3代目シビック、シティターボII、2代目Z&トゥデイ……一世を風靡したホンダ車たちのざんねんストーリー

■見た目とは裏腹に超じゃじゃ馬! サーキットでは横転も!? ホンダ シティ ターボII(1983~1986年)

ホンダ シティ ターボII(1983~1986年)。エンジン回転数が一定以下の時にアクセルを全開にすると、10秒間だけ過給圧がアップして急加速する、「スクランブルブースト」という機能が装備されていました。男の子の夢とロマンが詰まった、いい意味で玩具のようなマシンです
ホンダ シティ ターボII(1983~1986年)。エンジン回転数が一定以下の時にアクセルを全開にすると、10秒間だけ過給圧がアップして急加速する、「スクランブルブースト」という機能が装備されていました。男の子の夢とロマンが詰まった、いい意味で玩具のようなマシンです

●パワフルすぎて扱いが難しい! 男の子垂涎のクルマ

「トールボーイ」と呼ばれる、かなりユニークなデザインコンセプトを採用して人気となったシティ。

 販売期間は1981年から1986年でしたが、今なお一部のクルマ好きの間では人気です。

 ただし1982年に追加された「ターボ」は、最高出力100psとパワフルなのですが、車台がパワーに負けていたため超が付くほどのじゃじゃ馬でした。

 また1983年に登場した「ターボII」も最高出力110psということで若い世代から人気を集め、ターボ車を使ったワンメイクレースも行われたのですが、背が高いことが災いしたのでしょうか、コースで横転してしまうクルマも見られました。

・発売年月:1983年10月
・エンジン種類:直4 SOHC+ターボ
・総排気量:1231cc
・最高出力/最大トルク:110ps/16.3kgm
・全長/全幅/全高:3420×1625×1470mm
・車両重量:735kg
・諸元記載グレード:シティターボII

●ざんねん度:★★★☆☆

■スーパーカー的軽だが整備性の悪さもスーパーカー並みに!? ホンダ 2代目Z(1998~2002年)

ホンダ 2代目Z(1998~2002年)。整備性に難がある最大の理由は、ランボルギーニのようにエンジンが縦向きに置かれていたから。前後重量配分は50:50で運動性は良好でしたが、あまりに個性的過ぎました
ホンダ 2代目Z(1998~2002年)。整備性に難がある最大の理由は、ランボルギーニのようにエンジンが縦向きに置かれていたから。前後重量配分は50:50で運動性は良好でしたが、あまりに個性的過ぎました

●エンジンの配置が特殊で扱いにくかった

「Z」というのはホンダがかつて販売していた名作軽自動車ですが、こちらは1998年に「4シーターのミドシップ4WD軽」としていきなり謎の復活を遂げた2代目です。

 スーパーカーと同じミドシップレイアウト(エンジンをクルマの中央に配し、後輪を駆動させる方式)を採用したのはいいのですが、整備性もスーパーカー並みに悪化してしまうというざんねんな事態に。

 軽SUVとしては価格が高すぎたということもあって、わずか3年ほどで姿を消しました。

・発売年月:1998年10月
・エンジン種類:直3 SOHC
・総排気量:656cc
・最高出力/最大トルク:52ps/6.1kgm
・全長/全幅/全高:3395×1475×1675mm
・車両重量:960kg
・諸元記載グレード:Z

●ざんねん度:★★★★☆

■「余計な改善」はいちいちしないのがいちばんの改善なのかも。 ホンダ 2代目トゥデイ(1993~1998年)

ホンダ 2代目トゥデイ(1993~1998年)。「ほとんどの積み荷が日常の手荷物程度」という軽自動車ユーザーの傾向から、小さなトランクスペースありきでデザインされたのですが、万人受けはしませんでした
ホンダ 2代目トゥデイ(1993~1998年)。「ほとんどの積み荷が日常の手荷物程度」という軽自動車ユーザーの傾向から、小さなトランクスペースありきでデザインされたのですが、万人受けはしませんでした

●凡庸なデザインになってしまい「トゥモロウ」は来なかった

 ホンダの初代トゥデイは斬新なデザインで人気を集めましたが、1993年に登場した2代目はボディ後端のハッチゲートを廃し、トランク付きのノッチバックセダンに。

 しかし荷室の使い勝手が極端に悪く、クルマ全体のデザインも正直「凡庸」としか言いようのないモノだったため、販売は低迷しました。ちなみに4/5ドア仕様の後部座席ウインドウは手動式です。

 一世を風靡した「トゥデイ」という車名ですが、この2代目で車名そのものが消えることに……。

・発売年月:1993年1月
・エンジン種類:直3 SOHC
・総排気量:656cc
・最高出力/最大トルク:48ps/5.8kgm
・全長/全幅/全高:3295×1395×1350mm
・車両重量:660kg
・諸元記載グレード:Mi

●ざんねん度:★★★★☆

*   *   *

 なんでそうなったの!!? ざんねんだけど、でも愛おしい。そんなクルマたちの数々を集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』は講談社ビーシーより絶賛発売中! アマゾンのレビューも好評価です!

ざんねんなクルマ事典

ざんねんなクルマ事典

1,375円(06/22 04:31時点)
発売日: 2018/12/08
Amazonの情報を掲載しています
ますます! ざんねんなクルマ事典

ますます! ざんねんなクルマ事典

1,540円(06/22 04:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
【画像ギャラリー】「あの頃のホンダ」が蘇る! 往年のホンダ車4台をギャラリーで振り返る(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します