新型アルファード高すぎ……300万円以下でちょい贅沢系中古ミニバンはどうよ!? 超アツいぞ!!!

新型アルファード高すぎ……300万円以下でちょい贅沢系中古ミニバンはどうよ!? 超アツいぞ!!!

 2023年6月に発表された新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア。発売を待ち望んでいたが、価格を見て諦めた……という人も少なくないだろう。そこで、300万円以下で手に入る中古高級ミニバンをピックアップしてみた!

※本稿は2023年7月のものです
文/伊達軍曹、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年8月10日号

■新車が高けりゃ中古をチェック!

2023年6月に発表された新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア。こんなタイミングこそ、中古のラグジュアリー系ミニバンをチェックだ!
2023年6月に発表された新型トヨタ アルファード/ヴェルファイア。こんなタイミングこそ、中古のラグジュアリー系ミニバンをチェックだ!

 トヨタのアルファード&ヴェルファイアがフルモデルチェンジを受けた……のはいいのだが、気になる価格は最安のアルファード Zでも540万円で、「エグゼクティブラウンジ」になるとアルファードの2WDが850万円で、ヴェルファイアの2WDは870万円。

 さまざまな進化を考えれば納得のプライスではあるが、「高すぎて手が出せないよ!」というのも正直なところ。そしてここまで高くなってしまうと、「いっそ300万円以下で中古のゴージャス系ミニバンを買うほうがシアワセになれるのでは?」とも思う。

 では実際、予算300万円以下で狙える中古のゴージャス系ミニバンにはどんなモノがあるのか、見ていくことにしよう。

■300万円以下は2.5L車がターゲット

●先代型3代目/トヨタ アルファード(2015年)

人気車で中古相場は高め。後席2座席にしたVIP仕様のロイヤルラウンジは1000万円超
人気車で中古相場は高め。後席2座席にしたVIP仕様のロイヤルラウンジは1000万円超

 トヨタ製フラッグシップミニバンの3代目。「大空間高級サルーン」をキーワードに開発され、大胆かつ華やかなフロントフェイスも特徴。パワーユニットは2.5L直4と3.5L・V6、そしてハイブリッドの3種類。2018年1月にマイナーチェンジ実施。

●中古車購入ポイントは?

 300万円以下の予算で狙えるのは前期型がほとんどで、そのなかでも3.5L・V6やハイブリッドではなく、2.5L直4の「S」または「G」グレードとなる。

 最上級グレードであるエグゼクティブラウンジは300万円以下だと無理なので、なるべくコンディションのよい「S」または「G」を、車両250万~290万円付近を目安に探したい。「X」は安めだが、装備に不満が残るはず。

●アルファード(先代型)
・中古相場:約180万〜2000万円
・新車時価格:319.8万〜1607.2万円
・年式:2015〜2023年
・入手しやすさ:★★★★★
・高級に見える度:★★★★☆

次ページは : ■300万円以下の流通量はアルファード以上

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!