BMW、トヨタなどの顔デザイン、どう? クルマのファミリーフェイス大研究!!


 クルマのフロントフェイスで最近話題になるのが「ファミリーフェイス」というキーワード。

 ファミリーフェイスとは、兄弟の顔つきが似ているように、クルマも似たような顔つきにして統一感を持たせること。

 日本でわかりやすいものといえば、レクサスのスピンドル(紡錘)グリルだろう。好き嫌いはあるものの、あれを見れば一発でレクサス車とわかる。つまりアイコンとしては大成功しているわけだ。

 実はこのフロントフェイスの統一は1930年代の昔から行われていて、ロールスロイスのパルテノングリル、BMWのキドニーグリルなどなど、世界の自動車メーカーに見られたものだ。

 なんでそんなことするのかといえば、それはブランドを確立したいから。

 国内メーカーもここへきて商品を売るにはブランド力が必要ということに考えがシフトして、ファミリーフェイスを重要視するようになっているわけだ。

 本企画では現在自動車メーカーの代表的なファミリーフェイスを紹介しているが、どれもメーカーの個性を際だたせるのに一役買っていることが見て取れる。

※本稿は2019年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■BMW│キドニーグリル

●1935年│315ロードスター

●1956年│503クーペ

●1958年│502

●X7

 キドニーとは英語で「腎臓」のこと。ふたつに並んだフロントグリルが腎臓のように見えるので、キドニーグリルと呼ばれている。1930年代から使われているBMW伝統の紋章だ。

■三菱│ダイナミックシールド

●デリカD:5

●eKクロス

 エクリプスクロスのダイナミックシールドとはひと味違う新ダイナミックシールドがデリカD:5から採用されている。こちらは縦長のヘッドライトになっている。

次ページは : ■ジープ│セブンスロットグリル