レクサス 新型RX買うなら電動モデル!! ハイブリッドとPHEVの完成度はピカイチ

レクサス 新型RX買うなら電動モデル!! ハイブリッドとPHEVの完成度はピカイチ

 2022年11月18日、レクサスはフルモデルチェンジを果たした新型RXの発売を開始した。グローバルで最も売れているレクサス車、つまり高級SUVの日本代表ともいえるRX。雄大な富士山のもと、自動車評論家 清水草一がPHEVの「450h+」、ガソリンエンジン「350」、パフォーマスモデルの「500h」に試乗。その仕上がりをチェックした!

※本稿は2022年12月のものです
文/清水草一、写真/LEXUS、ベストカー編集部 ほか、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2023年1月26日号

■見た目に大きな変更なしも上品でカッコいい

レクサスで最も売れているRXがフルモデルチェンジ。純ガソリンターボ/ガソリンターボHV/PHEVの3種類で登場
レクサスで最も売れているRXがフルモデルチェンジ。純ガソリンターボ/ガソリンターボHV/PHEVの3種類で登場

 レクサスRXはレクサスの大黒柱。最量販車種につき、これが売れなきゃレクサスが困る。レクサスブランドはRXでオマンマを食ってるのだ。

 そのRXが7年ぶりにフルチェンジを受けた。人もクルマも見た目が8割と申しますが、まずルックスはどうだ?

 あんまり変わってません!

 豊田章男社長は、「ヒットしているからこそ大胆に変えろ」と指示したそうですが、私には超キープコンセプトに見える。

 スピンドルグリルからスピンドルボディへの進化も、グリルの上部やサイドがボカシっぽくなっただけで、特に新しさは感じない。

 ルーフが浮かんだようなリアピラーの造形もほぼそのまんま。

先代型から採用のルーフが浮いて見えるフローティングピラーも健在
先代型から採用のルーフが浮いて見えるフローティングピラーも健在

 でもまぁRXは、もともとスタイリッシュだった。

 上品でカッコいいのにどこか控え目な雰囲気は、女子受け度満点。品のいいお金持ちが乗るクルマとして、世界中で絶大な支持を集めていた。

 その正常進化版に文句を付けるつもりはございません。ただ、先代よりグッとカッコよくなったということもありません。

 当初用意されるパワートレーンは3つ。

 新設されたパフォーマンスモデルである2.4Lターボハイブリッド「500h」、NX搭載の2.5Lハイブリッドをプラグイン化した「450h+」、そして2.4Lガソリンターボの「350」だ。

 海外向けにはある2.5Lハイブリッドの「350h」は、供給不足によりとりあえずナシ。

 当初の販売比率はガソリンターボの「350」が7割を占めると予想されております。

次ページは : ■モーターのパワフルさを味わうとガソリン車は物足りなく思う

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ