【気づかぬうちに自分が“暴走中”!!?】 事故を誘発? その運転は大丈夫??

「事故を起こそう」と考えながらクルマを運転している人はまずいない。しかし無意識のうちに『事故を誘発』するような運転をしてしまっているケースは、残念ながらままある。

 煽り運転のような『意識的な』危険運転は論外だが、むしろ気遣いのつもりで危険を誘発してしまっているケースも少なくない。

 これから帰省シーズン。悲しい事故は一つでも防ぎたい。

 事故を誘発してしまいそうな「気遣い」のケースを7つ、挙げてみた。

 いずれのケースも「迷惑をかけられた側の視点」で書かれているが、ぜひともここは、自分が「迷惑をかける側になっていないだろうか」という視点で読み進めて貰えれば嬉しい。

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月26日号


【CASE 01】 前走車が左折のウインカーを表示し減速。右側からスッと前に出ようとしたら前走車が右にハンドルを切ったため衝突しそうになった

 前走車が細い路地への左折のために一旦右にハンドルを切って曲がろうとしたため起きた事例(もっとも最近は本当に延々左折しなかったり、まさかの右折を繰り出す人もいるけど…)。

 前走車の左ウインカーが表示されたなら、路肩に寄って停止するか、あるいはその先で左折すると思うのが当然だ。さらに左に寄る動きをしたなら、後続車は右側からスッと追い抜くことを考えるのが普通。

 大型トラックでもないかぎり、一般的な道路で頭を逆振りして曲がらなければならないような状況などまずない。

 普通に速度を落として、左側の路肩寄りを走行する自転車や歩行者を確認してゆっくりとハンドルを切ればちゃんと曲がれるのに、いつのまにかそんなクセが身についてしまったドライバーは多い(たぶんここには、一度逆に振ることで巻き込みしないように視界が取りやすいという「気遣い」があったりするんだろうが、それはやってはいけない)。

左折時に一旦ハンドルを右に切って曲がるクセは危険。直していただきたい

「あおりハンドル」にはくれぐれもお気をつけて

【CASE 02】 後方から緊走中の救急車が接近。前のクルマが突如ブレーキをかけ、道の「ど真ん中」で停車した。

 いやいや、今、この道路淡々と流れているでしょう……しかも片側一車線でしょう……そんでもって対向車線はそこそこの交通量で渋滞気味って状況でしょう……?

 これ、最近多いパターン。

 後方から救急車や消防車がサイレン鳴らして接近してくると、周りの状況にかまわずとにかく止まってしまうクルマ。

 即座に止まって道を譲るのではなく、「信号待ちなどの際にはいつでも左によけて緊急車両をスムーズに追い抜かせるための準備する」のが正解。結局逆に道を塞ぐことになってしまったのでは本末転倒だ。

 以前話を聞いた消防士は、「緊走中は先を急ぎはするけれど、無理をしてまで前に出ることはしないし、絶対に事故は起こしてはならない。

よけてくれるのはありがたいのだが、無理してヘンな動きをする必要はない」とのことだ。

サイレンが聞こえたからと慌てる必要はない。控えめに言ってむしろ慌てないでください

【CASE 03】 横断歩道で歩行者がいたため一時停止したところ、対向車が止まらずかえって歩行者を危険な目に

 道交法では明確に「信号のない横断歩道で歩行者が横断しようとしている時は一時停止し、歩行者を優先しなければならない」と規定されている。

 つまり横断歩道前で一時停止するのは『決まり事』だ。

 しかし現実的には自車が規則を守っても対向車がまったく止まらず、結局歩行者は道路を横断できずにいる……、ということも多い。

 以前、自車がこの状況で停止をしたところ、後続車が無理な追い越しをかけて、あわや横断歩道を渡る小学生を……という状況もあった。

菱形の路面ペイントは『横断歩道あり』の表示。なんとなく見過ごしていませんか? 

【CASE 04】 交差点で前が詰まっていることもあり、対向の右折車を先に行かせようと合図をしたところ、路肩をすり抜けてきた直進バイクと衝突

 いわゆる「右直事故」。

 対向車が右折車に道を譲ってくれた時、「譲ってくれてありがとう、迷惑かけないように早く曲がってしまおう」という気持ちが働くためか、安全確認が疎かになって譲ってくれた対向直進車のカゲから飛び出してくるバイクや自転車に気がつかない、というケースが多い。

 また、慌てて右折したことで、曲がった先の横断歩道を渡る歩行者の確認が疎かになってしまうことも多い。

 これ、譲った直進車も、早く曲がってしまおうと考えた右折車も『気遣い』の結果が危険な状況を生み出している典型だ。

基本的にバイクや自転車は路肩寄りをすり抜けてくるものだ。対向車に右折を譲られたからといって慌てることはない

【CASE 05】 高速道路。減速するような場面でもないのに、前を走るクルマのブレーキランプがしばしばしぱしぱ点灯。

 一般道でも高速道路でも、数台前のクルマの状況、道路の状況を見ながらある程度この先の予測をしながらクルマを走らせているものだ。

 少なくとも先々に明確な障害物などがない状況にもかかわらず、前走車のブレーキランプが点灯すると後続車はハッとする(前走車にしか見えていない「なにか」があると思うからだ)。

 一度や二度ならまだしも、特に空いて流れのいい高速道路で前走車にこれをやられると、正直イラッときてしまう。

 おそらく前走車のドライバーは、アクセルペダルから足を離すと同時にブレーキペダルに軽く足を載せるクセがあるのだろう。

 実際、いろいろなドライバーの助手席に乗ると、そんなクセを持つドライバーは少なくない。

【CASE 06】 高速道路。前を走るクルマがスーッと加速したと思ったら今度はスーッと減速…

『一定速度を維持』できないドライバーは意外と多い。

 そもそも道路にはアップダウンがある。一般道では周囲の風景が見えるため上り坂や下り坂がわかりやすいのだが、高速道路ではフェンスに囲まれていることもあり、案外とこのアップダウンがわかりにくいのだ。

 ドライバーはアクセルペダルを一定の踏力で踏んでいるので『速度は一定』のつもりだが、緩やかな上り坂で徐々に速度が低下している、あるいは下り坂で速度が上昇しているということは多い。

 上り坂での速度低下は事故の危険というよりも渋滞の原因となってしまう、というか、自然渋滞の原因としてはこれが最も多いのだ。

 これを防止するには、速度計をこまめに確認することに尽きる。もちろんクルーズコントロールを活用することも効果的だ。

【CASE 07】 一般道でも高速道路でも、隣の車線で同じ速度で並んで走るクルマ。仲良しか。

 なぜか隣の車線で等速度で並んで走るクルマが多い。真横というわけではなくても、斜め前だったり斜め後ろだったり、なんというか微妙な位置に居続ける。

 それを嫌ってこちらがちょっと速度を上げると相手も追従してくる。速度を下げて先に行かせようとしても、向こうも速度を下げてしまう(たぶん「何か起こったのか」と思って行動を合わせてしまうのだろう。いやこちらにとってはあんたがその「何か」だよと)。

 おそらく悪意はないのだろう。とくに高速では、単独で淡々と走るのを不安に感じるドライバーもいる。運転に不慣れであればその気持ちもわかる。

 でも、お願いだから前でも後ろでもいいから20~30mは離れてほしい。不測のトラブルで緊急的に車線変更が必要になった時にスムーズに動けるスペースがほしいのだ。

自分とおんなじ運転をしているクルマがいると、不思議と落ち着かないものだ

*   *   *

 いかがだったろうか。冒頭からの繰り返しになるが、一つひとつのケースは「迷惑をかけられた側」の視点に立って書かれているものだが、ぜひともここは「自分が迷惑をかける側になったりしていないだろうか」という目線で読んでみていただきたい。

 難しいもので、たとえば時速60kmを「ちょっと怖くなるくらい速い」と思いながら運転するドライバーもいれば、「スピードの向こう側がオレを呼んでいる」とさらにアクセルを踏みたい気持ち満々のドライバーもいる。

 個性が多様化した昨今においては、一つの状況に対する受け取り方もまさに千差万別だろう。

 しかしだからこそ、なにかの状況が起こった時には、落ち着いて周りの状況をしっかりと把握してほしいし、願わくばご自身の判断の基準を「その場にいる一番の弱者」に置いて考えてみてほしい。そうすれば自ずと「最適解」は生まれるはずなのだ。

 歩行者も含めて、「無事に家路に着きたい」と考えているのは、誰もが同じはずなのだから。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ