4モーターの1900psハイパーEV、ピニンファリーナ バッティスタはスーパーカー好きにも刺さるのか!?

4モーターの1900psハイパーEV、ピニンファリーナ バッティスタはスーパーカー好きにも刺さるのか!?

 アウトモビリ・ピニンファリーナが2022年7月にハイパーEVモデル、バッティスタの生産を開始した。アウトモビリ・ピニンファリーナはイタリアのデザイン工房、ピニンファリーナの親会社でインドの大手自動車メーカー、マヒンドラ&マヒンドラが立ち上げた新ブランドとなる。

 その最初の市販車がバッティスタ。バッティスタでは「カルマ」、「プーラ」、「エネルジカ」、「フュリオサ」、「カラッテレ」という5種類のドライブモードに異なる運転特性を設定していて、このうちフュリオサモードでは、4個のモーターが合計で驚異の最高出力1900hp、最大トルク240.6kgmを引き出すのだ。

 この規格外のハイパーEVは果たしてスーパーカー好きにも刺さるのか否か、西川淳氏に分析してもらった。

文/西川 淳、写真/アウトモビリ・ピニンファリーナ

【画像ギャラリー】アウトモビリ・ピニンファリーナのカロッツェリアと職人の手で産み出されるハイパーEV「バッティスタ」(10枚)画像ギャラリー

■ピニンファリーナのブランド力は依然強力

アウトモビリ・ピニンファリーナが2022年7月に生産を開始したハイパーEV「バッティスタ」。ブランドの創始者であるバッティスタ・“ピニン”・ファリーナの名を冠する意欲作だ
アウトモビリ・ピニンファリーナが2022年7月に生産を開始したハイパーEV「バッティスタ」。ブランドの創始者であるバッティスタ・“ピニン”・ファリーナの名を冠する意欲作だ

 刺さるのか? と問われたなら、いちファンとしても、そしてスーパーカー評論家としても、刺さる! とこたえるほかない。少なくともピニンファリーナという名前だけは……。

 ただし、億円以上の電動スーパーカーに関していえば、日本のスーパーカーファンは世界に比べてかなりマニアックでコンサバ、ストーリー性を重んずる人が多いため、ちょっと厳しいのではないか。

 電動スーパーカーにはまだ歴史がなく、そもそもBEVへのアレルギーもクルマ好きには強くあったりするので、どちらかというと世界のニューリッチに刺さると言ったほうがいいだろう。似たようなハイパーEVではロータスエヴァイヤを思い出すといい。日本では結局、売れなかったようだ。

 ピニンファリーナというブランド名とバッティスタという車名にかぎっていえば、日本のファンにも刺さりまくる。何しろいまだに「フェラーリのデザインを昔のようにピニンファリーナに戻せばいい」という人が多いくらい、その名前の認知度は高く、ブランド力は強い。

 ことはそれほど簡単な話ではないけれど、それを知っている筆者にしたところで、あの独特な書体(スクリプトフォント系)のエンブレムをつけた跳ね馬がいまだに大好物だし、あのエンブレムがないことを寂しく思ったりすることもある。

次ページは : ■バッティスタは「ピニンファリーナ違い」?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!