ええ!? RAV4やカローラクロスがタクシーに!! 東南アジアのタクシー最新事情

ええ!? RAV4やカローラクロスがタクシーに!! 東南アジアのタクシー最新事情

 JPNタクシー登場以降、街中で見かけるタクシー事業者のほとんどがこの車両を採用している。このように国内に大きなシェアを持つトヨタだが、実は東南アジアや欧米でも多くのトヨタ車が走っているのをご存じだろうか? しかもRAV4やカローラクロスといったSUVまでタクシーになっているというのだ! そんなトヨタベースタクシーをご紹介しよう!

文・写真/小林敦志

■タイで開催のモーターショーに展示されたJPNタクシー

第44回バンコク国際モーターショーに展示された「LPG(LPガス)ハイブリッド・タクシー・コンセプト」タイでの法人タクシーカラーに彩られている
第44回バンコク国際モーターショーに展示された「LPG(LPガス)ハイブリッド・タクシー・コンセプト」タイでの法人タクシーカラーに彩られている

 2023年3月末から4月上旬の期間で、タイの首都バンコク市近郊にて“第44回バンコク国際モーターショー”が開催された。その会場内トヨタブースにおいて、黄色と緑のツートーンとなる、タイでの法人タクシーカラーに彩られた、トヨタJPNタクシーが展示されていた。

 タイなので“JPN(ジャパン)”と名乗るわけにもいかないので、「LPG(LPガス)ハイブリッド・タクシー・コンセプト」となっていた。

 タイ語で書かれた、日本でいうところの“空車”や“賃走”を外部に向け表示する“スーパーサイン”や、タイのタクシーメーターなどが装備されていたが、車両自体は日本仕様でタイ風に架装したものとなっていた。

 タイへ旅行に行かれた人ならおわかりのとおり、タイ国内におけるタクシー車両は圧倒的にトヨタ カローラ アルティス(グローバルサイズのカローラセダン)となっており、多人数乗車が可能なMPV(多目的車)やSUVタクシーでも、トヨタ イノーバやトヨタ フォーチュナーなどトヨタ車が圧倒的に多い。

 つまり、タイのタクシーはトヨタ一強状態となっているのである。そのタイでJPNタクシーが展示されたので、カローラからJPNタクシーへ切り替わるのかと思いがちだが、そうでもなさそうである。

 「トヨタはそう遠くない時期にJPNタクシーのモデルチェンジを予定しているとの話もあります。仮にモデルチェンジがあるならば、海外市場に本格導入するとしたら次期型になるでしょう」とは事情通。

 つまり、次期JPNタクシー導入のためのリサーチも兼ね今回展示したのではないだろうかというのである。

 仮にタイでJPNタクシーを普及させるならば現地生産がマストとなる。日本国内でも価格がネックになってタクシー事業者の多くが導入に二の足を踏んでいるのだから、日本からの完成車輸出はありえないと考えていいだろう。

 会場では子どもたちからの人気が高く、また日本への旅行経験があると思われる人が「日本で乗った」という感じで見つめているなど、老若男女問わず注目を浴びていた。

 ただし、日本ではミニバンやハイト系軽自動車などスライドドア車ばかりが走っているが、海外ではスライドドアは日本ほど広く馴染みがあるというわけではなく、とくにタクシー車両となるとかなり特殊な存在となる。事実JPNタクシーは日本以外では香港で活躍しているぐらいとなっている。

次ページは : ■台湾で大きなシェアを持つトヨタ車タクシー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します