マツダはMT天国!! でもCX-60はなんでATだけ?

マツダはMT天国!! でもCX-60はなんでATだけ?

 新車で買えるMT車が年々減ってきているが、マツダはMAZDA2からCX-5に至るまでほとんどのモデルにラインアップしている。さすが! といったところだが、縦置きエンジンで、しかも直6を搭載するCX-60には設定なし。

 クルマ好きの心をくすぐるパッケージングなのだがらMTも欲しかった……。なんでないの!?

文/小鮒康一、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】ここはMTパラダイス!! マツダの「走る歓び」をとことん味わえ!! よりどりみどりのMT車たち(12枚)画像ギャラリー

■CX-8と新型CX-60だけなし!! ほぼすべての車種にMT設定するマツダ

直6エンジンを縦置きで搭載する「本格派」として登場したマツダ CX-60だが、MTの設定はない。MT天国といえるマツダの中にあってどうして……
直6エンジンを縦置きで搭載する「本格派」として登場したマツダ CX-60だが、MTの設定はない。MT天国といえるマツダの中にあってどうして……

 現在、絶滅危惧種になりつつあると言っても過言ではない3ペダルのMT車。今では一部のスポーツモデルと商用車、そしてMT世代の年輩のユーザーが多い車種に残る程度となっているのが現状だ。そんななか、現行ラインナップの多くに3ペダルMT車を多く設定するメーカーが存在する。それがマツダである。

 ブランドエッセンスとして「走る歓び」を標榜しているマツダは、スポーツカーであるロードスターはもちろんのこと、コンパクトカーのMAZDA2やフラッグシップモデルのMAZDA6に留まらず、クロスオーバーSUVであるCX-3やCX-5といったモデルにまで3ペダルMTを用意しているのだ。

 これはハンドリングやドライビングポジションなど、走りにまつわる部分に強いこだわりを見せるマツダだけに、そもそもの根本として自らの意思でクラッチペダルを踏み、シフトノブを操作して適切なギアを選ぶという基本中の基本からクルマを動かすことを楽しんでもらいたい、というメッセージであることは想像に難くない。

 しかしそんなマツダが満を持してリリースした、新世代のラージ商品群の第1弾であるCX-60には現時点で3ペダルMTの設定がないのである。

■新型CX-60は8速ATだけ……どうせならMTほしい気も

 新世代のマツダを象徴する1台として、今年の6月に予約をスタートし、9月より「e-SKYACTIV D」搭載モデルをリリースした新型CX-60。

 先行して販売がスタートした「e-SKYACTIV D」と名付けられたディーゼルハイブリッド仕様のほか、純ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 3.3」と、2.5Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」、そしてプラグインハイブリッド仕様となる「e-SKYACTIV PHEV」という4種類のパワートレインをラインナップしている。

 そんな豊富なエンジンラインナップの一方で、組み合わされるトランスミッションは、8速のATのみ。せっかくの縦置きFRレイアウトなのだから、これこそ3ペダルMTで走らせたいと思うのがクルマ好きたるものと言えるのだが、なぜCX-60にはMTの設定がないのだろうか?

次ページは : ■デカいSUVにMT需要はない!? いやいや新設計のATなら追加設定の可能性アリ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ