まさかの年明け納車も??  国産車とは販売面が違う?? 意外に短い輸入車の納期のナゼ

まさかの年明け納車も??  国産車とは販売面が違う?? 意外に短い輸入車の納期のナゼ

 日本車の納期遅延の影響は未だに大きく、特に人気車は年度内の納車が難しいモデルが多い。その一方で輸入車に関しては状況が異なるようだ。本国での半導体不足は日本より状況が好転していて納期が短いというが……。

文/小林敦志、写真/BMW、メルセデスベンツ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】安定供給の理由は販売方法と製造方法にアリ!? 人気輸入車の納期待ちはどのくらい?(10枚)画像ギャラリー

■納期遅延が当たり前となってしまった日本車……輸入車の状況は?

日本車ではいまだ深刻な納期遅延だが、輸入車の状況はそこまでではない。写真のベンツ Aクラスも売れ筋仕様がほぼ即納に近いという
日本車ではいまだ深刻な納期遅延だが、輸入車の状況はそこまでではない。写真のベンツ Aクラスも売れ筋仕様がほぼ即納に近いという

 新型エクストレイルをはじめ、本稿執筆時点ではカローラクロスやハリアーの一部仕様など人気モデルでは新規受注停止中というのも珍しくなくなってきたのが日本車を取り巻く状況だ。

 つまり、“納車まで長い期間待つ”のはまだいいほうで、“注文できない”クルマまでが増えてきている。また注文することができたとしても、登場間もない新型車や人気モデルなどでは、納車が2023年を通り越して2024年に入ってからという車種も出始めている。

 こうなってくると、深刻な納期遅延や新規受注停止の理由が、単純にサプライチェーンの混乱や半導体不足だけなのかと疑いたくもなる。

 供給不足気味な半導体の購買に関して日本メーカーが、諸外国の完成車メーカーに“買い負け”しているとか、最近までロックダウンを連発して暴動まで起きた中国生産の部品が多く、中国の工場稼働の停滞により部品供給が混乱をきたしているなど、さまざまなこともいわれはじめている。

 そこで気になるのが、「日本における輸入車も状況は同じなのだろうか?」ということだ。日本国内では断トツで人気の高いドイツ系ブランドをいくつかピックアップして販売現場で様子を探った。

 まずはメルセデスベンツ。AクラスもしくはCクラスあたりで検討している旨を伝えて話を聞くと、「両方とも、売れ筋仕様に関しても今月(12月)入荷予定のストックのなかからお選びいただくことが可能ですよ」とのこと。

 Gクラスは世界的にも納期がかなり混乱しているものの、クロスオーバーSUVの一部で多少納期がかかることもあるようだが、日本メーカーほど事態は深刻ではないとのこと。

 続いてはBMWで話を聞いた。「お選びいただく仕様によって異なりますが、一般的な売れ筋仕様で良ければ、おしなべてすぐにご納車できる車両があります」と説明してくれた。

BMWもベンツと同様の状況。2シリーズグランクーペも早期の納車が可能とのことだ
BMWもベンツと同様の状況。2シリーズグランクーペも早期の納車が可能とのことだ

 試しに2シリーズグランクーペについて聞くと、「ボディカラーも結構お選びできるなかで、早期にご納車可能となっております」とのこと。

 また、「BMWでは生産を遅延させる部品の含まれる装備で、省いても大きな影響のない装備を省いて生産し供給しておりますので、車両供給スケジュールも大きく乱れることはありません」とも話してくれた。

 同じように大きな影響のない装備を減らして、供給遅延の影響を緩和しようとしているのは、メルセデスベンツCクラスでも行われているようである。

 さらにVW(フォルクスワーゲン)ディーラーで話を聞くと、「ご希望の仕様がなくとも半年ほどお待ちいただければ、ほぼ間違いなくご納車できます。

 ゴルフはウクライナで生産している部品がありまして、一時生産を停めた関係もあり、いまも若干お時間をいただくことはありますが、日本車ほど深刻ではありません。クロスオーバーSUVでしたら、さらに早期納車可能なストック車両に余裕があります」と様子を教えてくれた。

 話を聞いた限りでは、日本車の現状に比べればはるかに供給状況は良いように見える。

 ジープラングラーなど、生産遅延傾向にありながら人気が極端に高いモデルなどは、輸入車とはいえ納車まで日本車並みかそれ以上待つことになるようだが、各ブランドの普及モデルで仕様やボディカラーにそれほどこだわらなければ、納期をそれほど心配する必要はないようだ。

次ページは : ■遅延しにくい輸入車の販売方法

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します