クタクタだけど不思議な充実感! もうホント楽しすぎ!! 編集部員が「砂子塾」1日体験でドラテク向上へ第1歩

クタクタだけど不思議な充実感! もうホント楽しすぎ!! 編集部員が「砂子塾」1日体験でドラテク向上へ第1歩

 2023年5月11日に富士スピードウェイで開催されたドライビングスクール「砂子塾」に、ひょんなことからベストカーWeb編集部員が体験取材で参加することに。どっぷりと運転漬けとなった一日のレポートをお送りしよう。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/平野 学

■砂子塾とはどんなレーシングスクールなのか?

へっぽこな運転スキルのベストカーWeb編集部員があの「砂子塾」のトレーニングに体験取材で参加することに……
へっぽこな運転スキルのベストカーWeb編集部員があの「砂子塾」のトレーニングに体験取材で参加することに……

 いやもう、その日が近づくにつれ私の心臓はバクバクと破裂しそうなほどの緊張感に包まれていたのだった。そう、2023年5月11日にかの「砂子塾」で1日トレーニングを受けるべく、当日の会場である富士スピードウェイ第2駐車場特設コースに向かった。

 簡単に説明しておくと、砂子塾とはかつて1960年代に日産ワークスドライバーとして活躍した砂子義一氏の息子である砂子智彦氏が代表として主宰しているドライビングスクールのこと。通称“砂子塾”と呼ばれており、砂子智彦氏は“砂子塾長”としての通り名のほうが有名かもしれない。

 砂子塾長は現在、日本初のレーシングシミュレータートレーニングジム「東京バーチャルサーキット」(現在の場所は東京都港区六本木7-18-5ソフィア六本木506号に移転)を手掛けている。こちらも個人的には以前、ベストカー本誌時代に10年前に取材したことがあったのだが、砂子塾長にはこの時以来の取材ということに。

 で、今回はベストカーのファンクラブ「ベストカーMate」のとある古参会員の方から「ボクも砂子塾にはよく参加しているのですが、渡邊さんも一度参加してみませんか?」と誘われたことがきっかけで1日体験取材することとなった。かくして砂子塾長と同塾の東風谷高史事務局長によるご厚意で、スポーツドライブ経験皆無の“チョー初心者ドライバー”として参加することになったワケ。

■クルマを安全に止められるようになるために参加する!

安全にクルマを運転するためには基本知識と基本操作が重要と砂子塾長は参加者にも訴える
安全にクルマを運転するためには基本知識と基本操作が重要と砂子塾長は参加者にも訴える

 砂子塾は「ノークラッシュで上達し、タイムアップする」ことを運営のモットーとしている。砂子塾長によれば、「私たちはサーキット走行のリスクを知っています。そのため、我々のスクールは時として厳しいインストラクションがあります。モータースポーツはほかのスポーツと違い、怪我や死があるからです。最悪な状況にならないためにも、基本知識、基本操作が重要です。この基本をプロフェッショナルドライバーと少人数制の参加者で座学、実技(走行)、そして、プロによる同乗、逆同乗走行を行い、着実にステップアップしてもらうためのカリキュラムを用意しています」とのこと。

 砂子塾は現在、目標として掲げているのが砂子塾メンバーによるレース参戦で、国内ならスーパー耐久シリーズ、海外ならばニュルブルクリンク24時間だという。当然、参加者は皆さんハイレベルなスキルを持つ方が多い“ガチ勢”中心なのだ。

 基本的に砂子塾では参加者が自分のクルマを持ち込んでトレーニング会場で走行するのだが、ポルシェ911&718ケイマン、BMW M2&M3を筆頭に86/BRZなど後輪駆動車がズラリ。

 それというのも4WDやFFより、まずは後輪駆動車で走り込むことでクルマの挙動をよく知ることができるという砂子塾長からのアドバイスあってこそ。これを聞いて今回、私も現行型BRZの6MT車で参加することになった。

 砂子塾での参加メンバーは会場にもよるが、富士スピードウェイP2駐車場の場合はおおむね毎回18台。この台数でないとインストラクターを務める砂子塾長、東風谷事務局長という経験豊富なふたりの目が行き届かなくなるためだからそうな。このあたりはレースでも「無事故・無違反・完走」を強く提言している砂子塾らしさだろう。

次ページは : ■まずオーバルコース走行で運転の基礎を徹底反復!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号