ホンダの大黒柱「フリード」の新型が成功するには!? ライバルのシエンタにはない武器ってなによ??

■エクステリアデザインに一抹の不安が……

現行型ホンダ フリード。小沢氏は新型が独善的でシンプル&クリーン路線に行き過ぎないかを危惧している
現行型ホンダ フリード。小沢氏は新型が独善的でシンプル&クリーン路線に行き過ぎないかを危惧している

 かたや小沢が危惧しているのはエクステリアデザインだ。可愛い「たれぱんだ路線」に行っちゃったフィットはもちろん、ホンダ理想主義というか「下品なイバり顔はイヤ」とクリーン&シンプル路線に突き進んだステップワゴン。あの失敗をフリード開発陣はどう考えているのだろうか?

 小沢は万が一の新型フリードの独善的シンプル&クリーン路線導入によるデザイン的失敗を危惧する。もちろん、コンパクトミニバンはシエンタを見ればわかるが“ワル顔トレンド”じゃないので、失敗しようにもできないかもしれない。

 とはいえ最近のホンダは開発者の思い込みが強すぎるデザインや商品戦略がやっぱり気になる。杞憂だったらいいが、マジでヤリ過ぎると文字どおりのN-BOX一本打法になっちゃいますよ〜ってね。

【画像ギャラリー】ホンダ入魂のコンパクトミニバン次期型フリード!! 勝敗を握るカギは「唯一無二」にあり!?(9枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!