スバル歴代STIコンプリートカー 平成を彩った超希少名車 5選


発売すれば即完売! スバルのハイパフォーマンス車両を手掛ける「STI」コンプリートカーの最新作が、今月14日、米国デトロイトショーで発表された「S209」だ。日本仕様のWRX STIとは異なる2.5L水平対向エンジンは、歴代最高となる約345馬力を発揮する相変わらずのスパルタンぶりで大いに注目を集めている。

残念ながらS209の日本発売はない。……しかし、ただでさえ高性能な量産仕様に専用チューンを施し、発売する度に即完売した数々のSTIコンプリートカーが、これまでに登場してきた。

「超痛快な走りなら最新作にも引けを取らない!」というモデルから、“変化球”まで含めて、本稿ではスバルに造詣が深い筆者が、実際に乗って特に印象に残った5台の歴代STIコンプリートカーを紹介したい。

文:片岡英明
写真:編集部、SUBARU


S204/2005年発売

S204/全長×全幅×全高:4475×1740×1410mm、車重:1450kg、最高出力:320ps/6400rpm、最大トルク:44.0kgm/4400rpm、価格:480万9000円(限定600台)

今につながるSTIのSシリーズの端緒となった作品が「S203」で、2代目のWRX STIをベースにしたコンプリートカーだった。

EJ20型水平対向4気筒DOHCターボエンジンのクランクシャフトやターボなどの可動パーツは専用設計で、最高出力は320psだ。

エクステリアはドライカーボン製のアンダースカートや可変式のウイングスポイラー、チタン製マフラーが目を引いた。STI初のレカロ製カーボンバケットシートも注目の装備だ。EJ20型エンジンは実用域のトルクが太くなり、ハンドリングもコントロール性も向上するなど、新しい次元に踏み込んでいる。走りの質感が高められ、疲労もグッと少なくなった。

が、個人的には、その発展型として2005年に限定発売された「S204」が大人っぽくて気に入っている。パンチがあり、痛快な走りに加え、質感も高められたからロングドライブでも快適だ。

S203から採用されたパフォーマンスダンパーの効果は衝撃だった。これを受け継いだS204はターンイン後の舵の正確性が向上し、レーンチェンジのときの揺り戻しも上手に封じている。

ハンドリングは一段と素直で、スタビリティ能力と直進性も向上していた。乗り心地がよくなったことも特筆したい。EJ20型エンジンはトルクバンドが広がり、扱いやすくなっているなど、長く付き合える。

R205/2010年発売

R205/全長×全幅×全高:4415×1795×1465mm、車重:1470kg、最高出力:320ps/6400rpm、最大トルク:44.0kgm/4000rpm、価格:473万5500円(限定400台)

S204より公道での痛快な走りにこだわった「R205」も魅力的なコンプリートカーだ。

“R”はロードスポーツの頭文字を取ったもので、ニュルブルクリンク24時間レースで培ってきたノウハウを注ぎ込んでいる。ボディとサスペンションを徹底的に補強し、剛性感たっぷりの走りを手に入れた。自慢のフレキシブルタワーバーに加え、リアのブッシュ部をピロボール化している。

また、フレキシブルサポートやフレキシブル・ドロースティフナーも採用し、切れ味鋭い走りを身につけた。

R205はオーバーハングが短いこともあり、ハンドリング性能は素晴らしい。サスペンションがしなやかに動き、優れた接地フィールを身につけている。それまでのS200シリーズより操っている感が薄く感じられるほどハンドリングは正確だ。

ただし、3代目インプレッサはインテリアの質感が今一歩にとどまる。これが惜しいところだ。

次ページは : S208/2017年発売

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ