え、そこも違うん!? 新型プリウス買うなら最上級Zってなるワケが衝撃

え、そこも違うん!? 新型プリウス買うなら最上級Zってなるワケが衝撃

 車両本体だけで370万円と高額なプライスながら、最上級グレードを激推しする記事が多いように思う。ちょっと高い気もするが、実は専用装備だらけなのだ。なにもオーディオが……という類ではなくガラスや遮音材など超細かい部分が全然違う!! 新型プリウスの最上級グレードを推せるワケ教えます!!

文・写真:ベストカーWeb編集部

■最上級グレードだけ選べる必須のアイテムも!!

Zのも12.3インチモニターが標準装備。ほかは8インチまたはオーディオレスとなる
Zのも12.3インチモニターが標準装備。ほかは8インチまたはオーディオレスとなる

 大注目の新型プリウスは全3グレードをラインアップ。価格は275円~370万円(FFモデル)とかなり幅が存在する。そして今回初採用となった2リッターモデルは320~370万円となっており、50万円もの価格差が存在するのだった。

 だが、様々なメディアで買いは最上級のZだ!! といった内容を目にするが、本当にそうなのか!?

 新型プリウスのZグレードは12.3インチの超大型ディスプレイオーディオに自動防眩ミラー。そして前席ベンチレーションなどがすべて標準装備。ちなみに1997年に登場して以来、ベンチレーション機能が付いたのは史上初!!

 そしてZだけ選べるブラインドスポットモニター、前後方録画するドラレコなど、特別感満載なのだった。これだけでもZがイイのでは? と思えるほどの充実っぷりである。

■ガラスも違う!? 車内の快適性はZが随一

ラゲッジは410Lだが、1.8リッターモデルは422Lとわずかな差が!!
ラゲッジは410Lだが、1.8リッターモデルは422Lとわずかな差が!!

 でも実はそれ以外に細かい部分でも差別化を敢行!! まずはフロントのサイドウィンドウがすべて合わせガラスに変更。遮音材もほかのグレードより多く投入しているという。得筆すべきはエンジンルームと車内を隔てるダッシュパネルに装着されるダッシュインナーサイレンサーにも秘密が!! その中にゴム板を追加し、車内に雑音をより侵入させない工夫も施されているのだ。

 ちなみに2009年にデビューした3代目プリウスは上からG・S・Lという順であり、最廉価盤のLは燃費追求すべく遮音材などを極限まで減らしていた。今回の新型プリウスの最上級グレードZはいわばその逆で、より快適性を高めているというワケ。

 もちろん合わせガラスの採用も車内への雑音の侵入を防ぐためで、新型プリウスの中でもっとも静かな仕上がりなのだ。

 370万円という価格は決して安くはないが、大型ディスプレイなどが標準装備な点。そして超細かい部分の差別化まで図っているなど、トータルで考えればほかのグレードよりむしろお得感満載なのだ。そう考えると新型プリウスを買うならZだ!! と十二分に推せるというワケです。

【画像ギャラリー】新型プリウスの最上級グレードZだけの装備イッキ見!!(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号