【災害時には車で給電できる!】車で家電を充電する時の注意点とは


エンジン車でも工夫次第で電力供給は可能

一般的なガソリン車は、シガーソケットから電気を取り出せるが、その電気はDC12V(直流)。一般家庭用コンセントの電気はAC100V(交流)なので、そのままでは使えない。そこで登場するのが、DCからACへと電気を変換してくれるインバーター。 クルマで白物家電をバッチリ使いたいなら1500W以上の正弦波のインバーターを購入したほうがいい

 さらにハイブリッドではない普通のエンジン車でも、交流100Vを給電できるクルマもある。トヨタのプロボックスやハイエースにはコンセントが設定(ハイエースバンはオプション装備)されている。

 これは12Vの直流電流を、交流100Vに変換できるインバーターを内蔵しているからだが、その出力は100Wと、本格的な家電製品が使えるものではない。

 移動中にノートPCや携帯電話、業務用の電子機器などを充電するためのものとして用意されているのだろう。

インバーターを購入する際の注意点

ACアクササリーやインバーターの定格出力が1500Wあれば、消費電力は1240W、マイコン制御の炊飯器も問題なく動く
まったく問題なく美味しいご飯が炊けた

 インバーターを内蔵していないクルマでもシガーソケットにインバーターを接続して交流100Vを出力することはできるが、シガーソケットの出力も10~15A程度なので170Wくらいが給電の限度だ。

 それ以上の電力を使いたいなら、バッテリーと大型のインバーターを直接接続してやれば、1500W程度までなら問題なく供給できる。

 インバーターを購入する場合、実はここには大きな落とし穴がある。それはインバーターで変換される電気の「波形」。

 インバーターで変換する電気の波形には、一般家庭用の電気と同じキレイな波形の正弦波(せいげんは)と、ブロック状の直線的な波形、矩形波(くけいは)の2種類がある。

 近年の電化製品はマイコンで高度に制御されたものが多くなっていて、正弦波で使用するもの。矩形波では定格出力が足りていても動かないということになってしまう。1500W以上で波形が正弦波のインバーターをオススメしたい。

 価格は2万円くらいから上を見れば10万円超えと、矩形波のインバーターよりも高くなってしまうが、備えておけば万が一の時でも安心できる。

 インバーターの選び方についての詳細は以下の別記事にあるので見てほしい。

【車で家電を使うなら…】意外と難しいカーインバーターの選び方2019最新版

 ちなみに標準装備している、電池から電気を取り出すことができるコンセントが備わっているこのコンセントは、定格出力1500Wという高出力で、波形は一般家庭用と同じく正弦波。

 しかし、大電流が必要な時には、走行時のように2000~3000rpm程度までエンジン回転を上昇させる必要があるため、クルマから離れられないのが難点だ。

 こうした電源はキャンピングカーでは常識の装備だが、例えば愛車がセダンでもいざという時のために接続できるよう準備しておくと安心だ。

次ページは : ガス欠に注意!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ