【CX-5 ジェイドが500%超!!?】 何が起きた? 前年比大幅増&減のカラクリを探る!!

 2019年の1月と2月の新車販売台数。前年同月比と見てみると、急激に売上を伸ばしたり激減していたりする車種がある。なぜなのか? そのカラクリを探ってみた!

※本稿は2019年4月のものです
※「異常あり度」は、渡辺陽一郎氏が前年比の大きさに加え、その理由の大きさも考慮して評価したものです(最大値は5つ★)
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月10日号


■マツダ CX-5…569.2%(2月前年同月比)

2019年2月販売台数4087台。CX-5は2018年10月の改良で、2.5Lガソリンターボエンジンを新設定。ディーゼル車に6MTも追加

●ナゼ前年比が激増?

 2月の登録台数は4087台だから特に多くないが、対前年比は569.2%に達した。その理由は前年の(2018年)の2月に、エンジンの改良を伴う規模の大きなマイナーチェンジを行い、登録台数が700台少々に下がったからだ。

 改良を行う時は、一時的に生産ペースが下がり、登録台数が減ることは珍しくない。その影響で今年は急増となった。

 このように対前年比から需要の増減を判断する時は、前年の台数と「前年の対前年比」を見る必要がある。

 現行のCX-5は2017年に発売された。クルマの売れゆきは、フルモデルチェンジをしない限り、時間の経過に連れて下がるか横這いだ。急増したとすれば特別な理由がある。単純に「人気が高まった」と判断せずに、理由を探ることが大切だ。

「異常あり度」…★★★★★

■ホンダ ジェイド…600.0%(2月前年同月比)

2019年2月販売台数300台。ジェイドは2018年5月のマイナーチェンジで2列シート5人乗りが追加。以降、販売台数が増加している

●ナゼ前年比が激増?

 従来のジェイドは3列シート仕様のみで、2列目は座り心地が悪く、3列目は超絶的に狭かった。そこで2018年5月に、快適な後席を備えた2列仕様を加えている。グレード構成も見直し、スポーティなRSの走行性能を高めて販売の主力に据えた。

 その結果、売れゆきが伸びたが、登録台数自体は大した数字ではない。2019年2月の対前年比は600%と凄いが、登録台数は300台にとどまる。昨年2月がわずか50台だったから6倍に増えた。

 月販台数が100台以下になると、モデル末期の特別仕様車が少し売れただけで、対前年比が急増することがある。いい換えれば、不人気車を人気車にするのは難しいが、多少の販売のテコ入れは工夫次第で可能だ。

「異常あり度」…★★★★☆

■トヨタ プリウスPHV…35.6%(1月前年同月比)

2019年1月販売台数450台。特別仕様車の発売で昨年2月は売れゆきが上昇。その反動が今年2月に現れた

●ナゼ前年比が激減?

 プリウスPHVは2017年12月に特別仕様車を設定したから、2018年1月に売れゆきが伸びて、相対的に今年の売れゆきが下がった可能性はある。

 ただし登録台数そのものは450台と少ない。2月は970台で増減の比率は大きいが、登録台数の違いは500台少々しか差がない。

 販売店によると、最近は標準タイプのプリウスが納期を伸ばし、3~4カ月待ちという。逆にPHVは短い。標準タイプのプリウスを生産する都合上、PHVが一時的に影響を受けた可能性はある。

 プリウスは標準モデルを含めると1カ月に1万台近くを登録するから、生産の都合でPHVに500台程度の増減が生じても不思議ではない。

「異常あり度」…★★★★★

■日産 リーフ…50.2%(2月前年同月比)

2019年2月販売台数1867台。昨年2月は新車効果で販売台数が増えたため、今年の前年比が下がったのが原因のひとつ

●ナゼ前年比が激減?

 現行リーフは2017年9月に発売されたので、5カ月後の2018年2月には、登録台数が3720台に増えた。新車効果によるもので、同月の対前年比は217.4%であった。

 この影響で今年2月の対前年比は50.2%に減った。2017年2月は1711台だったから、今年2月と同等だ。つまり売れゆきが先代のモデル末期だった2年前に戻った。

「人気の下降」とも受け取れるが、リーフの納期が伸びていることも影響した。今年1月に発売された62‌kWhバッテリーの「e+」の納期は4カ月と長い。標準タイプでも3カ月のグレードがある。

 国内向けの生産が進まず伸び悩んだ。

「異常あり度」…★★★★★

■ダイハツ ブーン…234.2%(1月前年同月比)

2019年1月販売台数1122台。ブーン独自のグレード設定やテレビCMなどの効果で好調な売れゆきのブーン

●ナゼ前年比が激増?

 トヨタパッソは、今年1月の対前年比が90.8%と少し減った。それなのに姉妹車のダイハツブーンは、234.2%と大幅に伸びた。

 その理由は2018年10月のマイナーチェンジだ。この時にブーンは、ダイハツ独自のグレードとして「ブーンスタイル」を加えた。販売店には試乗車を以前よりも豊富に配置して、TVのCMも活発に放映している。これらの相乗効果があった。

 ただし本年1月の登録は1122台だから、台数自体はさほど多くない。昨年が500台以下だったから比率を大きく高めた。販売が低調な車種は、600台の上乗せでも急増になる。

「異常あり度」…★★★★☆

■日産 スカイライン…38.1%(1月前年同月比)

2019年1月販売台数141台。月販台数が500台以下になっているスカイライン

●ナゼ前年比が激減?

 現行スカイラインは2013年に発売され、2017年12月にマイナーチェンジを受けた。それ以降は改良されていない。

 従って今年1月の登録台数が141台で、対前年比が38.1%に減ったのは、生産の都合などによる台数の動きだ。2月は309台に増え、対前年比も70.7%に持ち直した。登録台数が500台以下の車種は台数と納期を不規則に増減させることが多い。

 かつてのスカイラインは人気車で、1973年に発売された4代目モデル(通称ケンメリ)は、1カ月平均で1万3133台登録された。2018年の61倍も売れていたのだ。今の販売台数は当時の1.6%だ。

「異常あり度」…★★★★☆

■スバル レヴォーグ…50.4%(2月前年同月比)

2019年2月販売台数769台。レヴォーグは昨年4月に安全装備アイサイトの性能向上を実施。今年も間もなく改良があるか?

●ナゼ前年比が激減?

 レヴォーグは毎年改良を行う。2018年も4月に実施した。従って今年も、4月から7月に大幅な改良を行う可能性があり、売れゆきが下がった。

 ちなみに2018年2月の対前年比も76%だから、昨年が増えた影響で今年が減ったわけではない。レヴォーグは発売から約5年を経過するため、年を経過するごとに売れゆきが減少している。

 またスバルは今年1月16日から26日にかけて、電動パワーステアリングの不具合で操業を停止した。

 問題のパワステを装着するのはフォレスター、インプレッサ、XVで、1月にはインプレッサの対前年比が34%、XVを含めても44%と下がった。

 工場はこれらの車種と混流生産だから、レヴォーグも2月に入って影響を受けた可能性がある。

「異常あり度」…★★★☆☆

■トヨタ アルファード…210.5%(1月前年同月比)

2019年1月販売台数5908台。2017年のビッグマイチェン後は2018年10月に改良を実施して、売れゆきが上向いている

●ナゼ前年比が激増?

 2018年10月に改良を施した。安全装備のインテリジェントクリアランスソナーを全車に装着するなど、機能を充実させている。これをきっかけに、売れゆきも持ち直した。

 そして昨年1月の対前年比は、89.4%で下降していたから、今年の1月は比率で見ると210.5%に達した。

 またアルファードの納期は2~3カ月と不安定に長く、登録台数が急増することがある。アルファードは法人営業の強いトヨペット店の扱い車種だから、景気の上昇に伴って、社用車の需要が増える傾向も見られる。これらの相乗効果で対前年比が伸びた。

「異常あり度」…★★☆☆☆

■マツダ デミオ…69.2%(2月前年同月比)

2019年2月販売台数3653台。昨年8月の改良でガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに変更したが、現在の販売は今ひとつ

●ナゼ前年比が激減?

 2018年8月に1.3Lのガソリンエンジンを1.5Lに拡大するなどの改良を行った。この効果で同年10月は対前年比が136.7%、11月には172.8%に伸びたが、12月は48.1%へ急落している。

 デミオは2017年11月にも改良を行い、翌月の対前年比を140.1%に伸ばしていたからだ。つまり改良して売れゆきが伸びると、翌年は対前年比がマイナスになってしまう。これを繰り返している。

 そして改良のない今年は1月の対前年比が61.4%にとどまり、2月も69.2%だ。デミオの魅力が薄れ、改良をしない限り、売れゆきを保てない状況に陥った。

「異常あり度」…★☆☆☆☆

■三菱 eK(シリーズ)…120.1%(1月前年同月比)

2019年1月販売台数4164台。eKワゴンは新型へ一新したが、1月は旧型車の大幅値引きで売れゆきが上がった

●ナゼ前年比が激増した?

 先代eKの販売台数は、ダイハツキャストと同等だから、販売ランキング順位は低い。ただしeKは、軽自動車でも業販店(修理工場などに併設された小さな販売店)で売られる台数が少なく、ディーラーが中心になる。

 その三菱ディーラーの店舗が減り、今は500箇所以下だ。2000店舗を超えるホンダや日産に比べると大幅に少ない。

 そこまで考えると、今年1月に4164台なら健闘している。

 対前年比が120%に増えたのは、フルモデルチェンジを控えて、在庫車を大幅値引きで売ったためだ。軽自動車の場合、価格の安さを重視して、大幅値引きの先代型を買うユーザーも多い。

「異常あり度」…★☆☆☆☆

*   *   *

■増減の激しい前年比には傾向あり!

 月販台数に併記される「対前年比」とは、前年と比べた増減の度合いを示す数字だ。

 対前年比が増えた時は、過去1年間にフルモデルチェンジや大幅改良が行われた可能性が高い。商品力を高めずに、対前年比が伸びることは考えにくいからだ。一方、販売台数が極端に少ない車種は、生産の都合で台数が少し減少しただけで、対前年比が大きく変わることがある。

 また、改良などが実施されなければ対前年比が下がるわけだが、大幅に減った時はさらに要因がある。前年の販売台数が改良などによって大幅に増えていると、本年の前年比は反動で大きく下がりやすい。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ