保管していたスタッドレスタイヤにヒビが入っていた まだ使える? 使えない判断基準はどこ? オールシーズンタイヤとの違いとは?

保管していたスタッドレスタイヤにヒビが入っていた まだ使える? 使えない判断基準はどこ? オールシーズンタイヤとの違いとは?

 そろそろスタッドレスタイヤに交換しようかと考える季節になってきました。先日、東北地方のタイヤ販売店でのスタッドレスタイヤ交換の予約がいっぱいに、というニュースが流れていました。

 さて、今保管しているスタッドレスタイヤを買い換えようか、まだ履き続けるか、その判断基準はどうなのかと思っている人も多いのではないでしょうか?

 またスタッドレスタイヤではなく、オールシーズンタイヤに履き替える人も多くなってきましたが、コスパを考えるとどうなのでしょうか?

 今回は、スタッドレスタイヤにまつわる最新情報をお届けしましょう。

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部、Adobe Stock(トップ画像=kelly marken@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】クルマも人もそろそろ冬支度!! 交換のタイミングやお得な入手法などスタッドレスタイヤ豆知識(4枚)画像ギャラリー

■地域やクルマの利用状況によっては夏タイヤで越冬も可能!?

溝の中の段差になった部分(指で差し示した場所)が「プラットフォーム」。ここが表面に露出してくる頃がスタッドレスタイヤとしての寿命だ
溝の中の段差になった部分(指で差し示した場所)が「プラットフォーム」。ここが表面に露出してくる頃がスタッドレスタイヤとしての寿命だ

 そろそろクルマも人も本格的な冬支度が必要となる時期だ。12月に入れば気温はグッと下がってくるし、年が明ければさらに寒さは増してくる。

 といっても関東以西に在住であって、日常の足として使われている程度であれば、クルマのメンテナンスフリー化と気候変動も相まって、それほど冬支度の必要性はない。

 それでも本格的な冬になる前にスタッドレスタイヤに履き替えているクルマも見かける。こうした準備万端なオーナーは、それはそれで良いことであるが、すべてのドライバーに必要な準備とは言えないのだ。

 スタッドレスタイヤなどの冬タイヤが本領を発揮するのは、外気温が摂氏0度以下の状態だ。

 首都圏では最低気温がマイナスになることは少なく、ましてやその時間帯には出掛けないのであれば、スタッドレスタイヤは必要ない場合もある。さらに寒冷地へ出掛けないのであれば、夏タイヤで過ごすことも十分に可能なのだ。

 スタッドレスタイヤを持っていても使わなければ、古くなっていくだけなのでもったいない。ゴムは使用していても、保管したままでも(保管状況によっては走行しているより劣化が進む)劣化が進んでいくからだ。

 直射日光や高温多湿、エアコン室外機が発するオゾンなどを避けることで、なるべく劣化を抑えることはできるが、それでも国産スタッドレスタイヤでは平均すると5年程度が安心して使える目安だといえるだろう。

 プラットフォームと呼ばれる残り溝が50%になった際にトレッド表面に現われるサインが出るまでは冬用タイヤとして使い、50%以下となったらそのまま夏まで使用して使い切って廃棄するのが、スタッドレスタイヤの正しい使い方だ。

 タイヤ表面に細かなヒビ割れが生じてきたら、スタッドレスタイヤはそろそろ交換時期と考えよう。

 夏タイヤでも5年程度でトレッド面の溝部分などに細かなヒビ割れが生じてくることもあるが、性能低下はそれほど大きくはない。しかしスタッドレスはアイスバーンなどではテキメンにグリップ力が低下してくるからだ。

 ゴムの劣化は、硬度計を使って硬化具合をみることでも判断できる。タイヤ専門店などでは、ゴム硬度計を使って残り溝以外にも劣化具合を判断してくれるので、相談してみるといい。

 しかし、実際にはほとんど減っていないのに、ゴムが硬化して使えなくなってしまうと、さらに新品に交換するのは無駄なのではと思ってしまうことだろう。

 それでも突然の降雪が心配、というのであればオールシーズンタイヤを利用することも検討してみることだ。オールシーズンタイヤとは文字通り1年を通じて使える、夏タイヤと冬タイヤの機能を併せ持ったタイヤだ。

 タイヤ自体の価格はスタッドレスタイヤのほうが安いが、オールシーズンタイヤの場合は夏タイヤと合わせた2本分のコストを吸収できることを考えれば、スタッドレスタイヤよりも経済的なのである。

次ページは : ■スタッドレスでも旧モデルを選ぶとお得

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ