ホントにあるんです「軽自動車に軽油入れちゃった!?」ガソリンのこと、ちゃんと知ってますか?

なぜレギュラーとハイオクを分けるのか?

ガソリンのこと、ちゃんと知ってますか?
内燃機関(エンジン)は燃料と空気の混合気を燃焼させて爆発力を得ているが、オクタン価の高いハイオクガソリンはレギュラーに比べて異常燃焼が起こりにくい

 ハイオクガソリンはレギュラーに比べて異常燃焼しにくいという特性がある。この特性が生きるのは混合気の圧縮比を高めた時だ。ガソリンエンジンでは、ガソリンと空気を混ぜた混合気を圧縮し、そこで着火して燃焼させる。この圧縮比が高いとエンジンの出力が大きくなるため、スポーツカーや大排気量高級車の圧縮比は高めに設定されている。しかし、圧縮比が高まると異常燃焼のリスクも増えるので、ハイオクガソリンを使ってこれを抑えるというわけ。

 圧縮比が低いと得られるパワーも低くなるが、それによってエンジンを構成するパーツの負担は減り、結果としてコストの抑制や長寿命化に貢献する。こうした理由があり、一般車のエンジンはレギュラーガソリンでも異常燃焼を起こしにくい圧縮比に設定されている。

 これらのエンジン特性に合わせてレギュラーとハイオクの2種類が用意され、オーナーは自分のクルマに適したガソリンを選んで給油を行う。

よくある? 軽油の勘違い

ガソリンのこと、ちゃんと知ってますか?
軽油は軽自動車ではなくディーゼルエンジン用。給油ノズルの色は緑なので、入れ間違いのないよう注意。入れ間違えた際の対処法は次の項目で紹介する

 ディーゼルエンジンでは、高圧縮した燃料(混合気)を自動着火させて爆発力を得る。もっとも、近年では効率を重視してあまり圧縮比を高くしないディーゼルエンジンも存在するが、それについてはひとまず置いておこう。

 こうしたエンジンの要求に応えられるのが着火性に優れた軽油だ。しかし、この「軽油」という名称がクセモノで、「軽」の文字から軽油を軽自動車用の燃料だと勘違いしている人が意外に多い。

 軽自動車はあくまで小型軽量なガソリンエンジン車であり、給油する際にはレギュラー、もしくはハイオクガソリンを選ぶ。スタッフが給油してくれるガソリンスタンドなら大丈夫だが、自分で油種を選ぶセルフスタンドでは、間違った種類の燃料を給油してしまったというミスが発生する可能性が高い。

 JAF(日本自動車連盟)が2018年に行った調査では、その年の燃料入れ間違い件数が390もあったとのこと。これはJAFに報告された件数だけなので、実際にはもっと多くの入れ間違いが発生しているものと推測される。

 では、燃料を入れ間違ってしまった場合、どんなことが起きるのか?

燃料を入れ間違ったらどうなる? どうする?

ガソリンのこと、ちゃんと知ってますか?
セルフ式ガソリンスタンドでは油種の違いを文字と色でハッキリ示している。これなら間違いようはないはずなのだが、それでも「ついうっかり」は起こりうる

■レギュラー指定車にハイオクガソリンを入れてしまった

 ガソリンエンジンの場合、レギュラー指定のクルマにハイオクを入れても深刻な問題にはならない。もちろん適正な圧縮比は異なるため、ハイオクによってエンジンのパワーや燃費が向上することはほとんどない。

 ハイオクガソリンにはオクタン価を高める添加剤や、燃焼によって生じた燃えカス用の洗浄剤も含まれているが、それでレギュラー指定車のエンジン内部がキレイになるわけではない。つまり、トラブルこそ起きないものの、レギュラーより高額なハイオクガソリンを入れるのは差額分の損をしているとも言える。

 なお、現行のスバル レヴォーグはレギュラーガソリン指定車であり、取り扱い説明書にも「ハイオクガソリンを給油した場合、燃費や始動性の悪化が起こることがあり、性能を十分に発揮できません」という記載がある。同車のオーナーは十分に注意してほしい。

■ハイオクガソリン指定車にレギュラーを給油した場合

 この場合もすぐに大きなトラブルとなる可能性は低い。しかし、オクタン価の低いガソリンではノッキングを起こしやすくなり、これがエンジンにダメージを与える危険性も皆無ではない。

 誤ってハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れてもそれを抜き取る必要はないが、不測のトラブルを防ぐ意味もあり、次回からは正しいガソリンを選ぶことを徹底したい。

■ディーゼルエンジン車にガソリンを給油

 これは先のレギュラー/ハイオク間違いより深刻な問題を引き起こす。もともと軽油専用に設計されたディーゼルエンジンは、ガソリンを入れても始動はするが、すぐにパワーが出なくなり、アイドリングも不安定になる。最悪の場合エンジンが破損する可能性もあるので、入れ間違いに気づいたらエンジンを始動しないことが重要だ。

■ガソリンエンジン車に軽油を入れると?

 こちらも軽油の混ざったガソリンでエンジンを始動すると、パワーが大きく下がって黒い排気ガスが発生し、エンジンが停止してしまうケースもある。この状態で無理に走行すると、やはりエンジンが壊れる可能性もあるので注意してほしい。

次ページは : 燃料間違い時の対処法

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!