冷静にジムニー5ドアってそんなに欲しいか!? 使い勝手とかホントにいるのか問題

冷静にジムニー5ドアってそんなに欲しいか!? 使い勝手とかホントにいるのか問題

 ジムニー5ドアが出る!! と長らく言われているが、実際のところ本当に日本に登場したらどんな感じなのか? というのも確かにジムニーはいいクルマだけどファミリーで使うには……という側面も。5ドアになったからといってそんなにいいのか!? 勝手に予想しちゃお

文/小鮒康一、写真/SUZUKI

■3ドアの納期が未だ長い!! 日本導入は落ち着いてからか!?

2023年1月にインドでお披露目されたスズキ ジムニー5ドア(左)
2023年1月にインドでお披露目されたスズキ ジムニー5ドア(左)

 2023年1月にインドにて実車がお披露目となったジムニーの5ドアモデル。以前からその登場が予想されていたが、待望の正式発表ということになった。

 ジムニーの歴史上、初の5ドアモデルということで注目度も高い1台ではあるが、今回発表されたのはあくまでインド仕様車。生産もインドにあるマルチ・スズキ・インディアの工場で生産されるため、少なくともインドで生産されたモデルを日本で販売することはないだろう。

 実際、スズキとしても現時点での日本国内でのジムニー5ドアの発売の予定は当面ないとアナウンスしている。これは未だにジムニーの長納期の解消のめどが立っておらず、ここで新たなバリエーションを追加しても、現場の混乱に拍車をかけるだけということも少なからず影響していると考えられる。

■5ドアに軽はなし!! ベースはシエラだ

ジムニーの登録車版となるスズキ ジムニーシエラ。インドでの「ジムニー」は日本での「ジムニーシエラ」のこと。つまり、日本でジムニー5ドアが販売されるとしても、当然「ジムニーシエラ5ドア」となる
ジムニーの登録車版となるスズキ ジムニーシエラ。インドでの「ジムニー」は日本での「ジムニーシエラ」のこと。つまり、日本でジムニー5ドアが販売されるとしても、当然「ジムニーシエラ5ドア」となる

 スズキが言うように、すぐに日本国内に導入されることはないと思われるジムニー5ドア。だが、ネットの声などをみると日本への導入を熱望している声も少なからず存在している。では、実際に日本に導入されたらどうなるのだろうか?

 まず「ジムニー5ドア」と言ってはいるが、インドでは日本でいうところのジムニーシエラがジムニーとして販売されている。インドには軽自動車枠という概念がないから当たり前ではあるのだが、つまり日本にジムニー5ドアが導入されるとしても、軽自動車ではなく普通車での登場となるのは決定稿だ。

 例えオーバーフェンダーを省いて全幅を軽自動車枠に収めたとしても、シエラよりも435ミリも長くなった全長はどうしようもないというのもその理由のひとつである。

 つまり日本で販売されるとなると「ジムニーシエラ5ドア」ということになり、軽自動車ではなくなるという点は購入を検討するユーザーのハードルをひとつあげることになるのではないだろうか?

 ジムニーの人気の理由には高い走破性や豊富なカスタムパーツなど、さまざまな理由が存在するが、維持費の安い軽自動車であることも、ジムニーをチョイスする大きな理由のひとつだろう。

 実際、新型となったことでシエラの人気も先代に比べて高まったとはいえ、今でも軽自動車のジムニーの方がシエラの倍以上の販売台数を記録しているという事実からしても明白だ。

次ページは : ■群雄割拠のSUV市場!! しかも5ドアでも4名定員で日本で売れるのか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します