新型スープラに立ちはだかる「5台の壁」最注目新車は好敵手に勝てるのか?

 2019年も7月末時点までで、RAV4やマツダ3、eKワゴンといったさまざまなニューモデルが登場。なかでも話題の新車が、17年ぶりに復活したトヨタの新型スープラだ。

 久々の国産スポーツとあって注目度は高いが、果たして新型スープラは好敵手を上回る実力を持っているのか?

 2Lエンジン搭載という意味では同じフィールドの86を始め、フェアレディZや姉妹車のBMW Z4など、同門から国産輸入のライバルまで、計5台との直接対決を自動車ジャーナリストの斎藤聡氏が判定する。

文:斎藤聡
写真:編集部
ベストカー 2019年8月10日号


競合車比較…の前に新型スープラの魅力は?

新型スープラは全部で3グレードをラインナップ。直6エンジン(340ps/51.0kgm)搭載グレード「RZ」を頂点に、「SZ-R」、「SZ」の両グレードは出力特性の異なる2L直4ターボを搭載

 最大の魅力はハイパワーFRであるということ。前後重量バランスがよく、ホイールベース、トレッド、重心高がよく考えられ、クルマの素性が素晴らしくよくできている。

【画像ギャラリー】新型スープラの外観&内装をチェック!

 チューニングの要となっているのは、電子制御デフのセッティング。市販モデルは(プロトタイプに比べ)グッとマイルドになっていて、低速域では軽快に、高速域では落ち着きのある味付け。

 リアの滑り出しの挙動も比較的穏やかで、限界域のコントロール性を重視した味付けも好ましいところ。

 もうひとつ、エンジンのアクセル操作に対する応答の精度感が高く、特にRZは滑らかに回る直6のフィーリングと相まって格別の存在感がある。

トヨタ&レクサス同門対決でスープラは優勢?

■レクサス RC350 VS スープラ(RZ)

レクサス RC350 Fスポーツ/全長4700×全幅1840×全高1395mm、車重:1700kg、エンジン:V6 DOHC 3456cc、最高出力/最大トルク:318ps/
38.7kgm

 ちょっと大げさに言うと、共通点がハイパワーFRというだけで、別種類のクルマ。……というくらいの違いがある。

 RCもよくできたFRだと思うが、スープラはより躍動的というか、ドライバーとの距離感が近い。走る・曲がる・止まるという運転操作の一体感が強く感じられる。

 その意味でスポーツカーとしてより深いところまで足を踏み入れて作られているように思う。

 RCは乗用車をスポーツカー風に仕立てた感じ。RCがダメなのではなくスープラが別格によいということ。

■トヨタ 86(GR) VS スープラ(SZ)

86 GR/全長4290×全幅1790×全高1320mm、車重:1240kg、エンジン:水平対向4気筒 DOHC 1998cc、最高出力/最大トルク:207ps/21.6㎏m

 プレミアムな86がいいか、スープラの廉価版がいいかという比較。また、MT対ATという見方もできる。

 冒頭に廉価版のスープラと書いたが、実はアクティブデフのない素の操縦性もスープラはとてもよいのだ。

 86 GRは、サスペンション+タイヤチューンによって、その走り味がぐっと洗練され大人のスポーツカーといった味わい。このクルマをMTを駆使して走る楽しさは格別だ。

 どちらがよいか悩ましいが、32.7kgmのトルクで自由自在な走りを可能にしているスープラSZがいい。

国産の好敵手と比べてスープラの実力は?

■日産 フェアレディZ NISMO VS スープラ(RZ)

フェアレディZ NISMO/全長4330×全幅1870×全高1315mm、車重:1540kg、エンジン:V6 DOHC 3696cc、最高出力/最大トルク:355ps/38.1kgm(6MT)

 シャシーの新しさ、ナチュラルな操縦性、そしてピックアップのいいエンジン。どれをとってもスープラRZのほうが上。

 Zが勝っているのは355psのパワーのみ。最大トルクもZ NISMOは38.1kgmで、RZの51.0kgmに遠く及ばない。データはほぼすべてスープラRZが優れていることを示している。

 けれども、Z NISMOはチューンドエンジンの鋭さ、足回りを引き締め、ボディ回りを補強することで作り出された独特の熱があり、それが捨てがたい魅力。MT指定でZ NISMOがいい。

輸入車のライバルにスープラは勝っている?

■BMW Z4(2L)VS スープラ(SZ)

BMW Z4 sDrive 20i/全長4335×全幅1865×全高1305mm、車重:1490kg、エンジン:直4 DOHC 1998cc+ターボ、最高出力/最大トルク:197ps/32.6kgm

 オープンボディか、クローズドボディかの対決。乗り味は実はかなり似ている。

 オープンボディのBMW Z4は、素晴らしく優秀な空力特性のため、オープンエアでの快適性はちょっと驚くくらいにいい。

 一方、スープラのSZは、チューニングのベースモデルという側面も持っており、自分で手を入れてクルマを作る楽しさが残されている。

 車にあまり手を入れず「素」で楽しむならZ4。手を入れるつもりならスープラSZ。個人的には手を入れて自分好みにチューニングする楽しみを取ってSZに軍配を上げたい。

■ポルシェ ケイマン VS スープラ(S-ZR)

ケイマン/全長4385×全幅1800×全高1295mm、車重:1390kg、エンジン:水平対向4気筒ターボ 1998cc、最高出力/最大トルク:300ps/38.7kgm(PDK)

 シートに座りステアリングを握った時、ステアリングを通して4つのタイヤに神経が一瞬にしてつながる感覚はポルシェならでは。電動パワステになって薄れたとはいえ依然、その感覚は残されている。

 2L水平対向4気筒ターボエンジンになって、(先代が搭載していた)水平対向6気筒の質感はなくなってしまったものの、一体感のある操縦感覚、車とのやり取りのなかで感じる車との強い結びつき、といった感覚は、やはりケイマンに一日の長がある。

 ポルシェは熟成。スープラはいま生まれ立ったところ。その差だ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ