ハッチバック販売TOP3を検証! カローラスポーツがマツダ3より売れる納得の理由

ハッチバック販売TOP3を検証! カローラスポーツがマツダ3より売れる納得の理由

 ベストカー本誌でも掲載している「販売台数ランキング」。その順位の差はメーカーの販売力によるものなのか? それともそのモデルの出来のよさによるものなのか? ここでは、ハッチバックの2023年1~5月の累計販売台数を集計しTOP3を検証する!!

※本稿は2023年7月のものです
文/片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年8月26日号

■1位:トヨタ カローラスポーツ(販売台数:5200台)

トヨタ カローラスポーツ。全長4375×全幅1790×全高1460mm、1.8L 直4・DOHC(98ps/14.5kgm)+モーター(95ps/18.9kgm)、18.9km/L、価格220万〜289万円
トヨタ カローラスポーツ。全長4375×全幅1790×全高1460mm、1.8L 直4・DOHC(98ps/14.5kgm)+モーター(95ps/18.9kgm)、18.9km/L、価格220万〜289万円

 最近はハッチバック離れが進んでいるが、トップを快走するカローラスポーツは安定した売れゆきを誇っている。その理由のひとつは、カローラツーリングなどと違う海外向けと同じボディを採用したことだ。走りのポテンシャルが、このクラスで抜きん出て高いことも好調な販売につながっているのだろう。

 また、高い資質に加え、強力な販売力が後押ししているから1位の座を揺るぎないものにしたのである。充実した販売網と質の高いセールスマンが好調を後押しするのだから、これは鬼に金棒だ。

●150字でわかるトヨタ カローラスポーツ

 カローラスポーツは、ヨーロッパ仕様そのままのワイドボディをまとい、力強いフォルムであるとともにその名のようにスポーティ度も高い。最新モデルは改良型の1.8Lハイブリッドシステムと2Lのガソリンエンジンを搭載し、余裕ある走りを実現した。インテリアの質感は高いが、キャビンはそれなりの広さなのが惜しいところ。

■2位:マツダ MAZDA3(販売台数:4328台)

マツダ MAZDA3。全長4460×全幅1795×全高1440mm、1.8L 直4・DOHCディーゼルターボ(130ps/27.5kgm)、21.2km/L、価格228万8000~334万1800円
マツダ MAZDA3。全長4460×全幅1795×全高1440mm、1.8L 直4・DOHCディーゼルターボ(130ps/27.5kgm)、21.2km/L、価格228万8000~334万1800円

 マツダは他社にはない個性的なクルマづくりをするメーカーである。独創的なe-SKYACTIV Xを投入し、ハイブリッド車とは違う魅力をアピールした。

 また、トルクフルなディーゼルターボを設定しているのもマツダならではだ。メカニズム以外にも高く評価されているのが、キュートなルックスと高い質感のインテリアだ。

 ただし、デザイン優先だからキャビンの広さや運転のしやすさは今一歩にとどまる。死角があり、バックする時などには気を使う。また、販売面においてもトヨタに遠く及ばない。これがカローラスポーツを抜けない理由だ。

●150字でわかるマツダ MAZDA3

 ファストバックを名乗るデザインコンシャスな5ドアハッチバックだ。火花点火制御圧縮着火のe-SKYACTIV Xをリーダーに、1.8Lのディーゼルターボと買い得感の高い1.5Lを設定するなど、ライバルと違うパワーソースを用意しているのも特徴のひとつに挙げられる。先進安全装備が充実しているのもユーザーからのウケがいい。

次ページは : ■3位:スバル 先代インプレッサスポーツ(販売台数:2314台)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!