかにはないですか?

ジョージ クルマ関連で日本独自と強く思うのは「コスト」

ローズマリー 維持費ですよね。私もそれは日本独自のものだと本当に思いますよ。

ジョージ クルマの価格はこの金額だけど、自動車税、取得税、重量税……などが盛られて、「うっそでしょ〜! クルマに乗るまでにこんな金額になるの!」と。こんなにも高い税金はちょっとヘンじゃないかと思いますよ。

自動車関係諸税の国際比較…※1.8Lエンジン、車重1.5t以下、車両価格180万円などの前提条件で比較。※13年間使用した場合の試算。※自工会のデータより

ブレン 税金、高いですよね〜。よくいわれる「若者のクルマ離れ」の要因のひとつでしょうね。その税金関係や維持費、駐車場代に保険代。それに車検代もすぐ2年に1回になる。20代の人がクルマを買おうと思っても、保険代が高く、合計で車両価格に何十万円も足されたら買えないよ、と言いたいですね。
 考えてみたら、東京で暮らして250万円の乗用車を買った場合、駐車場代はひと月約3万円で、年間維持費を月割りにすると8万〜10万円ほど。

ジョージ ありえないですよ!

BC 日本人はみんな裕福だと外国人から思われたりして(笑)。
 結局いびつなんですよね。サラリーマンの平均月収のわりにはクルマに関するお金がかかる、という感じだから。

ジョージ 日本という国の政策としてモノ作りを大切にするというのはわかりますけど、産業の根幹のひとつ自動車産業に厳しすぎる。ここまでクルマに関する税金が多く、高いのはなぜ? それではクルマ売れませんよ、と言いたいです。どこか矛盾していますよね。

ブレン そうそう、税金が多く盛られるとクルマの購入が減り、生産台数が減る流れになると、税収入も減るわけだから国も困るでしょ。いい妥協点を見つけないとバランスが保たれないですよね。

BC 日本で最もヘンと感じる部分はそこですか! みなさんから見てもそう感じるとは日本の税制もアカンですよね。

ジョージ このままでは日本の若者はクルマに興味を持たないですよ。僕がドイツで最初に買ったクルマは日本円で5000円。自分でいじって走らせましたよ。それでドイツは税金も若者の保険も安い。だから維持費はクルマが壊れなければ微々たるもの。それは今でも同じですね。

■軽自動車は日本の国土と文化の象徴ですよ

BC 日本独自の軽自動車を最初見た時、どう思いました?

ジョージ 特に電車やバスなどの本数が減りインフラが整っていない地方では軽の存在は重要だと思う。地方でよく売れているのはわかりますね。

ローズマリー 日本のほかのカテゴリーでは白やシルバーのボディカラーがほとんどだけど、軽はピンク系などカラフル。軽ならではで、好感が持てますよ。

「特に地方部では軽は大切なクルマですね」

ブレン クルマは物凄くその国の文化を表わしていると思う。例えば軽は日本国土や文化に最も合っているクルマ。アメリカのように東から西へ大きなスケールで移動しなくてはいけないとなると大きなクルマになる。ワインディングが多いイギリスは、それを楽しむケータハムというクルマがありますからね。

BC 軽こそ日本文化のひとつといえそうですね。今回は外国人のみなさんが不思議に思うことなどが如実にわかりました!!


【番外コラム】 3人は日本のここにも驚き!

●意外なところに入口が!(ジョージさん)

 首都高の話ですが、意外なところに入口があり、「おっ、ここからも入れるんだ!」と新たな発見があります。逆に出口が怖い時があり、「ここを出たら、どの場所に出るんだろう?」と不安になることも。

●朝の満員電車に驚がく(ローズマリーさん)

 東京の朝のラッシュ時の満員電車、最初はビックリでした。噂には聞いていたけど、駅員さんがギューギュー押すんですよ。

●必要ない道ほどきれい!?(ブレンさん)

 高速もそうだけど日本は一般道も道の質がよくてきれいですよね。でも、そんな道にかぎってなぜか交通量が少ないんですよね(笑)。

●東北道はマナーがいい(ローズマリーさん)

 私の印象では東北道を走るクルマ、みなさんマナーがいいです。ゆっくり走るクルマは走行車線で、追い越す時は右車線に移り追い越したらまた左車線へ……と、あたり前のルールを守っている感じです。

*   *   *

“中にばかりいると”気づかないことがいっぱい。貴重で楽しい話をありがとうございました!(BC編集部)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ