ファミリア・シビック対決に待ったをかけたのは!? 最後の昭和ランキング 【ハッチバック編】


■3位を初代アコードにした理由は?

(TEXT/御堀直嗣)

 アコード以外のハッチバック車は、どれも元気で活発に走る2ボックスカーとしての魅力にあふれている。

 一方、アコードは、それらとやや趣の異なるハッチバック車ではないだろうか。

 当時も、ハッチバックといえば、実用的で手の届きやすい価格で販売される身近なクルマの位置づけだった。しかしアコードは、より上質で上級さを伝えるハッチバック車であった。

3ドアハッチバック車から登場した初代アコード

 簡単にいえば、その外観の造形を含め、お洒落で優雅なハッチバック車だったのである。これで、アコードというクルマの価値が決まったともいえるのではないか。

 運転免許証を取得したら、シビックに乗ろう。そして、いずれ大人になったらアコードに乗れる人になりたい。

 ホンダが、かつてテレビ広告で流していた「素晴らしき人ホンダに乗る」という言葉どおり、自分が素敵な人になれるような気にさせるハッチバック車が、初代アコードだったのである。

■今も人気のスターレットKP61より、初代ミラージュが2位、4代目ファミリアが3位と評価が上の理由は?

(TEXT/片岡英明)

 初代ミラージュは、今につながる横置きエンジンにトランスミッションを組み合わせたFF方式を採用し、パッケージングも絶妙だった。

 デザインは今見ても美しい。時代に先駆けてプレスドアを採用し、空力性能も優秀だ。

 しかも4速MTにはハイ/ローの副変速機を備えたスーパーシフトを採用し、スポーティにもエコにも走ることができる。

初代ミラージュ

 また、初代シビックやKP61系のスターレットは簡易型のセミオートマだったが、ミラージュは上級クラスと同じ本格派の3速ATをおごっていた。

 これに続くマツダのファミリアも、ミラージュと同じように今につながるFFのレイアウトだ。

 こちらもサスペンションは4輪独立懸架だし、VWゴルフを徹底的に研究したからハンドリングも軽やかだった。また、ラウンジシートや電動サンルーフなどを採用し、“丘サーファー”などの流行も生み出している。

 後世に与えた影響は、前時代的なスターレットよりはるかに大きいから上位なのだ。

FF化が進んでいたなかでFRで登場したKP61スターレット

次ページは : ■1位がシャレード デ・トマソ、2位が2代目ジェミニ。このワン・ツーの理由はずばり何ですか?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ