乞う復活!! 今あったら絶対欲しくなる!! バカ受け確実な装備たち

乞う復活!! 今あったら絶対欲しくなる!! バカ受け確実な装備たち

 時代が進むに連れてクルマの装備も変化する。そして現在は使われなくなったものも多い。だが、なくなってしまった装備の復活を願う人は意外に存在する。そこで今回は、できれば復活してほしい懐かしの装備を紹介していこう。アナタがいらいないと思っていても、実は支持する人も多いのだ。

文/長谷川 敦 写真/トヨタ、Newspress UK、ポルシェ、ホンダ、マツダ、MOMO、写真AC

なくなった理由は安全性? 「でも、あってもいいんじゃないか?」の装備3選

●見やすさならドアミラーより上!? 「フェンダーミラー」

乞う復活!! 今あったら絶対ほしくなる!! バカ受け確実な装備たち
1983年にドアミラーが解禁されるまで、国産車のサイドミラーはすべてフェンダーに装着されていた。これはこれで味のあるスタイルではあったのだが……

 現在の国産車ではトヨタのJPN TAXIのみに装備されるフェンダーミラー。かつての国産車はこのフェンダーミラーが義務化されていたが、海外ではドアミラーがポピュラーで、これが輸入車への障壁になっていた。

 そこで1970年代には輸入車においてドアミラーが解禁となり、国産車も1983年に装着が可能になった。これで見た目もスマートなドアミラーが一気に広まり、国内でもフェンダーミラー車はほぼなくなってしまった。

 しかし、フェンダーミラーは目線の移動が少ないため後方の確認がしやすく、ボディ幅内にミラーが収まるので狭い道を走る際に有利になるなどの利点もある。実際JPN TAXIが現在でもフェンダーミラーを採用しているのはこれらが理由だ。

 フェンダーミラーには、人通りの多い道路で歩行者と接触してしまう可能性がドアミラーより高いなどの難点もあって、おそらく“復権”は望めない。それでもフェンダーミラーを懐かしむ声があるのも事実だ。

●丸いクルマが増えた今こそ復活を! 「コーナーポール」

乞う復活!! 今あったら絶対ほしくなる!! バカ受け確実な装備たち
現行モデルでもオプションでコーナーポールが用意されるケースは多い。それだけ需要があるパーツと言える

 右ハンドル車を運転している際に、どうしてもクルマの左前方は見にくくなる。特にクルマのフォルムが丸かった場合、左の“角”が把握できずにうっかり壁にこすってしまうなどといったケースも……。

 そうしたトラブルを未然に防ぐ目的でフロントバンパーに装着されたポールがコーナーポール(フェンダーポール)だ。これがあれば車の前端までの距離が把握しやすくなり、事故防止にも役立つ。

 だが、最近は「カッコ悪い」「運転下手に見られてしまう」などの理由もあってコーナーポールの装着例は減っている。しかし、ロングノーズボディや前端がすぼまっているフォルムのクルマにコーナーポールが有効なのもまた事実。

 コーナーポールには商店街などの狭い道を走る際に歩行者と接触しやすくなるなどの弊害もあるが、もっと見直されていい装備のひとつだ。

●勝手にロックがかかるのは嫌? 「車速検知自動ドアロック」

 クルマの速度が一定以上になると自動的にすべてのドアがロックされるのが車速検知ドアロック。以前は多くのクルマに搭載されていて、特に自分でロック操作ができない小さな子どもがいるドライバーには重宝された。

 しかし、そのクルマが事故を起こした際にドアロックがかかっていると外部からの救出が遅れてしまうという問題もあり、この機能を好まない人もいた。

 こうした理由と、コストの削減を目的に最近は車速検知自動ロックを装備しないクルマも増えていて、現在ではあまりメジャーな機能とは言えない。機能のオン・オフをドライバーが選べるのなら問題ないのだが……。

次ページは : スタイルの良さなら抜群だけど、いろいろあって消えた機能2選

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ