質感やデザインが大きく進化した日産車!! それなのに存在感が薄いVモーショングリルの役割とは?

質感やデザインが大きく進化した日産車!! それなのに存在感が薄いVモーショングリルの役割とは?

 自動車メーカーのブランドイメージの一端を担うのは、間違いなくグリルのデザインだ。BMWのキドニーグリルに始まって、国産車ではレクサスのスピンドルグリルが成功を収めている。そして日産はVモーショングリルでイメージアップを狙っている。近年の日産車はデザインや質感の向上に成功しているが、Vモーショングリルはどのような役割を果たしているのだろうか?

文/清水草一、写真/奥隅圭之、日産、ベストカー編集部

■ルークスのマイチェンでグリルデザインを変更

マイチェンでフロントグリルに新時代のVモーションを採用した日産ルークス
マイチェンでフロントグリルに新時代のVモーションを採用した日産ルークス

 日産は3月、ルークスのマイチェンを発表した。最大の変更点は、ハイウェイスターのフロントグリルだ。日産セレナのような、多数の横桟を組み合わせたVモーショングリルに変わった。

 日産のリリースによれば、「フロントグリルに新時代のVモーションを採用し、現行車でも好評な躍動感と高級感に磨きをかけました」とのことである。

 ところでこのVモーショングリル、ユーザーには定着しているのだろうか? 多くのブランドが統一デザインアイコンを採用し、遠くからでも一目で見分けがつくよう、自社のイメージを確立しようとしている。

 もともと統一デザインアイコンは、メルセデスのスリーポインテッドスターやBMWのキドニーグリル、ロールスロイスのパンテオングリルなど、ごく一部の高級ブランドだけが採用していたが、アウディが高級ブランドの仲間入りを目指す過程でシングルフレームグリルを採用。

 この成功をきっかけに、日本ではレクサスがスピンドルグリルに統一。日産はVモーショングリルでブランドイメージのアップを狙った。

 しかしこのVモーショングリル、マツダの5ポイントグリルやスバルのヘキサゴングリル同様、ユーザーの認知度は低く、よほどのクルマ好きでない限り、その名称を知らない。V型のグリルは、グリルの縁の形状として自然で違和感がない分、あまり印象に残らず、結果的に名前を知るところまで行かないのである。

 あまりに印象が薄いことに危機感を覚えた日産は、V字型のメッキ部を太く強調するようになった。先々代セレナから先代セレナへの変更がその典型だ。確かにVは目立つようになったが、太いメッキ部は質感に欠け、全体のデザインイメージは決してアップしなかった。

次ページは : ■質感を高めたエクストレイルのVグリル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します