GRヤリスよりも30年早かった! パルサーGTI-Rにもう一度会いたい!

GRヤリスよりも30年早かった! パルサーGTI-Rにもう一度会いたい!

 日本車が高性能化の道をひた走っていた1990年。まだランエボもインプレッサも存在しないこの時代に、日産がラリー参戦を想定した1台のコンパクトカーを発売した。その名は「パルサーGTI-R」。大衆車のパルサーをベースに、ツインカムターボエンジンと4WDシステムを組み込んだ怪物。その過激すぎた中身を紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/日産自動車

■全長4mのボディに230psエンジンを押し込んだ!

パルサーGTI-R
パルサーGTI-R

 もともとパルサーとは、サニーの弟分だった「チェリー(1970~1978年)」の後継車として、1978年に登場したコンパクトカーだ。世界各国で販売されるグローバルカーとして多彩なボディとエンジンをそろえた点が特長で、若者から熟年層まで多くのファンを獲得していた。

 いっぽうで日産は1950年代から海外ラリーに挑み続けており、そのベース車両はラリー規則や技術的なトレンドを受けて刻々と変化してきた。「公道のF1」と言われたグループBが1986年に幕を閉じ、ベース車に5000台の生産を義務付けるグループAが始まると、日産は小ぶりなボディにハイパワーエンジンと4WDシステムを組み合わせたパッケージングが有利と判断し、パルサーをベースとしたラリーカーの開発に着手する。こうして生まれたのがGTI-Rなのだ。

 そのなりたちだが、ボディサイズは全長3975×全幅1690×全高1400mm。車格的には現行のトヨタ ヤリスに近いが、ヤリスに対して120mm短い2430mmというホイールベースが時代を物語る。エクステリアでは、ボンネットに追加された巨大なパワーバルジと大型のリアスポイラーが目印。遠くからみても、ただのパルサーではないことがひと目でわかった。

 エンジンルームに押し込まれたのは、明らかに車格と不釣り合いなSR20DET型4気筒エンジン。ブルーバードやシルビアにも積まれた2Lツインカムターボだが、パルサーではさらに4連スロットルを組み合わせ、230psというパワーを絞り出した。

 凝った4WDシステムも搭載されている。日産は1987年に登場したU12型ブルーバードに、機械式センターデフとビスカスカップリングを組み合わせた「ATTESA」を搭載し、高い評価を得ていたのだが、パルサーはそのシステムをそっくり移植し、トラクション性能と曲がりやすさを兼ね備えたスポーツ4WDマシンへと変貌を遂げていた。

 おまけにGTI-Rは軽かった。安全対策などが比較的手薄だった当時とはいえ、その車重はわずか1220kgしかなく、230psというパワーをもってすれば容易に振り回すことが可能だった。

 実際その動力性能は目を見張るもので、当時のベストカーのテストによれば、筑波ラップ1分11秒88、0-400m13.75秒をたたき出している。比較のため同条件で走ったR32型スカイラインGT-Rが筑波ラップ1分11秒44、0-400m13秒44だったから、「GT-Rイーター」という評判はダテじゃなかったわけだ。

次ページは : ■ハイパワー4WD時代はこのクルマが作った!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ