アルファードが王者を抜いた!! 地味だけど切磋琢磨した名車勝負 5選


切磋琢磨した名車たちといえばすぐ思い浮かぶのが「ランエボvsインプレッサ」など。しかしよくあるライバル対決にはあまり出てこない、地味に切磋琢磨した名車たちもあります。

特にスポーツモデル以外ではなかなか目立たないものが多いが、快適性や実用性向上のためにライバルを徹底的に研究して、ネガをつぶして新型につなげるなんて開発も盛んだった。

今回は目立たないけれど、ライバルがいたからこそ名車に育ったクルマたちを揃えました。

文:片岡英明/写真:ベストカー編集部


■アルトとミラの戦いは馬力から燃費へ

軽自動車の販売がどん底にあった1979年春にスズキはボンネットバンのアルトを発売した。

税制面で優遇されていた軽商用車だったから、税制の盲点を突いて47万円という驚異的な低価格で発売している。

アルトはスズキの代名詞ともいえる軽自動車だが、47万円という低価格で話題になった。そして実用性も兼ね備えた完成度の高さも現代のスズキの軽自動車作りにつながる

商用車だが、キャビンは不満のない広さだし、走りもいい。だから大ヒット作となった。その1年後の80年6月に、ダイハツはミラ・クオーレ(82年にミラと改名)を送り出した。

これ以降、アルトとミラは熾烈な販売合戦を繰り広げ、550cc軽自動車を黄金時代へと導いている。後発のミラは時代に先駆けて4WDモデルやターボ、ウォークスルーバンなどを送り込む。

2代目のときにはエアロパーツをまとい、ターボで武装したスポーティな商用車、ミラTR-XX (ダブルエックス)を投入した。

ミラTR-XXはスポーティな存在だ。これに対応すべくスズキからは伝説のアルトワークスが登場する

アルトも負けていない。1986年に軽自動車初のDOHC4バルブエンジンを積み、1987年2月には3気筒DOHC4バルブエンジンにインタークーラーターボのアルトワークスを放っている。

ネット出力で64psを絞り出すジャジャ馬だったから、FF車に加え、フルタイム4WDも設定している。64psの自主規制の原因を作ったのが、このアルトワークスだ。

1998年秋に660ccの軽自動車は新規格になり、この時期に登場した5代目からアルトとミラは衝突安全性能を大幅に引き上げた。

超韋駄天だったアルトワークス。軽自動車の高出力競争に終止符を打つほどの衝撃を与えた1台。未だにアルトワークスが存続しているのは嬉しい限り

また、21世紀になると燃費競争も激化している。低燃費技術を積極的に導入したのは7代目のときに加わったミライースからだ。

燃費競争に火をつけたダイハツに対抗し、スズキも低燃費シリーズのアルトエコを送り込んでいる。

また、現行モデルでは燃費に加え、先進安全装備を盛り込み、上級クラスをしのぐ安全性能を手に入れた。手強いライバルがいたから、アルトとミラは一級の実力派になったのだ。

■ファミリアとシビックはFFハッチの頂上決戦

1980年夏、コンパクト・ファミリーカー市場に旋風を巻き起こしたのがマツダのファミリアだ。

初代のVWゴルフを徹底研究して開発し、FF方式に生まれ変わったファミリアは、発売されるやデートカーとして大成功を収めている。

5代目ファミリアの限定車スポルトヨーロッパ。タイヤはピレリ、シートはレカロ、ステアリングはイタルボランテなど、ヨーロッパを全面に押し出したモデルだった

陸サーファーを生むなど、ヤングを引きつけたのは、電動サンルーフやラウンジシートなどを標準装備した赤い3ドアHBの1500XGだ。

また、ドレスアップブームにも火をつけている。エアロパーツやドアミラーを装着したファミリアが街にあふれた。発売されるやカローラとサニーからベストセラーカーの座を奪った。

このファミリアに対抗心を燃やしたのがFF2BOXの元祖、シビックだ。

1983年9月に登場した3代目の「ワンダーシビック」はロングルーフを採用したスポーティなルックスが話題を呼び、クリーンヒットを飛ばしている。

ホンダといえばシビックとまで言われたほど支持を得たワンダーシビック。ワンメイクレースも始まるなどモータースポーツのイメージも強かった

高効率の3バルブエンジンに加え、スポーティグレードのSiには1.6LのDOHC4バルブエンジンを搭載した。

1985年秋にファミリアはモデルチェンジし、DOHCターボやフルタイム4WDによってスポーティ度を高めた。

これに対し1987年に登場した第4世代の「グランドシビック」は、自然吸気エンジンだけで直球勝負を挑んでいる。

シビックは進化を続けついに可変バルタイ「VTEC」を導入。そしてシビックタイプR登場へと物語は続く

気持ちいいDOHCエンジンに加え、1989年秋には可変バルブタイミング&リフト機構のDOHC・VTECを投入。ドラマチックな加速を見せたのである。

ライバル関係にあったファミリアとシビックは、トヨタと日産と違うアプローチでひと泡吹かせ、コンパクトカーの楽しさを多くの人に伝えたのだ。

次ページは : ■GDIとハンドリングで名勝負!! ギャラン vs プリメーラ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ