一級品の走りが欲しいけどコスパは重要……そんなワガママさんに最適解!? 日欧300ps級ホットハッチ4台対決

一級品の走りが欲しいけどコスパは重要……そんなワガママさんに最適解!? 日欧300ps級ホットハッチ4台対決

 世の風潮に押され、今や貴重な存在となりつつある純内燃機関をパワートレーンとしたクルマたち。楽しめるのもあとわずか!? でも今から超プレミアムスポーツに乗るには金策が……というアナタの強い味方がホットハッチ。日欧を代表する、走りは一級品のホットハッチを存分に味わってみよう!!

※本稿は2023年5月のものです
文/斎藤聡、写真/ベストカー編集部、撮影/平野学
初出:『ベストカー』2023年6月26日号

■純内燃機関を味わうなら今のうち

今や貴重な存在となりつつある純内燃機関ホットハッチを斎藤 聡氏が徹底チェック!!
今や貴重な存在となりつつある純内燃機関ホットハッチを斎藤 聡氏が徹底チェック!!

 自動車の歴史を紐解くと、世界で初めて自動車と認められる乗り物を開発したのはニコラ=ジョゼフ・キュニョーという人物だったと言われている。3輪の武骨なフレームボディの前に大きな蒸気の釜を搭載した“キュニョーの砲車”で知られるアレだ。

 その後オットーによる「オットーサイクル」(4サイクルエンジン)の発明を経て、1885年ゴットリープ・ダイムラーによってガソリンエンジンが開発された。そしてガソリンエンジン車の誕生は1886年カール・ベンツによるパテント・モトールバーゲンだった。

 そこから後内燃機関を搭載した自動車はもの凄い勢いで進化を遂げる。

 ところが、そんな純内燃機関(ICE)車に乗れるチャンスはもうあまり残されていないかもしれない、というのが現在われわれの置かれた状況だ。もちろん目前に差し迫ったカーボンニュートラルを実現するためだ。

 であればこそ、クルマ好きを自負するものなら、この130余年人類が培ってきた英知の集大成であるアツきICE車を味わってみてはどうだろうか。

・ホンダシビックタイプR

ホンダ シビックタイプR(499万7300円)。タイヤは265/30ZR19のミシュランパイロットスポーツ4Sを履く。2Lターボは330ps、42.8kgmを発揮
ホンダ シビックタイプR(499万7300円)。タイヤは265/30ZR19のミシュランパイロットスポーツ4Sを履く。2Lターボは330ps、42.8kgmを発揮

・トヨタGRカローラ

トヨタ GRカローラ(525万円)。直3、1.6Lターボは304ps、37.7kgmを発揮。やや低回転時のトルクが細い。タイヤは235/40R18のADVAN
トヨタ GRカローラ(525万円)。直3、1.6Lターボは304ps、37.7kgmを発揮。やや低回転時のトルクが細い。タイヤは235/40R18のADVAN

・ルノーメガーヌR.S.

ルノー メガーヌR.S.(589万円)。1.8Lターボで300ps、40.8kgm。EDC仕様だとトルクは42.8kgmとなる。タイヤはBSポテンザを履く
ルノー メガーヌR.S.(589万円)。1.8Lターボで300ps、40.8kgm。EDC仕様だとトルクは42.8kgmとなる。タイヤはBSポテンザを履く

・フォルクスワーゲンゴルフR

フォルクスワーゲン ゴルフR(639万8000円)。4WDのゴルフRはFFのシビックタイプRとほぼ同じパワースペック。タイヤはBSポテンザだ
フォルクスワーゲン ゴルフR(639万8000円)。4WDのゴルフRはFFのシビックタイプRとほぼ同じパワースペック。タイヤはBSポテンザだ

次ページは : ■ホットハッチはますます高性能に!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!