次期型はどうなる?? GT-Rよ永遠なれ!! ”平成”GT-Rたちの進化を振り返る

 第二世代スカイラインGT-Rといえば切れ味するどい直6エンジン「RB26DETT」、そして革新的4WD「アテーサE-TS」を装備し日本車の歴史を変えた車種だ。

 1989年(平成元年)のR32から始まった第二世代GT-Rはモータースポーツでも無敵の強さを見せつけ、多くのファンを魅了した。

 そんなGT-Rたちが育ってきた平成がもう終わろうとしている。R35という世界的スポーツへと昇華していったGT-Rを、いまいちど振り返りたい。

文:片岡英明/写真:平野学
ベストカー2019年3月10日号


■”GT-R”はレースで勝つための最強遺伝子だ

 レースで勝つために生まれてきたスカイラインGT(後の2000GT-B)からバトンを託された孤高のスポーツセダンが初代GT-Rだ。

 公道でもサーキットでも圧倒的な走りを見せつけ、敵なしの強さを誇った。GT-Rはスカイラインをベースに誕生したが、エンジンは専用設計である。

初代GT-Rであるハコスカ(後に2ドアも登場)。初代GT-Rは約3年間でモータースポーツ通算52勝(49連勝)を達成するなど、スカイラインの歴史に「モータースポーツ」のイメージを強く残した

 これ以降、超弩級のパフォーマンスを発揮するクルマでないと「GT-R」を名乗ることはできなくなった。

 長年にわたってスカイラインの開発に携わっていた櫻井眞一郎さんは「生半可な性能のクルマではGT-Rを名乗れないのです」と語っている。

 昭和の時代、GT-R待望論が何度も出た。が、そのたびに開発陣によって握りつぶされている。6代目のDR30、スカイライン2000RSとRSターボは「史上最強」を謳い、突出した性能の持ち主だった。

 が、直列4気筒のDOHC4バルブだったこともあり、GT-Rのネーミングは与えられていない。

先頭がR32 GT-R。鮮烈な走りはレースのみならず、市販車でも体感できるものだった。平成と同時にGT-Rの最強DNAが復活した

 年号が平成に変わった1989年5月、8代目のR32スカイラインがベールを脱いだ。

 この時、16年ぶりにスカイラインにGT-Rを冠した超高性能モデルが復活し、8月に市販に移されている。指揮を執ったのは、櫻井眞一郎氏の一番弟子の伊藤修令氏だ。

 8代目スカイラインは、ポルシェに代表されるヨーロッパのスポーツモデルを凌駕する、ダイナミックな走りを目標に掲げ、開発が行われた。

 そのリーダーとして開発され、送り出されたのがBNR32型GT-Rである。

 平成のGT-Rは、グループAレースで圧勝するために排気量を2568ccとした。GT-Rの伝統にのっとり、RB26DETT型エンジンは直列6気筒DOHC4バルブだ。

 これにセラミックタービン採用のツインターボを装着し、280ps/36.0kgmを発生。レース仕様は600psまでパワーアップするからチューニングしても壊れない設計とした。これが凄い。

鋳鉄ブロックを採用したRB26DETTはハイパワーにも耐えうる存在。600psをオーバーする出力も余裕で受け止めた(グループAのエンジンは日産工機が制作)。6連スロットルも独特な乗り味を生み出していた

 サスペンションは4輪ともマルチリンクだ。駆動方式はFRではなく電子制御トルクスプリット4WDのアテーサE-TSとしている。

 これは600psのハイパワーを後輪駆動では御せないので4輪駆動としたのだ。あのポルシェ959でも手こずった最先端の4WDシステムをGT-Rは500万円以下の低価格で実現したのだから驚く。

 伊藤修令氏は「レースで勝ち続けることを要求されるクルマがGT-Rですから、4年間は王座を明け渡さない高い潜在性能を秘めたクルマにしました」と、語っている。

 開発の早い段階からグループAレース参戦に向けて最適化を行い、最強のツーリングカーに仕立てた。

 それを証明するように、BNR32型GT-Rは1990年の開幕戦から破竹の快進撃を続けている。

 グループA最終戦となる1993年10月のインターTECまでGT-Rは勝ち続け、29連勝の偉業を達成したのだ。

 速すぎるGT-Rは、グループAレースを滅亡に追いやった。また、ヨーロッパでも速すぎるからとレギュレーションを変えられ、大きなハンディを課せられている。

 それほど抜きん出て速かったのだ。

■直6エンジン終焉と共に終わった第二世代

 これに続くBCNR33型GT-Rはボディを大きくし、ホイールベースも延ばした。が、心臓は改良型のRB26DETT型直列6気筒DOHCツインセラミックターボだ。

 アテーサE-TSとスーパーHICASも受け継ぎ、走りの性能は大きく引き上げられている。

R32からホイールベースが100mm以上も伸びたR33。重量も100kg増えている。大型になったと指摘されているボディではあったが、今となって見ればR34よりも軽量だった

 直列6気筒GT-Rの最終タイプになるのが、1999年1月に登場したBNR34GT-Rだ。開発主管は、R33と同様に渡邉衡三氏が務めている。

 これも開発コンセプトは「究極のドライビングプレジャーの追求」である。メカニズムは正常進化だが、最大トルクは40kgmの大台に乗り、ミッションはゲトラグ社製の6速MTを採用した。

 BNR32以降、13年にわたってGT-Rのメカニズムに大きな変更はない。量産車ベースでも常に王者の走りを見せ、心地よい音色でドライバーを陶酔の世界へと誘ったのである。いかに基本設計が優れていたか、わかるだろう。

ゲトラグ製のトランスミッションを搭載したR34。まさに集大成ともいうべく存在だった。空力などにも配慮されV-Specなどではディフューザーなどが装備された

 R35型日産GT-Rが登場した後も、直列6気筒エンジンを積むGT-Rの魅力は色褪せていない。中古車価格もR35型GT-Rと大差ない。

 絶版になった後も輝き続ける稀代の名車なのである。

■GT-R50周年記念の2019年になにか起きるか?

【TEXT:ベストカーWeb編集部】

 2019年は初代GT-Rが登場してから50周年、さらにR32 GT-Rが登場してから30周年の記念すべき年になる。

 そんななか2018年に突如として発表された「GT-R 50」は50周年を記念したモデルとなるのだが、なんせ1億円以上もするし、50台しか製造されない特別なモデルだ。

 たしかに凄い試みだし、こういうことをできるのも日本車だとGT-Rくらいなものかもしれない。そこに多くのリスペクトは払いたい。

GT-R 50の超ド級な凄みはたしかに50周年にふさわしいけれど、1億2000万円なんて価格は本来の意味ではGT-Rとはいえないはず(GT-R 50の価値はそれ以上だとは思うが)。次のGT-Rが登場する布石になるのだろうか?

 しかしやはり多くの人々が待っているのは新型GT-Rだ。R35は2007年のデビューからすでに12年が経過しようとしている。

 そんな思いもあるなか、忘れてはいけないのが2019年は東京モーターショーが開催されるということ。

R35は世界にGT-Rを知らしめた傑作であるが、イヤーモデルは活発に作られているが大きな進化はない。プラットフォーム自体はハイブリッドにも、SUVにも対応しているというが……

 ゴーン氏の鶴の一声で生まれたGT-Rだけに状況は非常に厳しいのかもしれないが、そこをどうか、新モデルの提案があってほしいと思うのはクルマ好きの悲しい性だろうか。

 そもそもR35の最初のコンセプトモデルは2001年10月24日、東京モーターショーのプレスデーでなんの予告もなしに発表されたことを思い出す。

 2019年の東京モーターショーは10月23日から開催となるが、プレスデーは10月24日にも予定されている。単なる偶然だとは思うが……。

 残念ながら具体的情報は現段階でなにも聞こえてこないのだが、2001年がそうだったように、また世界に誇れる「GT-R」がポーンと出てきてほしい!!

 それともR32が登場するときのように、新型まで十数年の休眠期間が必要なのだろうか?

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ