【火花散らす名勝負が日本車を世界一にした】地味だけど切磋琢磨した名車勝負5選

 切磋琢磨した名車たちといえばすぐ思い浮かぶのが「ランエボvsインプレッサ」など。しかしよくあるライバル対決にはあまり出てこない、地味に切磋琢磨した名車たちもあります。

 特にスポーツモデル以外ではなかなか目立たないものが多いが、快適性や実用性向上のためにライバルを徹底的に研究して、ネガをつぶして新型につなげるなんて開発も盛んだった。

 今回は目立たないけれど、ライバルがいたからこそ名車に育ったクルマたちを揃えました。

文:片岡英明/写真:ベストカー編集部


■アルトとミラの戦いは馬力から燃費へ

 軽自動車の販売がどん底にあった1979年春にスズキはボンネットバンのアルトを発売した。

 税制面で優遇されていた軽商用車だったから、税制の盲点を突いて47万円という驚異的な低価格で発売している。

アルトはスズキの代名詞ともいえる軽自動車だが、47万円という低価格で話題になった。そして実用性も兼ね備えた完成度の高さも現代のスズキの軽自動車作りにつながる

 商用車だが、キャビンは不満のない広さだし、走りもいい。だから大ヒット作となった。その1年後の80年6月に、ダイハツはミラ・クオーレ(82年にミラと改名)を送り出した。

 これ以降、アルトとミラは熾烈な販売合戦を繰り広げ、550cc軽自動車を黄金時代へと導いている。後発のミラは時代に先駆けて4WDモデルやターボ、ウォークスルーバンなどを送り込む。

 2代目のときにはエアロパーツをまとい、ターボで武装したスポーティな商用車、ミラTR-XX (ダブルエックス)を投入した。

ミラTR-XXはスポーティな存在だ。これに対応すべくスズキからは伝説のアルトワークスが登場する

 アルトも負けていない。1986年に軽自動車初のDOHC4バルブエンジンを積み、1987年2月には3気筒DOHC4バルブエンジンにインタークーラーターボのアルトワークスを放っている。

 ネット出力で64psを絞り出すジャジャ馬だったから、FF車に加え、フルタイム4WDも設定している。64psの自主規制の原因を作ったのが、このアルトワークスだ。

 1998年秋に660ccの軽自動車は新規格になり、この時期に登場した5代目からアルトとミラは衝突安全性能を大幅に引き上げた。

超韋駄天だったアルトワークス。軽自動車の高出力競争に終止符を打つほどの衝撃を与えた1台。未だにアルトワークスが存続しているのは嬉しい限り

 また、21世紀になると燃費競争も激化している。低燃費技術を積極的に導入したのは7代目のときに加わったミライースからだ。

 燃費競争に火をつけたダイハツに対抗し、スズキも低燃費シリーズのアルトエコを送り込んでいる。

 また、現行モデルでは燃費に加え、先進安全装備を盛り込み、上級クラスをしのぐ安全性能を手に入れた。手強いライバルがいたから、アルトとミラは一級の実力派になったのだ。

■ファミリアとシビックはFFハッチの頂上決戦

 1980年夏、コンパクト・ファミリーカー市場に旋風を巻き起こしたのがマツダのファミリアだ。

 初代のVWゴルフを徹底研究して開発し、FF方式に生まれ変わったファミリアは、発売されるやデートカーとして大成功を収めている。

5代目ファミリアの限定車スポルトヨーロッパ。タイヤはピレリ、シートはレカロ、ステアリングはイタルボランテなど、ヨーロッパを全面に押し出したモデルだった

 陸サーファーを生むなど、ヤングを引きつけたのは、電動サンルーフやラウンジシートなどを標準装備した赤い3ドアHBの1500XGだ。

 また、ドレスアップブームにも火をつけている。エアロパーツやドアミラーを装着したファミリアが街にあふれた。発売されるやカローラとサニーからベストセラーカーの座を奪った。

 このファミリアに対抗心を燃やしたのがFF2BOXの元祖、シビックだ。

 1983年9月に登場した3代目の「ワンダーシビック」はロングルーフを採用したスポーティなルックスが話題を呼び、クリーンヒットを飛ばしている。

ホンダといえばシビックとまで言われたほど支持を得たワンダーシビック。ワンメイクレースも始まるなどモータースポーツのイメージも強かった

 高効率の3バルブエンジンに加え、スポーティグレードのSiには1.6LのDOHC4バルブエンジンを搭載した。

 1985年秋にファミリアはモデルチェンジし、DOHCターボやフルタイム4WDによってスポーティ度を高めた。

 これに対し1987年に登場した第4世代の「グランドシビック」は、自然吸気エンジンだけで直球勝負を挑んでいる。

シビックは進化を続けついに可変バルタイ「VTEC」を導入。そしてシビックタイプR登場へと物語は続く

 気持ちいいDOHCエンジンに加え、1989年秋には可変バルブタイミング&リフト機構のDOHC・VTECを投入。ドラマチックな加速を見せたのである。

 ライバル関係にあったファミリアとシビックは、トヨタと日産と違うアプローチでひと泡吹かせ、コンパクトカーの楽しさを多くの人に伝えたのだ。

■GDIとハンドリングで名勝負!! ギャラン vs プリメーラ

 1980年代、三菱はターボ戦略を積極的に推し進め、これに続いて4WDシステムを乗用車にも採用するようになった。

 1987年10月、三菱はギャランをモデルチェンジし、6代目のE30系が登場する。そのフラッグシップがVR-4だ。

 最大の特徴は「アクティブ4」と呼ぶ最先端のメカニズムを採用したことで、4輪アンチロックブレーキ(ABS)やフルタイム4WD、同位相4輪操舵の4WS、ストラットとダブルウイッシュボーンによる4輪独立懸架のサスペンションによって痛快な走りを実現している。

スポーティなセダンとして4WD技術も詰め込まれたギャラン。ラリーにも出場するなどそのポテンシャルは高かった

 最強エンジンはパワフルな2Lの4G63型直列4気筒DOHC4バルブインタークーラーターボだ。

 デザインもキュートだったギャランは日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、VR-4はラリーでも大暴れしている。

 このギャランと違う手法でスポーティな走りを実現したのがプリメーラだ。ヨーロッパ市場を見据えて開発した上質なFF方式のファミリーカーで、1990年にベールを脱いでいる。

 最大の自慢は、洗練度の高いハンドリングだった。意のままの気持ちいい走りを存分に味わうことができる。

初代プリメーラはそのハンドリングの高さで大きな評価を得た。コンパクトながら実用性も兼ね備えたスポーティセダンとしてギャランの対抗馬としては充分な性能だった

 1.8Lモデルでも冴えた走りだったが、スポーティ度が群を抜いて高かったのは2LのSR20DE型DOHCエンジンを積む2.0Tmだ。

 セダンとは思えない軽やかなハンドリングで、引き締まった乗り味も魅力だった。

 ギャランは次の世代になると3ナンバーのワイドボディを採用し、パワーユニットもV型6気筒としている。

 そして1996年秋に再びモデルチェンジし、このときにギャランのワゴン版となるレグナムを設定した。スタイリッシュなエクステリアとともに注目を集めたのがエンジンだ。

 時代に先駆けてクリーン化と低燃費のために筒内直接噴射システム、直噴のGDIエンジンを搭載したのである。トランスミッションはファジー制御やスポーツモードを備えた電子制御4速ATだ。

市販車では世界初のガソリン直噴エンジン「GDI」で一気にライバルとの差を広げたように思われたギャランとレグナム。GDIのその後は言うまでもなく……

 フルタイム4WDは左右駆動力移動システムのAYCや4輪制動力制御システムのASCなどを採用し、意のままの走りを楽しめた。

 プリメーラも1995年秋に2代目にバトンを託している。正常進化の形を取り、派手さはなかったが、気持ちいいハンドリングは2代目も健在だ。

 とくにFFの2.0Teは運転するのが楽しいスポーツセダンだった。プリメーラは3代目を最後に途切れたが、ギャランと同様に運転して楽しいセダンである。

 FFと4WDの違いがあるが、両車はライバル関係にあり、切磋琢磨しながら成長していった。

■「レガシィに追いつけ」のカルディナも忘れがたい

 1989年1月に登場したレガシィは、スポーツワゴンブームの火付け役となったミドルクラスのファミリーカーである。

 5ナンバー最強、4気筒エンジンの最高峰を目指し、フラッグシップのツーリングワゴンGTはEJ20型水平対向4気筒DOHC4バルブにターボを組み合わせた。駆動方式はフルタイム4WDが主役だ。

ツーリングワゴンというカテゴリーを一気に日本で浸透させたのはレガシィの功績だろう。スポーティな4WDでハンドリングにも秀でた存在だった

 スポーツモデルを相手にしない冴えた走りを見せ、瞬く間に日本を代表するワゴンにのしあがっている。このレガシィを追ってトヨタが送り込んだ快速ワゴンがカルディナだ。

 ワイドバリエーションを誇り、FF車とフルタイム4WDを設定した。高い実用性と快適性が認められ、一気にレガシィの対抗馬になる。

 途中でスポーツツインカムを加え、1997年に登場した2代目ではセリカGT-FOURから2Lの3S-GTE型DOHCターボを譲り受けた。

カルディナはスポーティワゴンとしてトヨタが繰り出した存在。写真の2代目カルディナのGT-TはレガシィツーリングワゴンGT-Bへの明確な対抗馬だった

 王者レガシィも2代目はビルシュタイン製のショックアブソーバーなどで武装し、自慢の走りに磨きをかけている。

 打倒レガシィに燃えるカルディナは、3代目では思い切りスポーツ路線に振り、新世代プラットフォームを採用するとともに走りをニュルブルクリンクで鍛え上げてきた。

 レガシィの牙城は切り崩せなかったが、レガシィというライバルがいたことがカルディナを成長させ、走りの実力を大きく引き上げている。

■「キング・オブ・ミニバン」を抜き去ったアルファード

 1BOXのキャラバンとホーミーを祖とするフルサイズのミニバンがエルグランドで、1997年5月に登場した。最大の特徴は広々としたキャビンスペースだ。3列目でも快適である。

 また、上質な3.3LのV型6気筒と3.2Lの新世代ディーゼルターボを積んでいることもチャームポイントだった。余裕あふれる動力性能のエンジンを積み、サルーンのように優雅な走りを披露する。

 しかも、その気になれば驚くほどの俊足だ。

トヨタが先手を打ったミニバン戦争。グランビアはその先駆けともいえるがエルグランドの登場でそのシェアはしりすぼみになった

 トヨタは、ひと足先にグランビアを最上級ミニバンとして発売していた。こちらも3ナンバーの3Lと2.7Lエンジンを積んでいる。

 だが、3Lはディーゼルターボだったし、2.7Lは4気筒エンジンだった。快適性は高く、装備も充実していたが、エルグランドが発売されると販売台数は大きく落ち込んでいる。

 打倒エルグランドに燃えるトヨタは、ライバルを徹底的に分析・研究した。そしてトヨタ車体と共同で新世代のミニバンの開発に着手したのである。

 2002年5月21日、日産は満を持してエルグランドのモデルチェンジを行った。2代目はキープコンセプトのデザインだったが、スポーティなルックスとしている。

 エンジンは3.5LのV型6気筒だけの設定だ。駆動方式は後輪駆動を基本に、アテーサE-TSを進化させたオールモード4×4と呼ぶ4WDがある。

FR最後のエルグランドとなったE51型。独創的なインパネなどもあり人気はあったが後に登場するアルファードはもっと凄かった

 ロングスライドシートを採用し、3列目でもキャビンは広く快適だった。

 その翌日の22日、トヨタはグランビアの後継となるアルファードを発表している。メッキを多用したエクステリアは、風格を感じさせるデザインだ。押しの強いフロントマスクが目を引いた。

 また、インテリアも豪華さを前面に押し出している。エンジンはハイメカツインカムで、3LのV型6気筒に加え、2.4Lの直列4気筒を設定した。

 4気筒エンジン搭載車はコスパが高く、買い得だ。FFベースだからキャビンも広く、快適である。

エルグランドとたった1日の違いで登場したアルファード。内装の完成度などで非常に多くのファンを獲得。ついにエルグランドを追い抜く

 アルファードは発売されるや好調に売れ行きを伸ばした。エルグランドはクラストップの座から追い落とされたが、VIP仕様や改良型のハイウェイスターを投入して対抗している。

 また、2.5LのV型6気筒エンジン搭載車も送り込んだ。この熾烈な販売合戦は3代目まで続いた。

 しのぎを削って競い合った両車は、その結果、世界に誇るラグジュアリーなフルサイズミニバンへと成長を遂げている。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ