最新作公開前にもう一度ブライアンに会いたい!! ポール・ウォーカー最後の出演作「ワイルド・スピード SKY MISSION」

最新作公開前にもう一度ブライアンに会いたい!! ポール・ウォーカー最後の出演作「ワイルド・スピード SKY MISSION」

 多くのクルマ好きに刺さりまくっている映画といえば『ワイルド・スピード』シリーズをおいてほかにないはずだ。多くの日本車が登場し、またスタッフや俳優が日本を訪れるたびに話題となっている。5月には最新作『ワイルド・スピードX』(仮)の公開も予定されている。

 今回は人気俳優ポール・ウォーカーが最後に出演した『ワイルド・スピード SKY MISSION』をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

■ワイスピ二枚看板のひとり、ポール・ウォーカーの遺作

ブライアン・オコナー役で3作目を除く全作に登場していたポール・ウォーカーは、本作撮影期間中に不慮の事故で亡くなった。本作はポールの遺作、ポールに捧げる作品として上映された (C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
ブライアン・オコナー役で3作目を除く全作に登場していたポール・ウォーカーは、本作撮影期間中に不慮の事故で亡くなった。本作はポールの遺作、ポールに捧げる作品として上映された (C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 2023年の車ファンがもっとも楽しみにしている映画と言えば、5月に日本公開予定の『ワイルド・スピードX』(仮)。メインのシリーズは全11作で(一応)終わりと発表されていて、本作と11作目が前後編になっているのではないかというウワサもある。

 監督は、ジェイソン・ステイサムのカーアクション『トランスポーター』シリーズの2作を手掛けたルイ・レティリエというのも期待が高まってしまう理由のひとつだ。

 その10作目を観る前におさらいしておきたいのがシリーズの過去作なのだが、今回は7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)をピックアップした。

 本作を選らんだ理由は、ドミニクことヴィン・ディーゼルと同じようにシリーズの“顔”だったブライアンことポール・ウォーカーの遺作となったから。そのつもりで観ると非常に感慨深い作品になっているからだ。

 また、本作でもうひとつ重要なのは、デッカード・ショウを演じるジェイソン・ステイサムの本格的参入だ。

 前作の『EURO MISSION』(2013)の最後、それもエンドクレジットが流れ始めてから、東京でドムの仲間ハンの車を猛追して彼を殺し(!?)、ドムのものと思われる携帯に「すぐにオレを知ることになる」と意味シンなメッセージを残す謎の男として顔を出す。

 本作では冒頭、意識不明状態で入院中のオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の元を訪れる男として登場し「兄のオレがカタをつけてやる」と復讐を宣言。ここでやっと彼のキャラクターがオーウェンの兄、デッカードであることが判明する構成になっている

 ドムたちは“神の目”と呼ばれる監視プログラムと、それを作ったハッカーを犯罪組織から奪還するのが仕事なのだが、ことあるごとにデッカードが現われ、ドムたちに復讐しようとする。

 ということは、ドムたちはふたりの敵と闘わなければならず、その分、アクションもてんこ盛りだし、登場する車の数もハンパない。破壊される車の数は軽く230台を超えるとも言われているほどだ。

次ページは : ■過剰化するアクション! 第1作の強盗団から世界を救うスーパーチームへ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!