なぜ昔のクルマは、目立つところにアナログ時計をつけていたのか?

なぜ昔のクルマは、目立つところにアナログ時計をつけていたのか?

 2000年以前のクルマには、インパネなどの見やすい位置にアナログ時計が付いているのをよく見かけましたが、最近は一部の高級車を除いて装備されなくなりました。いまは、ナビ画面や多くの機能を集約したセンターディスプレイの片隅に、時刻をディジタル表示するのが一般的です。

 なぜクルマのインパネからアナログ時計は消えたのでしょうか。ディジタル化が進む中でアナログ時計は絶滅するのでしょうか。車載用アナログ時計が激減した理由と今後について考察します。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:Adobe Stock_ Best Auto Photo
写真:LEXUS、NISSAN

ディジタル時代の到来とともに激減した車載用アナログ時計

 1970年代から1980年代には、高級車だけでなく大衆車にもアナログ時計が標準的に装備されていました。まだディジタル化(一般的には「デジタル」と表記されますが、JIS(日本産業規格)では「ディジタル」とされています)が進む前なので、カーナビもなく、インパネ中央のカーラジオやカセットデッキの隣に、円形や楕円形など様々な形のアナログ時計が配置されていたのです。

 ところが、1980年代後半に迎えたバブル景気の頃から、インパネのスピードメーターやタコメーターなどのディジタルメーター化が進み、1990年代にはGPS機能付きのカーナビ、2000年に入るとスマホやWi-Fiが普及するに至り、クルマのコックピットやインパネに大変革が起こりました。これらによって、カーナビやオーディオ、エアコン操作などのパネル表示と操作を集約した、液晶パネルが装備されるようになり、時刻もその片隅でディジタル表示されるようになったのです。

 こうなると、それまで装備されていたアナログ時計は、実用上不要となります。また、誰もがスマホを携帯するようになることで、アナログであれディジタルであれ、クルマに時計を装備すること自体の意味が薄れてきたという背景もあるでしょう。

 ただ、車載のアナログ時計が完全に廃れたかというと、そうではありません。最高級車の一部では、いまもステイタスを誇示する装備品として活用されています。

2021年に登場した「レクサスNX」の最新コックピット。大型化/高解像度化した14インチタッチワイドディスプレイのマルチメディアシステムに多くの機能を集約
2021年に登場した「レクサスNX」の最新コックピット。大型化/高解像度化した14インチタッチワイドディスプレイのマルチメディアシステムに多くの機能を集約

次ページは : 超高級車のアナログ時計は、ステイタス向上のため

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!