やっぱスイフトスポーツの天下か!? 「狭い日本」でも走って楽しいコンパクト3選

やっぱスイフトスポーツの天下か!? 「狭い日本」でも走って楽しいコンパクト3選

 近年どんどん選択肢が減ってきてしまっているのがコンパクトスポーツだ。環境性能の重要性が増した結果スポーツモデル自体が激減しているわけだが、いわゆる軽スポーツやコンパクトカーベースのホットハッチも生産終了が続いている。

 今回はそんな状況でも、生き残っているコンパクトスポーツ3台をご紹介しよう。

文/斎藤聡、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】EVの時代になっても走りの楽しさは失われませんように……いまだアツアツの軽スポーツ&コンパクトスポーツ(20枚)画像ギャラリー

■少し前までは豊富に選べたホットハッチ

日産 ノートオーラNISMO。「コンパクト」かといわれると車格的にも価格的にも苦しいが、モーター駆動のポテンシャルの高さから取り上げさせていただいた
日産 ノートオーラNISMO。「コンパクト」かといわれると車格的にも価格的にも苦しいが、モーター駆動のポテンシャルの高さから取り上げさせていただいた

 いまや希少車種となってしまったコンパクトスポーツ。かつてはコンパクトカー≒2ドア/4ドアハッチということから「HOTハッチ」なんて言葉もあって、コンパクトで軽量なボディを生かして機敏に走るスポーティなクルマがたくさん用意されていました。

 ところが、現在はどんどんスポーティなクルマが消え、走りの楽しさを前面に押し出したクルマが少なくなっています。

 一つにはクルマ全体の性能が上がったことで、ことさらスポーティさを売りにしなくてもストレスなく思い通り走れるクルマが作れるようになったことも理由の一つなのだろうと思います。ただ、刺激的だったりワクワクするクルマが少なくなっているのはさみしい限りです。

 とはいえ、絶滅してしまったわけではありません。というわけで、ここではいま買える走りの楽しいコンパクトカーベスト3を紹介してみようと思います。

 3位はノートオーラNISMOです。価格的にも車格的にもコンパクト? という疑問がないわけではありませんが、モーター駆動の走りのいいクルマの登場という意味も含め挙げてみました。いやいや、モーター駆動のクルマが走りの楽しいコンパクトカーに挙がる時代が来るとは……。感慨深いものです。

 もっともモーター駆動はものすごくポテンシャルを持っています。ノートオーラNISMOに搭載されるモーターは、最高出力100kw(≒136ps)、最大トルク300Nmと、パワーこそそれほど強力ではありませんが、3L車並みのトルクを発進時に発揮するのですから、加速の力強さはかなりのものです。

 しかもNISMOチューンとしてボディ補強や、リヤのショックアブソーバーをスポーツドライブに向いたモノチューブ式に変更。エアロチューンも単なるドレスアップではなく、ちゃんとダウンフォースが得られるように設計されています。

 またモーター駆動らしく、ドライブモードによって、出力特性を大幅に変更。ノーマルモーでは標準オーラよりも少し速い程度ですが、NISMOモードにすると、さらに一段加速性能が鋭くなっています。

 モーターの応答性も鋭くスポーツドライブにあった味付けになっています。タイヤもプレミアムスポーツタイヤの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」が装着されています。

 日本ではモーター駆動車=エコ≒退屈、といったイメージを抱きがちですが、十分スポーティで楽しいクルマに仕上がっています。

次ページは : ■S660、アルトワークスなき今、軽スポーツはコペン一択

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します