2Lターボは新型シビックタイプRのFFか、ゴルフRの4WDか、最適解はどっちだ!?

2Lターボは新型シビックタイプRのFFか、ゴルフRの4WDか、最適解はどっちだ!?

 2022年9月2日、ついに発売開始となったホンダ 新型シビックタイプR。搭載する2L、直4VTECターボは、10ps/20Nmアップし国産モデル過去最高の330ps/420Nmへと向上した。

 ここでは、新型シビックタイプRの進化点をチェックするとともに、同じくハイパワー2Lターボを搭載するライバル、VWゴルフR、メルセデスAMG A45 S 4MATIC+と比較する。

本文/松田秀士、写真/池之平昌信、平野 学、VW、メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】進化する高性能2Lターボ車!! シビックタイプR、ゴルフR、AMG A45をギャラリーでチェック!(17枚)画像ギャラリー

■続々登場するハイパワー2Lターボ車

9月2日に発売となった新型シビックタイプR。旧型から10ps/20Nm向上した330ps/420Nmを発生する2L、直4VTECターボを搭載
9月2日に発売となった新型シビックタイプR。旧型から10ps/20Nm向上した330ps/420Nmを発生する2L、直4VTECターボを搭載

 新型シビックタイプRのK20Cターボエンジンは国産モデル過去最高の330ps/420Nmを発生させ、6速MT仕様だ。そこでライバルのスペックを見てみよう。

 先日、日本導入が発表されたVWゴルフRの新型20Rイヤーズは333ps/420Nm(ノーマルは320ps)を発生。ほぼシビックタイプRと同等の出力で、トランスミッションは7速DCT。

 もう1台、2Lターボではずば抜けた出力を発生するのがメルセデスAMG45 S 4MATIC+だ。その出力は421ps/500Nmとずば抜けている。トランスミッションは8速ATだ。

 国産勢のこれまでのハイパワーはランエボXファイナルエディションの313ps/43.0kgm、先代WRX STIの308ps/43.0kgm、そのコンプリートカーであるS208の329ps。つまり、新型シビックタイプRはこれら歴代パワーモデルを上回る出力を達成しているわけだ。

 実際、新型タイプRの加速感は非常に力強くトランスミッションが3ペダルMTであること、さらにライバルモデルが4WDであることに対してFFであることから1430㎏と軽量。

 ちなみにライバルである、ともに4WDを採用するメルセデスAMG A45 S 4MATIC+が1670㎏、ゴルフRが1540㎏である。つまり、新型タイプRはライバルよりも110~230㎏も軽量なのである。

■コーナリング性能が進化した新型シビックタイプR

265/30R19サイズのミシュランパイロットスポーツ4Sを採用
265/30R19サイズのミシュランパイロットスポーツ4Sを採用

 この軽量車体さらにリアのマルチリンクサスペンションの進化、そして構造用接着剤の塗布エリアを先代比3.8倍に拡大するなどしてコーナリング性能をアップさせてきた。もちろん、これらの基本スペックをスープアップさせたとしても、最終的に路面と接地するタイヤ性能が重要であることに違いなく、265/30ZR19サイズのミシュランパイロットスポーツ4Sが採用されており、専用開発されたもの。

 特にホイールはリバースリム構造と呼ばれる、コーナリング中にタイヤのイン側の歪を低減して内側の接地圧を安定させる構造が施され、なおかつ4本で先代ベースモデル比約3㎏の軽量化を達成している。

 つまり、タイプRにはフロントの2輪しか駆動力が伝わらないため、目いっぱいフロントタイヤを使い切る工夫が凝らされているのだ。

次ページは : ■420Nmを受け止めるサスペンションのセッティングはハード目

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ