400RやスカイラインNISMOより断然いい!? 日本未発売のツウな「日産セダン」が海外にこんなにあるのになぜ売らない? 

400RやスカイラインNISMOより断然いい!? 日本未発売のツウな「日産セダン」が海外にこんなにあるのになぜ売らない? 

 スカイライン400RもスカイラインNISMOもベースはすでに10年以上前となる現行型スカイライン。そんな古いモデルよりも海外専売車に目を移せば、日産セダンにもまだよさげなクルマがあるじゃないの! 

文/永田恵一、写真/日産、ベストカー編集部

■セダンカテゴリーは風前の灯という状況だが……

スカイライン400Rがまだ国産の日産セダンラインナップには残っているのだが……
スカイライン400Rがまだ国産の日産セダンラインナップには残っているのだが……

 日本市場はセダンというカテゴリーが絶滅危惧種となって久しい。それは日本向けの日産車も同様で、現在日本で販売される日産のセダンはスカイライン400RやNISMOといったスポーツモデルが頑張っているものの、如何せん登場からもうすぐ10年となるスカイラインのみという寂しい状況だ。

 しかし、日産車を世界的な目で見るとまだセダンもそれなりに残っており、ここでは日本で販売されない日産のセダンを紹介し、日本で販売してほしい日産セダンの姿も考えてみた。

■意外に先進的なヴァーサ(北米、南米)&アルメーラ(東南アジア)

日産ヴァ―サ。かつてのラティオをFMCして登場したコンパクトセダン
日産ヴァ―サ。かつてのラティオをFMCして登場したコンパクトセダン

 ヴァーサ&アルメーラは北米や南米、東南アジアではまだ需要のあるコンパクトセダンである。2019年に登場した現行モデルは日本でも2012年から2016年まで販売された先代ノートのセダンとなるラティオをフルモデルチェンジしたものとなる。

 クルマの成り立ちとしてはVプラットフォームを使う点などラティオを発展させたものだが、エクステリアはいわゆる最近の日産デザインとなっており、インテリアを見てもスマホと接続できるディスプレイオーディオを装備するなど、それなりの新鮮味を持つ。

ヴァ―サのインテリア。ここ最近の日産車のデザイントレンドを踏襲している
ヴァ―サのインテリア。ここ最近の日産車のデザイントレンドを踏襲している

 また、北米仕様は自動ブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、ミラーに映らない斜め後方の死角を監視するBSW(ブラインドスポットワーニング)を装備するなど、安全&運転支援装備もこのクラスとしてはまずまずのレベルだ。

 パワートレーンは北米&南米仕様こそ1.6L直4NAにCVTと5速MTとオーソドックスだが、タイ国向けなどの東南アジア仕様には1L3気筒ターボという1.5LNA相当のダウンサイジングターボが搭載され、意外な先進性も備える。

次ページは : ■中国で大人気のセントラ(北米、南米)&シルフィ(中国)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!