レクサス版アルファードも衝撃だけど……上海モーターショーに登場したビックリカー5選

レクサス版アルファードも衝撃だけど……上海モーターショーに登場したビックリカー5選

 2023年4月、上海モーターショーが開催した。そこでは、レクサス新型LMが世界初公開されたことが記憶に新しい。日産パスファインダー コンセプトや、トヨタbZシリーズなどの最新モデルが出展された。今回は、著者がこのショーで気になったクルマ5台を紹介していく。

文/吉川賢一
写真/LEXUS、MINI、BMW、VW、BYD

■上海モーターショー2023 約90万人以上来場!! 気になる5台を紹介

 2023年4月18日から10日間の日程で開催された「上海モーターショー2023」。約90万人以上が来場し、大状況で終えたという。

 欧米では開催規模を縮小していくなか、今回、このモーターショーがメガイベントとなったことは、世界の自動車メーカーが中国市場に期待していることを示している。

 1413台ものクルマが展示されたという上海モーターショー2023出展車のなかから、驚かされた新型車を5台、ピックアップしよう。

■日本にも上陸するぞ!! レクサス新型「LM」プロトタイプ

レクサスの新型LM。中国市場では、初代LMが販売されており、今作で2代目となる
レクサスの新型LM。中国市場では、初代LMが販売されており、今作で2代目となる

 今回の上海モーターショーを語るうえで外せないのは、やはりレクサスの新型「LM」だろう。

 先代LMに対して、全長は5125(+85)mm、全幅は1890(+40)mm、全高は1955 (+10)mm、ホイールベースは3000(+0)mm(カッコ内は先代比)と、全体的に先代よりもひと回り大きくなった新型LM。

 デザインも、レクサスRX風のスピンドルボディとなったことで、ギラギラしたメッキの派手さは若干抑えられたものの、センス良くまとめられた印象だ。

 ホットポイントである4人乗り仕様の後席シートは、もはやファーストクラスばりの高級シート。48インチサイズの大型ディスプレイも、LMを購入する顧客のことをよく考えた仕様となっている。

 日本市場導入の正式予告もあったことで、新型アルファード/ヴェルファイアと並び、日本での登場が待ち遠しい一台だ。

■セダンBEVかつ俊足の持ち主!?? BMW「i7 M70」

BMWのフラッグシップ電動セダン「i7」のハイパフォーマンスモデル「i7 M70」
BMWのフラッグシップ電動セダン「i7」のハイパフォーマンスモデル「i7 M70」

 続いてご紹介したいのは、ド派手な顔のBMW「i7 M70」だ。

 電動セダンのフラッグシップ「i7」にM社のチューニングが施されたハイパフォーマンスモデルという位置づけのi7 M70は、ベースのi7に対して、前後アクスルの駆動用モーターを強化。システム最大出力660hp、システム最大トルクは1015Nm、0-100km/h加速は3.7秒という俊足の持ち主。

 M Sportブーストを作動させると、1100Nmまでアップするギミックもあるなど、遊び心があるのはBMWらしいところといえる。

 バッテリーEVといえばSUVタイプが多い中、超ド級のセダンBEVがつくられたことは驚き。日本の自動車メーカーにも、この手の大型セダンBEVで対抗して欲しいと思う。

次ページは : ■MINIのBEVデザイン良き!「コンセプト・エースマン」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!