ランクル70が明日発売濃厚!! 購入には「残クレ強制」もあるって本当なの? ディーラーを巡って分かった販売店の「本音」と「実情」

ランクル70が明日発売濃厚!! 購入には「残クレ強制」もあるって本当なの? ディーラーを巡って分かった販売店の「本音」と「実情」

 ランクル70の再再販モデルの発売時期がいよいよ11月末に迫ってきた。配車台数などまだまだ見えないところが多いものの、本気でほしいユーザーにとっては早めの行動が吉なのだろうか。いったい売ってくれるのかどうか……。本気で欲しい編集部員が店舗を巡ってきた。

文:ベストカーWeb編集部/写真:編集部、TOYOTA

■問い合わせが殺到するディーラー

ランクル70は9年ぶりの再販となる。ワークホースとしての存在は非常に稀有で崇高なものだ
ランクル70は9年ぶりの再販となる。ワークホースとしての存在は非常に稀有で崇高なものだ

 ランクル70がほしい編集担当。複数の販売会社の異なるディーラーにいってみると3通りの答えが返ってきた。結果から言えばちょっとばかり厳しい回答もあった。

(1)11月下旬(29日?)の正式発売日に店舗に来てほしい
(2)配車枠が見えないから既納客を優先する
(3)当店舗では扱いがない

 (1)についてはまさに王道で、発売日に来てほしいというもの。これは極めてフェアな感じだが、正直なところどうなるかはまったく見えない。

 続いての(2)。これを言われたらもうしばらくは勝ち目がないようにも思える。実際のところはすでに配車枠を予定で組んでおり、お得意様優先の配車を宣言している状況。素直に言ってくれるのはありがたいが……。

 (3)は本当に配車枠がない店舗か、すでにお客さんの目途がついている状況。こうなるともうどうしようもない。

 販売店に聞けばワールドプレミアから問い合わせが殺到している地域もあるようだ。ネット上にはお得意様分ですでに完売していて、まったく無理みたいなハナシもあるが、それは本当なのだろうか?

■3年契約の「残クレ」がマスト?

2023年とは思えないルックス。従来の実用第一主義からは少し軟化したようにも思えるが、やっぱりナナマルは生半可ではない
2023年とは思えないルックス。従来の実用第一主義からは少し軟化したようにも思えるが、やっぱりナナマルは生半可ではない

 結論から言えばランクル70については買えなくなるという心配は不要と思える。とはいえ中東やオーストラリア向けの輸出もあるので、納期については正直なところ安心材料はほぼ見えてこない。

 またカタログモデルとはいえ、トヨタはこの後もランクル250の発売を控えており、生産については上限があるためなるべく早めの発注をしていても損はないだろう。

 そしてここにきて複数の販売店から「3年間の残価設定クレジットの契約が必須条件」という情報も出てきた。編集担当が巡った店舗ではその手の話はなかったが、抽選になる可能性が高いという説明は受けた。

 突っ込んで聞いてみると販売現場としても「台数が限られていることもあり、店舗で点検をしっかり受けてくれるお客さま、そして長いお付き合いができるお客さまに、という思いはある」と応えてくれたディーラーマンもいた。

 数百万円を支払って新車を買おうと思っているユーザーからすれば、販売店が顧客を選別するというのはあまり心地がいいものではない。それでも台数が限られている以上は、販売店も「誰に売るべきか」と悩んでいるのも事実だ。

次ページは : ■「地道」に勝るものはなし

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!