【RAV4がポルシェに クラウンがベンツEに挑む!!】 優良国産車vs強力輸入車 対決6選


 輸入車の売り上げが伸びている。同クラスの日本車と比較した場合、基本価格で不利なはずの輸入車が売れているということは、それだけの魅力が輸入車にある、ということなのだろう。ではその魅力とは日本車がたちうちできないものなのだろうか。(参考:【国産車離れの原因を探れ】ワタシが輸入車に乗り替えた理由

 RAV4、86&BRZ、アウトランダーPHEV、リーフ、クラウン、ジムニーと、日本を代表するにふさわしい6台(7台)を、並み居る輸入車たちと比較。

 各モデル、「コスパなどを加味すればいい勝負かな」という一台、さらに「これは正直分が悪いでしょ」と思われるもう一台と勝負する2番勝負を展開する。

 コスパだけではない、国産車ならではの魅力も発見したい6番勝負。評論家たちの判定やいかに!? 

※本稿は2019年5月のものです
文:鈴木直也、国沢光宏、岡本幸一郎、中村孝仁/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■トヨタ RAV4 vs VW ティグアン&ポルシェ マカン

(TEXT/鈴木直也)

●すべてを一新したRAV4。まずはティグアンと勝負!

 RAV4は世界中で年間80万台以上の大ベストセラー。

トヨタ RAV4
価格:260万8200~381万7800円

 膨大な販売台数はコスパ的に大きな武器でプラットフォームやパワートレーンをすべて一新し、3種類の4WDシステムも用意できたのはそのおかげ。おまけに260万円台からと、価格設定も攻めている。

 しかも、今度のRAV4は走りの評価も極めて高い。新開発のNA 2Lエンジンはスムーズかつパワフルで、CVTも発進専用ギアを備えた最新鋭。以前のガサガサしたエンジン、ルーズなCVTフィールとは、まったくの別物に進化している。

 さらに、お家芸のハイブリッドは2.5Lエンジンとすることで見違えるほどパワーアップ。電動で後輪を駆動するe-Fourも、強化したモーターによりオフロードの走りが劇的に進化している。

 強いてRAV4の欠点を挙げるなら、デザインの好みが分かれそうなことくらい。よくいえばダイナミック、悪くいえばアクの強いそのスタイルはメイン市場の北米に照準を合わせたもので、この点だけはライバルに設定したティグアンやマカンを好む層とは大きく方向性が異なっている。

VW ティグアン
価格:369万9000~529万円

 ティグアンのデザインや欧州車テイストに惹かれるファンは一定数いるだろうが、車格が同等のSUVでほぼ100万円高いと、普通の人はなかなか手を出せない価格差。

 ティグアンに関しては、コスパではRAV4に完敗と言わざるを得ないと思う。

●「棲む世界が違うクルマ」マカンにも挑むが……

 一方、マカンはさすがポルシェだけにエントリー約700万円と突き抜けた価格で、実質的にRAV4とは棲む世界が違うクルマ。コスパでいえばティグアン以上に勝負にならない。

 ただ、ほとんどのポルシェがそうであるように実際に乗ってみると、表現しがたい独特のドライビングテイストに魅了される。

ポルシェ マカン
価格:699万~1194万円

 車高の高いSUVがなんでこんなにソリッドで地面に張りついたようなロードホールディングを見せるのか! 2L直4の標準グレードでも、目からウロコの新鮮な驚きを感じさせてくれる。

 高価なクルマは見ても乗っても「やっぱり高いだけのコトはある!」と納得できないとつまらない。そういう意味では、マカンには確かに他のどんなSUVとも異なる独特のキャラクターがある。

 コスパだけでは割り切れないこの魅力こそが、ポルシェの最大の武器なんでしょうね。

●判定(vs ティグアン)…劇的変身を遂げたRAV4、ティグアンを打ち負かす!
●判定(vs マカン)…マカンへ果敢に挑むが歯が立たず。RAV4の負け!

■トヨタ86&スバルBRZ vs アバルト 124スパイダー&ポルシェ ケイマン

(TEXT/国沢光宏)

トヨタ スバル 86/BRZ
価格:243万~496万8000円

●イタリアの暴れ馬!? 124スパイダーと勝負!

 アバルト124スパイダーはロードスターの兄弟車である。FCAグループも期待するモノがあったのだろう。デビューと同時にラリー車として仕立て、WRCに送り込んできた。

アバルト124スパイダー
価格:398万6000~409万3000円

 しかし! ベース車両としてのポテンシャルは低かった様子。すぐFCAとしての大規模バックアップ体制をやめてしまう。そういえば日本でも124スパイダーの話題、ほとんどないです。

 全国5千万人読者を持つベストカーにもデビュー当時だけ少し登場したのみ。私も久々に記事として取りあげている状態。スペック的には86/BRZを凌いでいると思う。

 出力の170馬力こそ86/BRZに届いてないものの、トルクが25.5kgmもある。だからこそ山野哲也選手は全日本ジムカーナで素晴らしい結果を残しているのだろう。WRCじゃ戦えないが、全日本ジムカーナだと速い!

●ポルシェ・ブランド、あのケイマンとの勝負は!?

 一方、ケイマンは圧倒的なスペックを持つ。ベースモデルで300馬力。0~100km/hは5.1秒。最高速だって275km/hと素晴らしい! それでいて673万円というプライスタグを付ける。

ポルシェ ケイマン
価格:673万円

 考えてほしい。100台限定販売だったGRMN86は649万円。内容といえば「ポルシェに迫る走りの味」という評価。私も「トヨタもポルシェのようなクルマが作れる!」と褒めた。

 でも、673万円でホンモノが買えるなら、熱烈なトヨタ好きか86ファンじゃない限りソチラを選ぶでしょう。逆に考えたら86をベースにいいクルマを作ろうとしたら、ポルシェと同じ価格になっちゃうということです。

 以上まとめると、86/BRZは「価格に見合った性能ですね」ということ。総合評価すれば、86/BRZはアバルト124スパイダーに勝ち、ケイマンだと負け。

●判定(vs 124スパイダー)…地味めの124にはクルマの存在感などで86/BRZの勝ち!
●判定(vs ケイマン)…最高出力300ps、価格673万円で圧倒され86/BRZの負け!

次ページは : ■三菱 アウトランダーPHEV vs MINI クロスオーバーSE All4&ボルボ XC60 T8