なんでここまで神経逆撫ですんの!!? ガソリン高騰の理不尽 いつまでガマンすればいい?

なんでここまで神経逆撫ですんの!!? ガソリン高騰の理不尽 いつまでガマンすればいい?

 ガソリン価格の高止まりが続いている。3カ月連続でガソリン価格が上がった場合は、特例税率分の徴収をストップするというトリガー条項があるのになぜ発動されない。「ガソリン税×消費税」という二重課税だって放置状態。ガソリン関連の理不尽ってなんでここまでユーザーの神経を逆なでするのか??

※本稿は2022年12月のものです
文/国沢光宏、写真/AdobeStock(メイン写真=tokyo studio@AdobeStock)、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2023年1月26日号

■ガソリン関係はドライバーの怒りの宝庫だ!!

ガソリンは高値安定で推移。ガソリンスタンドの価格表示を見るたびに怒りよりもため息が続く……
ガソリンは高値安定で推移。ガソリンスタンドの価格表示を見るたびに怒りよりもため息が続く……

 ガソリン価格に怒りを感じる最大の要因は「価格決定の不透明さ」にあると思う。

 御存知のとおりガソリン価格って海外の原油先物相場の上昇を受け、すぐ値上がりする。

 しかし下がるのは「今売っているのは高く仕入れたガソリン」などと言い訳して相当のタイムラグがあります。直近を見ても原油のダブつきを受け、代表的な先物相場であるWTIが1年ぶりにバレル70ドル台を付けた。

 本来ならレギュラーの価格は2021年の相場である150円台後半+為替相場の変動を受けた160円代後半になるべきだ。

 なのに実際は20円のガソリン補助金を受けているのに168円! 20円がどこかに消えてしまっている! 百歩譲って税金なら国がどこかに使うが、補助金の20円分は消えてる!

 そいつを明らかにさせない責任は経産省にあると思うが、いずれにしろ酷すぎて話にならない。

 そのほか、53.6円のガソリン諸税にまで消費税という税金を掛けるという「タックスonタックス」がそのまんま通用していたり、そもそも53.6円というガソリン諸税は暫定であり本来の税額って25.1円だ。

 もっと言えば、ガソリンと軽油の税率差だって理解しがたい。燃料課税は道路の維持などに使われるが、軽油で走る大型トラックは乗用車1万倍も道路を傷める。なのに安い。

 こういったデタラメの原点になっているのが「文句を言わない国民性」にあると思う。

 考えてみたら国民に多大な犠牲をもたらした太平洋戦争すら、最後まで国民は文句を言わず困窮&死んでいった。

 地方に行けば生活必需品になっているとはいえ、クルマに乗れる余裕のある人は黙って払っているんだと思う。

 ということで私がいくら怒っても政治家を選ぶ皆さんが怒らないからアカンです。

次ページは : ■解決策はガソリンに依存しないアレしかない!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ