打倒N-BOXで10年!! スペーシアはどうすりゃ勝てる!?

打倒N-BOXで10年!! スペーシアはどうすりゃ勝てる!?

 強すぎるN-BOX!! スペーシアが誕生から10年を迎えるが、未だ販売台数で勝てた年はないという状態。だが、SUV風のギアなどを追加し新たな顧客を獲得するなど、大健闘している。スペーシアは何が足りないのか!? 勝つにはどうしたら!?

文:青山尚暉/写真:ベストカーWeb編集部

■N-BOX一強かと思いきや……スペーシアも大健闘中!?

王者N-BOXもライバルに負けじと地道な改良を実施中。モデル途中で内外装と先進装備強化など全方位で進化し続けているのだ
王者N-BOXもライバルに負けじと地道な改良を実施中。モデル途中で内外装と先進装備強化など全方位で進化し続けているのだ

 ホンダのスーパーハイト系軽自動車のN-BOXの快進撃が止まらない。何しろ2017年8月に登場した2代目は、いきなりスタートダッシュ。軽自動車販売台数NO.1の常連であり、直近2022年度の登録車を含む国内販売台数でもNO.1を獲得しているのだ。

 2023年2月の軽自動車販売台数を見ても、N-BOXは1万9652台を販売。ここのところライバルであるダイハツ タントの1万2743台、スズキ スペーシアの9790台、日産ルークスの9140台を大きく凌いでいる。

 コロナ禍、半導体不足で新車の販売がガクリと落ちた2022年の5月には、打倒N-BOX!! のスペーシアが健闘。販売台数は8670台と落ち込むものの、2位のN BOXの8631台を僅差でリードし、念願の軽自動車販売台数1位を獲得している。

■一方スタート価格とラインアップはスペーシア強し!! この差は一体……

スズキ・スペーシア ベース登場で魅力倍増! 4ナンバー軽自動車は5ナンバーとはここが違う
SUV風のギアに商用モデルのベースの追加など、クラス随一のラインアップもスペーシアの魅力!! しかも唯一のマイルドハイブリッドも採用

 とはいえ、2022年1~12月の年間乗用軽自動車販売台数では、1位のN-BOXの20万2197台に対して3位につけるスペーシアは10万206台と、N-BOXの半分ほどでしかない。

 では、スーパーハイト系軽自動車というと同カテゴリーのクルマで、N-BOXとスペーシアはどうしてそこまでの差が、カスタム、ギア、商用車のベースというより多くのラインナップを持ちながら開いてしまうのだろうか。

 これまで、何度となくN-BOXとスペーシアの比較試乗を行ってきたが(もちろん、タントやルークスも合わせて)、N-BOXに対するスペーシアの商品力は決して負けていない。

 一部装備の充実度や走行性能でもなかなかの出来栄えであり、カスタム系の顔つきに至っては、もはやスペーシアのほうがグリルが巨大で立派に見えるほど。

 価格的にもマイルドハイブリッドを採用していながらスタート価格はN-BOXの144.87万円に対してスペーシアが139.48万円とリーズナブルなのである。

 スペーシアがN-BOXに対して販売台数で敵わない(2022年5月は除く)理由のひとつとして挙げられるのが、販売店の数。ホンダの販売店に対してスズキの販売店はほぼ半数にすぎない……。

次ページは : ■サイズもほぼ一緒も最大の差は後席にアリ!? 広さ座り心地ともにN-BOX優勢

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します