ミニバンが低床になって得することとエンジニアの工夫


 近年のミニバンは、アルファードやヴェルファイア、そして7月に登場した改良型セレナなど、迫力あるフェイスに、ボリュームあるボディスタイルがトレンドとなっています。が、ひと昔前のミニバンでは「低床化」というキーワードが流行していました。

 なぜミニバンを低床化する必要があったのでしょうか。そこにはどうしても低くしたい、という、クルマを作る側の事情があったのです。元自動車開発エンジニアの筆者がご紹介します。
文:吉川賢一 写真;ホンダ、ベストカー編集部


■一番の目的は「走行安定性と居住性の両立」

 風が強い日に、背の高いミニバンで高速道路などを走行すると、風にあおられて恐怖を感じることがあるかと思います。背が高くなると、横から風が当たる面積が広くなるため、横風の影響を受けやすくなります。クルマを作る側としては、できるだけ、横から見た時の面積を小さくし、横風といった外乱に対する安定性を高めたいのです。

ミニバンは側方面積が大きいため、横風の影響が大きい。そのため車高を低くすればするほど走行安定性が向上する効果が大きいのだが…

 また、クルマを前から見たときの「前面投影面積」の大きさは燃費に影響します。クルマが前に進むときに風を受ける面積「前面投影面積」を小さくする程に空気抵抗は小さくなり、燃費が改善する傾向になります。僅か数%でも前面投影面積を小さくできれば、燃費改善には効果的なのです。

 このように、ミニバンに限らず、クルマは「走行安定性」だけを考えたとき、背を低くしたくなりますが、それではミニバンに求められる「居住性」が犠牲になってしまいます。そこで、「安全性」と「居住性」の両立解として「低床化」が進められたのです。

■どうやって実現しているのか?

 通常、車の床下には、燃料タンクやサスペンション、マフラーやサイレンサーなどの大物部品が配置されています。これらの部品は、単純に小さくすることはできない部品ばかりのため、各メーカーはそれぞれの工夫を凝らしています。

 ホンダは「低床ミニバン」というコンセプトのもと、オデッセイを筆頭に、ミニバンの背を下げた分、床を下げるレイアウトを推し進めました。燃料タンクを、スキマを有効活用できる形に成型できる樹脂製にし、排気管などの位置をずらしてスペースを確保する、などのパッケージワザで、オデッセイの室内高は1,300mmを確保しています。また、トヨタは燃料タンクをフロントシートの下に置く設計に変え、燃料の容量を変えず、低床化を実現しています。

写真はホンダ・フリード。センタータンクレイアウトを採用して低床化と室内の居住性を確保した

次ページは : ■その他のメリット(1)乗り降りがしやすい

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ